史記 武帝紀 1 (時代小説文庫)

  • 360人登録
  • 3.93評価
    • (27)
    • (55)
    • (29)
    • (3)
    • (0)
  • 33レビュー
著者 : 北方謙三
  • 角川春樹事務所 (2013年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758437264

史記 武帝紀 1 (時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

  • 以前読んだ『三国志』の、勇猛で人間離れした登場人物とは違い、落ち着いた静かな人物たちの物語だと感じた。
    そこまでの乱世ではないからなのか、帝の話だからなのか、どちらかというとしんみりした印象だった。

    最近学校で奥の細道を読んだのだが、そこに李稜と蘇求が出てきた。
    司馬遷と同時期の人のようなので、興味を持っている。

  • 衛青の武人としての誇りと誠実さとは何か、張騫の厳しい旅と命とは何か、蘇武の冬との戦いと生きるとは何か。武帝よりも周囲の人々の輝きが切なく鮮やかである。

  • 大水滸シリーズや、三国志を読ませて頂き、北方さんの中国モノの面白さは認識しておりますので、この「史記 武帝紀」もいやが上にも期待が高くなります。

    物語は漢サイド、匈奴サイド、西方サイドと並行して書かれていて、スケールの大きさを感じます。
    そして、やはりお得意の戦のシーンは、それはもう生き生きと描かれていて、圧巻です。
    今後の展開を期待しつつ、次巻へ。

  • 北方さんは『三国志』『水滸伝』『楊令伝』ととんでもなくハマったので、
    この『史記』も絶対に全巻揃えてからと決めていました(笑)

    馴染みのない時代にもかかわらず、スッとこの時代に入り込めるのは、
    やはり一切の無駄をそぎ落とした北方さんの筆力のおかげか。

    奴僕同然に育った衛青が、匈奴との戦いでメキメキと頭角を現していく様に興奮!
    常に沈着冷静、全体のためにはバッサリと少人数を切り捨てる英断も流石です。

    同時進行で進められる張騫の大月氏国への過酷な旅の描写も凄まじい。
    さて、青年皇帝・劉徹のこれからの治世は?
    続きが楽しみ。

  • 2016/01/30【古】108円

  • 次2巻。

    てか解説が鶴間和幸とか、すげーな。

  • 本当は水滸伝を読みたかったけれど一巻がなかったので、こちらを購入。
    初の北方謙三シリーズ。歴史小説が好きな私にとってはどんぴしゃだった。
    思ったより文も難しくない。歴史は全く知識がないけれど、とても楽しむことができた。
    衛青はこのまま勝ち続けることはできるのか?とても先が気になります。

  • 面白いから、と勧められ。三国志くらいしか歴史小説読まないもんだから、とっつきにくく、でも少しずつ面白くなってきたところで一巻終了。
    自分が進むべき、信じる道をどこまで突き詰めていけるのか。

  • 史記の中で、武帝を取り上げている歴史小説。漢軍・衛青と匈奴の戦、武帝の命で西域に旅した者たちはどうなっていくのか。存亡をかけた群像劇にワクワクする。

  • 全七巻読んだら譲る。

  • 久々の北方ワールド。三國志水滸伝シリーズみたいな男のロマンがいい!
    闘いは始まったばかり、二巻楽しみ♪

  • 全7巻。
    北方版史記。

    久しぶりに北方版古代中国。
    名前は聞いた事ある史記。
    本物はどうなのか分からないけど
    北方版は漢の武帝の生涯の物語。

    三国志・水滸伝のような
    血湧き肉躍る、豪傑達の物語ではなく、
    割と淡々と、しみじみ「生」を見た作品って印象。
    当然、北方版なので、
    漢達の物語なんだけど、
    前2作に比べると少し大人しい。
    というか、大人な感じ。

    スリリングで迫力ある前半と、
    中盤以降、徐々に強くなる死の臭い。
    真ん中に居るのが戦人でなく帝だから
    死に対する想いが身近に感じたのかも。
    戦で死ぬ訳じゃないから。

    水滸伝より読み返す機会が多そう。
    年取ってきたんだろうなあ。
    きっと。
    自分。

    文庫版の最終巻のあとがきは
    人選が違うと思った。

  • 水滸伝、三国志、楊令伝に続き北方ワールドを堪能させて貰ってます。

    衛青?劉徹?一体どちらが主人公かはわからないけど、男くさいストーリーが展開される予感です。
    2巻が楽しみ^_^

  • 人生熱く生きたい漢にオススメ

    水滸伝、三国志とはまた違った漢達が登場する。
    心熱くなる北方謙三シリーズ

  • 連休ということもあり、久々に長編小説を読み始めました。
    北方謙三の『史記』。
    前漢の時代。一介の衛兵だった衛青。姉が帝の寵愛を受け、それに嫉妬した先帝の姉の策略により拷問を受けるも、仲間の助けを受け、数名で80名の兵を交わし、切り抜ける。
    その脱出を帝に認められ、帝のために匈奴討伐に邁進することになる。

