家霊 (280円文庫)

  • 99人登録
  • 3.95評価
    • (12)
    • (19)
    • (9)
    • (1)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 岡本かの子
  • 角川春樹事務所 (2011年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758435437

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

家霊 (280円文庫)の感想・レビュー・書評

  • お母さんがにぎった寿司を子が食べる場面はスローモーションのように細部が頭に焼きついた。お母さんが子に見せた手の赤さを思い出すと、懐かしい気持ちがたまらずこみあげてくる。この本に収められているどの話もちょっと脚色を変えればお涙頂戴の人情味のある話にすることもできそうなのに、人間の生の姿を描き切っていてすごいなぁと思った。人物の描写がおもしろかった。

  • どの短編も、綺麗な言葉で書かれてました。

  • 短編集。どの短編も、読んでいる、というより、先を先をと、何者かに読まされている感じで、あっという間に最後のページだった。「老妓抄」はヒモの話……とも言えるよなぁ……なんぞと思う。柚木は幸せになれるんだろうか……

  • 日本語が上手い、とはこういうことなのかと思った。
    情緒溢れるのに簡潔で読みやすい。

    「鮨」が特にお勧めです。

  • 人の命や運命などを見つめた短編集。所々綺麗な表現があって素敵。作者が元歌人だからかな。
    死ぬ数年前に書かれたものなのだけど、ものすごい生きることのきらめきに満ちている。物凄いぶっ飛んだ生き方をしたから、ここまで命を見つめられるんだろうなぁ…
    個人的には、「家霊」の料理するシーンが好き。

  • 岡本太郎の母親、岡本かの子の作品集。
    人情や粋を向島の風景から届けてくれる短編集。
    江戸の風味が効いた暖かな作品。

  • 『老妓抄』、『鮨』、『家霊』、『娘』 の4作品収録。

    『家霊』がいちばん好き。
    悲しい、とも切ない、とも少し違う。ぽろっと涙がこぼれた。

  • 短編集は編纂が違うとまた違う味わいがある。
    偏食の子供に目の前で鮨を握ってあげて食のおもしろさを伝えようとする「鮨」。

    偏食の内容もすごいけど、母の鮨を握る手さばきの描写と子供の「すし」という催促が妙に不気味で良い。

  • たしかなかんじ。鮨、大学時代に読んだ記憶が鮮やかによみがえった。印象的な筆致。

  • 老妓抄、鮨、家霊、娘

    老妓抄
    表現が上手。展開・描写が確信をついている。
    柚木は念願だった自分の研究に専念できる環境を得る。しかしそれを得てみると逆にこの生活への熱意を失った。想像していた塩梅では進まない研究、ひとりきりで研究する頼りなさ、手ごたえの無さ、生活に追われることのない張り合いのなさ、そして自分の欲望はもうこれ以上生まれてくる見込みがないことへの寒々とした思い。
    パッション。
    結局老妓の夢を託された青年は駄目になってしまう。
    柚木がオーバーラップする。

    鮨も上手い。

    家霊。この題に惹かれて読んだのだ。凄い直感。そっちの感覚が冴えている。

    三年の間、蝶々のように華やかな職場の上を閃いて飛んだり、男の友達と蟻の挨拶のように触覚を触れ合わせたりした、ただそれだけだった。それは夢のようでもあり、いつまで経っても同じ繰り返しばかりで飽き飽きしても感じられた。
    くめ子は多少諦めのようなものが出来て、今度はあまり嫌がならないで帳場を勤め出した。

    じっと辛抱してお帳場に齧りついていると、どうにか暖簾もかけ続けて行けるし、それとまた妙なもので、誰か、いのちを籠めて慰めてくれるものが出来るんだね。

    宿命に忍従しようとする不安で逞しい勇気と、救いを信ずる寂しく敬虔な気持ちとがその後のくめ子の胸の中を朝夕に縺れ合う。

    なぜこんな話が創れるだろう、岡本かの子。
    たった一人の理解者、それがいれば耐えていける。そう感じるときもある。
    そうは思えないときもある。得がたいひとり。

  • お寿司の話がすごく印象に残った。
    何も食べられない潔癖性の男の子が母親が握るお寿司を食べて、ご飯が食べられるようになる、というお話だった。お寿司の描写が上手くて、美味しいお寿司が食べたくなった(笑)

  • 老妓抄がとても印象に残った。
    10年ごととかに繰り返して読みたい感じ。
    そして、その度に思う事が違うんだろうなあと想像する。

    どうにもこうにも生きているひとたちの本。

  • あの岡本太郎のお母様の著書。
    すごい個性的で、今でも新しい。
    そして不思議なお話。

  • 「家霊」がよかった。ごはんがおいしくなりそう。

  • 夜な夜などじょう汁をせがみにやってくる不遇の老彫金師の先代女将の秘められた情念を描いた表題作「家霊」、自らの手で財を築き、齢を重ねてなお生命力に溢れる老妓が、出入りの電気器具屋の青年に目をかけ、好きな発明を続けさせようとする「老妓抄」、鮨を食べることで母との思い出に浸る鮨屋の常連・湊の一時の交流を通して人の世の姿を描き出す「鮨」など、人間の生命力と業があぶり出される名短篇四篇を収録。

  • 「鮨」みんなにおすすめ。岡本かの子さんの母としての愛が詰まっていると感じた。

  • 「老妓抄」
    自立した生き方にあこがれる老婆と、その期待を受ける若い男のやりとり

    「鮨」「家霊」
    エディプスコンプレックスに未練を残したまま老人になってしまった男の純情について

    「娘」
    腹違いの幼い弟を使って、全能感にひたろうとする巨女
    後半がなんとなくエロい

全17件中 1 - 17件を表示

家霊 (280円文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

家霊 (280円文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

家霊 (280円文庫)はこんな本です

家霊 (280円文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

家霊 (280円文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

家霊 (280円文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする