針いっぽん―鎌倉河岸捕物控〈19の巻〉 (時代小説文庫)

  • 211人登録
  • 3.55評価
    • (9)
    • (23)
    • (30)
    • (3)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 佐伯泰英
  • 角川春樹事務所 (2011年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758436113

針いっぽん―鎌倉河岸捕物控〈19の巻〉 (時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    宗五郎たちが湯治旅からもどり、鎌倉河岸がいつもの賑わいを取り戻した夜、政次らは、御堀端で神田橋御門から出てきた二艘の不浄船を目撃する。その翌日、政次の通う道場に加納傳兵衛と名乗る者が現れ、政次を相手に殺気を伴う立合いを見せるのだった。やがて、加納が御鈴廊下目付であることが判明し、大奥女中に奉公に出ていた古町町人の娘・お初が、城中で成敗されていたことが金座裏に知らされる。お初の無念の死を知った政次らは、禁断の探索に乗り出すが―。シリーズ十周年の記念すべき時代長篇。

    3月2日~5日

  • 大奥、怖い。

  • 大奥に関連した事件の話。
    珍しく、長編的に事件からあまり離れない話でした。それでも、最後にちょっとしたエピソードは入ってきちゃうんですけどね。(^^;
    さすがに、大奥に関わるとさすがの金座裏も慎重にならざるを得ませんか。
    ちょっとシリアス度が高かったかな。

  • シリーズ10周年

  • 定番。安心感。

  • 今回の事件は大奥で起きる。
    場所が場所だけに、憶測で動くことも多く、いつものような躍動感があまりなかったのが残念。

  • 20120501 このシリーズは若手が主体なのでできたらじっくりとまとめてもらいたい。そろそろ絞って良い頃ではないだろうか。

  • 第十九巻
    今度は大奥仕置き人との闘い
    理不尽な敵で手が出せない相手?
    先に相手が仕掛けてきて、万々歳!
    付け足しのような両替詐欺集団も
    次作では子供が生まれているのだろうか?
    しかも双子で?

  • いつものとおり5章仕立てで構成されているが、メインの事件は4章までに解決。5章はなんとなくとってつけた感が強い。最近の佐伯泰英の作品はこのパターンが多い。キャラクターで読ませる領域に入っているので、事件そのものがどうこう言っても仕方ないがなんとなくすわりが悪い。メインの事件を最後に解決してすっきり終わってほしいものだ。とはいっても、いつもの面々に会う楽しさは十分に味わえる。

  • 税込720円だったのにガッカリ~箱根・熱海の湯治を終えて金座裏に帰ってきて土産話に華が咲くが,亮吉は活躍の場もなく面白くなく,堀端で石を投げていてお城から出てきた不浄舟にぶつけてしまった。役人に睨まれ,もう一艘の不浄舟を見た翌朝,若親分・政次が神谷道場で汗を流していて勝負を挑んできたのは御鈴廊下奉行の加納傳兵衛だった。北町奉行所から呼び出しを受けると,大奥に上がったお初が成敗されて遺体で帰ってきた理由を数寄屋町名主の星野家から探索して欲しいとの依頼だった。遺体は心臓を太い針で一突きされていた。大奥の様子を聞きに元の奉公先の松坂屋に出向いた政次は大奥きっての針子から宿下がりした登季の隠居宅を手代のなりで訪ね,謎解きの鍵を得たが確信は得られない。近習に上がりたい大身旗本が我が娘を将軍の側室にあげたいばかりに邪魔者扱いされたのだ。見張りを続けると侍と荒くれが5人の襲撃を政次は叩きのめし,廻船問屋の蔵に放り込んで,金座裏に大奥の元針子を移して,蔵に戻ると何者かによって殺害されていた。死因は初と同じ,困った事態を同心に告げるため政次が立ち去り,宋五郎と亮吉は隣の蔵から蝙蝠と一緒に飛び出した影が鋼鉄の針を投げてきたが,片袖をももぎり取り証拠を掴んだ。芦原で釣り人から不浄舟で立ち去る女忍を目撃談を得て,龍閑橋での待ち伏せは成功し,女忍を捕らえ,観念した加納も政次が一石橋で打ちのめす~帰りの飛行機で読む本がなくなって,空港の売店で買ったのに力が抜けていて残念。もう十分稼いだなら,少しずつ整理に入らないといけない。駕籠屋の恋が・・・詐欺だったという話が側になっているのが余計

全19件中 1 - 10件を表示

佐伯泰英の作品

針いっぽん―鎌倉河岸捕物控〈19の巻〉 (時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

針いっぽん―鎌倉河岸捕物控〈19の巻〉 (時代小説文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

針いっぽん―鎌倉河岸捕物控〈19の巻〉 (時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

針いっぽん―鎌倉河岸捕物控〈19の巻〉 (時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

針いっぽん―鎌倉河岸捕物控〈19の巻〉 (時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする