地獄変 (ハルキ文庫 あ 19-2 280円文庫)

  • 113人登録
  • 3.79評価
    • (8)
    • (11)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 芥川龍之介
  • 角川春樹事務所 (2012年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758436496

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
谷崎 潤一郎
米澤 穂信
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

地獄変 (ハルキ文庫 あ 19-2 280円文庫)の感想・レビュー・書評

  • おそろしい話です。

    見たものしか描けないという絵師に、とんでもないものを見せる大殿。

    人の命など、なんでもない時代であたっとしてもムゴすぎる。

    これが地獄なのだ。

  • 誰も幸せにならない。

  • 「地獄変/芥川龍之介」地獄を描くために地獄を味わい、描き終わった後はその地獄に耐えきれず死んだ男の話。最愛の娘が馬車と共に燃える様を目に、絶望から、ああこれで描けると掴み恍惚と貴く変化していく顔。人のままじゃ無理だわ

  • 如果,高村光太郎也Gauguin会描画「地狱事变屏风画」,怎么样?。从法国人看的日本人的印象表现也好!
    舞踏会:「こんな美しい日本の令嬢も、やはり紙と竹の家の中に、人形のごとく住んでいるのだろうか?そうして、細い金属の箸で、青い花の描いてある手のひらほどの茶碗から、米粒を挟んで食べているのだろうか?」そして、フランス人は花火を生になぞらえていたのか。。。

  • 薮の中:最後の一文
    「同時におれの口の中には、もう一度血潮が溢れて来る。おれはそれぎり永久に、中有の闇へ沈んでしまった。………………………」

  • 結構忘れてるものだな。

  • 初芥川龍之介。

    280円文庫、
    安いし、何より読みやすい、
    近代文学初心者でも入りやすい短編集が多い。

    というわけで、
    芥川龍之介『地獄変』


    基本的にダーク。
    が、その中に道徳がある。
    だから読み終わった後にただ暗い気持ちになるわけでなく、どこか納得して終われる。

    言葉も丁寧で、詩的なときも多く、さすが巨匠。

    分からない言葉も多かったけど、(訳注もあるし、)すごく読みやすかった。

    他の作品も読んでみようと思う。

全8件中 1 - 8件を表示

地獄変 (ハルキ文庫 あ 19-2 280円文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

地獄変 (ハルキ文庫 あ 19-2 280円文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

地獄変 (ハルキ文庫 あ 19-2 280円文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

地獄変 (ハルキ文庫 あ 19-2 280円文庫)はこんな本です

ツイートする