史記 武帝紀 1 (時代小説文庫)

  • 362人登録
  • 3.93評価
    • (27)
    • (55)
    • (29)
    • (3)
    • (0)
  • 33レビュー
著者 : 北方謙三
  • 角川春樹事務所 (2013年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758437264

史記 武帝紀 1 (時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 以前読んだ『三国志』の、勇猛で人間離れした登場人物とは違い、落ち着いた静かな人物たちの物語だと感じた。
    そこまでの乱世ではないからなのか、帝の話だからなのか、どちらかというとしんみりした印象だった。

    最近学校で奥の細道を読んだのだが、そこに李稜と蘇求が出てきた。
    司馬遷と同時期の人のようなので、興味を持っている。

  • 衛青の武人としての誇りと誠実さとは何か、張騫の厳しい旅と命とは何か、蘇武の冬との戦いと生きるとは何か。武帝よりも周囲の人々の輝きが切なく鮮やかである。

  • 大水滸シリーズや、三国志を読ませて頂き、北方さんの中国モノの面白さは認識しておりますので、この「史記 武帝紀」もいやが上にも期待が高くなります。

    物語は漢サイド、匈奴サイド、西方サイドと並行して書かれていて、スケールの大きさを感じます。
    そして、やはりお得意の戦のシーンは、それはもう生き生きと描かれていて、圧巻です。
    今後の展開を期待しつつ、次巻へ。

  • 北方さんは『三国志』『水滸伝』『楊令伝』ととんでもなくハマったので、
    この『史記』も絶対に全巻揃えてからと決めていました(笑)

    馴染みのない時代にもかかわらず、スッとこの時代に入り込めるのは、
    やはり一切の無駄をそぎ落とした北方さんの筆力のおかげか。

    奴僕同然に育った衛青が、匈奴との戦いでメキメキと頭角を現していく様に興奮!
    常に沈着冷静、全体のためにはバッサリと少人数を切り捨てる英断も流石です。

    同時進行で進められる張騫の大月氏国への過酷な旅の描写も凄まじい。
    さて、青年皇帝・劉徹のこれからの治世は?
    続きが楽しみ。

  • 2016/01/30【古】108円

  • 次2巻。

    てか解説が鶴間和幸とか、すげーな。

  • 本当は水滸伝を読みたかったけれど一巻がなかったので、こちらを購入。
    初の北方謙三シリーズ。歴史小説が好きな私にとってはどんぴしゃだった。
    思ったより文も難しくない。歴史は全く知識がないけれど、とても楽しむことができた。
    衛青はこのまま勝ち続けることはできるのか?とても先が気になります。

  • 面白いから、と勧められ。三国志くらいしか歴史小説読まないもんだから、とっつきにくく、でも少しずつ面白くなってきたところで一巻終了。
    自分が進むべき、信じる道をどこまで突き詰めていけるのか。

  • 史記の中で、武帝を取り上げている歴史小説。漢軍・衛青と匈奴の戦、武帝の命で西域に旅した者たちはどうなっていくのか。存亡をかけた群像劇にワクワクする。

  • 全七巻読んだら譲る。

全33件中 1 - 10件を表示

北方謙三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

史記 武帝紀 1 (時代小説文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

史記 武帝紀 1 (時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

史記 武帝紀 1 (時代小説文庫)の作品紹介

匈奴の侵攻に脅かされた前漢の時代。武帝劉徹の寵愛を受ける衛子夫の弟・衛青は、大長公主(先帝の姉)の嫉妬により、屋敷に拉致され、拷問を受けていた。脱出の機会を窺っていた衛青は、仲間の助けを得て、巧みな作戦で八十人の兵をかわし、その場を切り抜けるのだった。後日、屋敷からの脱出を帝に認められた衛青は、軍人として生きる道を与えられる。奴僕として生きてきた男に訪れた千載一遇の機会。匈奴との熾烈な戦いを宿命づけられた男は、時代に新たな風を起こす。北方版『史記』、待望の文庫化。

ツイートする