    壮大な話が広がり、これからがとても楽しみな一冊でした。

  • 北方謙三の描く長篇歴史小説・史記第一巻。

    ***

    時代は前漢。題に武帝紀とあるように、武帝を中心に話が始まるかと思えば、武帝の皇后・衛子夫の弟の衛青が今巻では華々しい活躍を遂げています。
    衛青だけではなく、若かりし頃の武帝はもちろん、武帝を取り巻く面々も細かく、そしてもれなく魅力的に描かれていて、どの人物からも目が離せません。

    個人的には西国へ向かったメンバーの今後が気になるところですが、やはりこの物語の中心にいるのは武帝なのでしょう。
    簡潔な文章と台詞の中に、匈奴に対して従来の「守りの戦」から「攻めの戦」へと戦い方を変えようとする武帝の、強い意志が感じられます。

    これから様々な出来事が登場人物達を襲うのでしょうが、それらを誰がどのようにして乗り越え、あるいは避けきれずに倒れていくのか気になるところです。

  • 時代小説は好きなんだけどほとんど読まない。なんでだろうなあ。好きなのに。
    てことで、結構久しぶりに手にした本格的な時代小説。著者は、昔テレビで実物を見たことがあって、「なんだかあやしいおじさん」という印象を抱いたことをよく覚えている。
    本業の小説よりも、テレビで自分のキャラを売ることを得意としている人、というイメージを、勝手に持っていたんだよね。

    イメージは完全に間違い。いやはや、もう頭を垂れるしかない。めちゃくちゃ文章がうまい。簡潔でシャープで、スピード感あふれる文体。すげえ。

    そしてめちゃくちゃ小説もうまい。特にキャラクターの設定。登場人物の誰もが、見事に魅力的な個性を持っている。誰が主役になっても、ちゃんとしたストーリーを紡いでいけそうなほどに。

    続きが楽しみな小説。ずっと追いかけていこう。

  • 面白い。夢中になってあっという間に読了。

  • 雪が、肩に降り積もっている。
    大地も、白い布をまとったように見えた。
    肩の雪は、振り払えない。後ろ手で、縄を打たれているからだ。

    「いまでしょ」の林先生が「名作を見分ける」方法として勧めていたのが作品冒頭の一頁その一行目を見るということだった。よって、この大長編の冒頭三行を抜き出してみた。

    北方版「史記(司馬遷)」と言いながら、この作品第一巻には司馬遷はおろか父親の司馬談も出ては来ない。武帝は即位間もない頃の劉徹として現れ、次第と力を蓄える28歳頃までが描かれる。初めて匈奴の奥深くまで侵攻した衛青がこの巻の主人公であり、冒頭の描写は衛青が無名の兵士だったときに皇后の母親の気まぐれで捕らえられ殺されそうになったときの描写である。まるで、景色を楽しんでいるかのような衛青の大物感を描き、歴史上有名ではない衛青を先ず中心に据えることで、この物語の壮大さが強調されるだろう。ともかく、私が名前を少しでも聞いたことがあったのは、武帝と、最後の方に出てくる衛青の甥、13歳の霍去病ぐらいのものだった(その後調べたら、衛青も李広も史記の列伝に採用されていた)。

    このあと、約50年の前漢の歴史書が紐解かれるわけだが、北方謙三は何を描こうとしているのか。日本は弥生時代中期の未開地、倭国大乱はまだ始まっていなかった。朝鮮半島では楽浪郡が大きな力を持っていた。遊牧民族匈奴が広大な北を支配し、西域では大月氏、大宛、大夏などの民族が漢帝国との交易を望んでいた。

    その中で描かれるのは衛青たち騎馬軍団の成長、漢(おとこ)の姿、青年武帝の野望だ。今のところ、予想は「北方版 漢(おとこ)列伝」のように思えるのだが、果たしてどうだろう。
    2013年6月18日読了

  • 時代は遡り前漢の武帝の時代。
    何となく、衛青とか、霍去病とか、世界史で聞いたことがあるような。
    騎馬隊の重要性が増した時代という事か。
    さて、今後の展開がどうなるのか。

  • 文庫待ちしていた作品。
    しまった、面白い。
    衛青も武帝も、何が変わっていって、何が変わらないままのか気になる。

    桑弘羊に衛青が乗馬を教える件が微笑ましく。

  • 北方中国古典、今度は史記ですか。
    何か新味があるのか?
    いつもどおりなのか?

  • は や く つ づ き !!

  • 北方謙三、さすがと思わせる作品。
    熱い漢たちの物語に、これからが楽しみ。

  • 武帝。漢。人間くさい王を再現。流石の一気よみ。

全33件中 1 - 25件を表示

史記 武帝紀 1 (時代小説文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

史記 武帝紀 1 (時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

史記 武帝紀 1 (時代小説文庫)の作品紹介

匈奴の侵攻に脅かされた前漢の時代。武帝劉徹の寵愛を受ける衛子夫の弟・衛青は、大長公主(先帝の姉)の嫉妬により、屋敷に拉致され、拷問を受けていた。脱出の機会を窺っていた衛青は、仲間の助けを得て、巧みな作戦で八十人の兵をかわし、その場を切り抜けるのだった。後日、屋敷からの脱出を帝に認められた衛青は、軍人として生きる道を与えられる。奴僕として生きてきた男に訪れた千載一遇の機会。匈奴との熾烈な戦いを宿命づけられた男は、時代に新たな風を起こす。北方版『史記』、待望の文庫化。

ツイートする