虎が雨―立場茶屋おりき (ハルキ文庫 い 6-18 時代小説文庫)

  • 65人登録
  • 3.57評価
    • (3)
    • (12)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 今井絵美子
  • 角川春樹事務所 (2012年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758436649

虎が雨―立場茶屋おりき (ハルキ文庫 い 6-18 時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 巳之吉さんのおりきさんを見つめる熱いまなざしが容易に想像できるほど巳之吉さんの想いがひたむきで胸が熱くなる。
    なかなか進まない二人の仲がじれったい!

    「虎が雨」なんて言葉初めて知った。
    ほんと日本語の季節を表す言葉、表現が豊かで美しいなぁと思う。

  • 立場茶屋おりき
    従業員は家族・・・世話しつづける
    おりきってエライ

  • 立場茶屋おりきシリーズ第11弾。死の影など辛い出来事が連なる巻となった。その割には陰鬱な雰囲気が無いのは、ごちゃごちゃとした中で意外と淡泊な感じがするからだろうか。相変わらず言葉の使い方に興を削がれることも度々だが、ここまで来るとベテランだし分っててやっているのだろうと思えるほど。だんだん立場茶屋ではなく高級料亭と仕出し、孤児院の話みたいに成ってきたのがどうなんだろう?エピソード的には良いものがあるが、ある意味余計とも思えることに熱心であまり深く丁寧に語らないので勿体ないと思うこと多し。

  • シリーズ11

  • 3月15日~19日

    四月八日の灌仏会(かんぶつえ)。品川宿にある立場茶屋おりきでは、子どもたちが賑(にぎ)やかに書を認(したた)めていた。そんな折、「榛名のご亭主が息を引き取った」という知らせが、女将のおりきに届いた。おりきは参勤交代の津山藩を迎えると、素庵の診療所へと急いだ。仲間は死んだ後も我が仲間と考えるおりきは、墓の手配まで自らが動くのだった……。立場茶屋おりきは、沢山の笑いと涙を湛えつつ、明日への希望を照らしつづける―。大好評シリーズ第十一弾。

  • あすなろ園を手伝うことになった榛名、昔働いていたおふで、女に刺された与之助、白血病のこずえと源次郎。

  • 第十一弾
    読み忘れをしていた
    内容・構成に大差はないが、どうも悲しい内容が多い
    人を個人的に助けるには当然限度があるし、
    やはり、悲しさばかりが想いに残る!

  • この作家さんの作品は読んだことがなかった。

    文庫書き下ろしのシリーズ11作目だそうだが、登場人物が
    多く、人間関係が複雑なため、シリーズをずっと読んできた人
    には楽しめるのだろうな、と思う箇所がけっこうあった。

    基本的に、料理自慢の旅籠とはいえ、奉公人にかなりいい物
    を食べさせていたりすることもあって、江戸時代の設定だとは
    思えない。

  • おりきさんがあまりにもいい人すぎて★三つ。シリーズ最初の頃はこんなに無情にバタバタ人が死んでしまっていいの?と心配になったが、最近はかなり甘い作品に....。

全9件中 1 - 9件を表示

今井絵美子の作品

虎が雨―立場茶屋おりき (ハルキ文庫 い 6-18 時代小説文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

虎が雨―立場茶屋おりき (ハルキ文庫 い 6-18 時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

虎が雨―立場茶屋おりき (ハルキ文庫 い 6-18 時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

虎が雨―立場茶屋おりき (ハルキ文庫 い 6-18 時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする