紙の月 (ハルキ文庫)

  • 3352人登録
  • 3.61評価
    • (174)
    • (483)
    • (431)
    • (78)
    • (14)
  • 494レビュー
著者 : 角田光代
  • 角川春樹事務所 (2014年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438452

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

紙の月 (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

  • パート銀行員の梨花。自分と他人の金の区別がどんどん曖昧になっていき孤独と男に振り回され、金に狂っていく。
    嫌みな旦那にひとつも言い返せず、金という名の服で自分を飾りながらもその虚空に気付かない。
    躊躇なくバンバン買い物する描写が怖くて読みながらしんどかった。

  • 色褪せた生活から逃れるため金融機関に勤め始めた女性が起こした事件とその背景に、かつて彼女と関わった人々が抱える日常を差し挿んだ物語です。

    お金がもたらす自由と不自由に囚われる人物たちが登場しますが、全体として精神的に幼い印象を受けました。
    経済的なものとうまく付き合えることが、やはり「大人である」ことの1つなのだと感じました。

    本書のラストについては、個人的に少し消化不良です。
    何もかもを失い、しかしその全てが自分のあり方だと受け入れた中で、何が彼女を立ち止まらせたのか。
    今後の生活を現実的に考えれば妥当な選択かと思いますが、留まっても進んでも全てを失った状況に変わりがない中で、罰を受けながらも進むことで新たな価値をみつけて欲しかったと思うのは、図らずも彼女の彷徨に帯同することとなった読者の偏った見方でしょうか。

  • 何度目かの挑戦でやっと読破。

    あまり感想が無い。
    共感が出来なかったからかなぁ。
    好きな人に会いたい、という気持ちはわかる。
    でもいきすぎだろう

  • 結局は梨花って誰からも愛されてはいなくて、その心の隙間を埋めるかのように…

    行動がエスカレートして行き、壊れていく梨花を見てるのが辛く苦しかった。
    切なさが残る…

  • おお~…もう買い物するのやめます………

  • 第25回 柴田錬三郎賞 受賞作品
    P354
    2016.5. @45

  • 読んでて怖かった〜
    好きな人には自分のかっこいいとこだけ見てほしいとか、試着したらついつい買っちゃうとか共感するところが多いからこそ怖かった。

    お金の力ってすごいけど、お金に取り憑かれたら大事なものを見落とす。人のお金に手をつけたら終わりだと思った。

    お金のある生活には憧れるけど、身の丈に合った生活が1番幸せなんだろな。

  • お金があればなんでも買える。お金を作る費用は数円だが信頼の証として、存在する物。この主人公の女性は決して貧しくなく、物欲が強い訳でもない、むしろ周りから見れば勝ち組の主婦。そんな主婦が何故、横領に手を染めたのか。主人公以外にも異なる弱さを持った人物達が『お金』を持つ事で、自信や尊厳を得ていくが、お金が無くなる事で存在意義を失う悲しい代償。出てくる人物達の悩みが、とにかくリアルで主人公の旦那の男ならではのプライドは、あるある過ぎて少し笑ってしまった。誰もが抱える現実を見事に描いていて、決して他人事ではない作品。

  • 心臓に悪すぎるストーリーだった。思わず自分が銀行で手続きした商品の資料を確認してしまった。事件を遠くで知ることになる昔の友人や恋人の語りは出て来ても、一番近くにいた夫と若い恋人のモノローグが一切無いので、二人の本音が全く分からず、敢えて読み手に想像を委ねる作りが面白かった。

  • 主人公と、かつて交流のあった3人の視点で、梨花について描かれていく。
    どれもほんとうに梨花にあった出来事だろうけれど、それが梨花のすべてかというとそうではない。
    梨花の一部でしかなく、また、一時のことであったりする。
    そうして登場人物の、女性も男性も独身も既婚者も犯罪者もただの同級生たちにも、自分自身を重ねててしまったりするのだ。
    誰かを小さな型に嵌めながら、自分も誰かに嵌められている。
    「本当に、いったいだれが梅澤梨花を知っているというのだろうか。私にだって自分がどんな人間なのか、ちっともわかりはしないというのに。」

  • NHKドラマ版、映画版と両方視聴済みです。原作に近いのはNHKドラマ版かな。映画は別物と考えた方がいいかもと思いました。
    ドラマや映画をみた女友だちの間では、なぜ梨花がちっとも魅力的に見えない光太に、横領して貢ぐほどのめりこんだのか理解できないと言うのが、ほぼ全員に共通する感想でした。
    その答えが原作を読んだらわかったかも。梨花は光太にのめりこんだ訳じゃない。梨花が夢中になったのは、もっと別の感情。
    万能感。
    「満足感というよりは万能感に近かった。いこうと思った場所へどこへでもいくことができる、やろうと思ったことをどのようにでもやることができる。自由というものをはじめて手にしたかのような気分だった。(文庫版154ページ)」
    この万能感に梨花は夢中になる。
    服を買い、化粧品を買い、エステに通い、高級レストランで食事をし、ホテルのスイートルームに泊まり、車を買い、マンションを買い、そこに光太を住まわせる。
    やがて現実と夢が入れ替わる。この夢のような生活の方が現実ではないのか。
    明日戻る場所が、夫や、パートの仕事や、カードの返済の方が悪い夢ではないのか。
    そして梨花は現実にとどまるために横領を繰り返す。

    この「万能感」、ちょっと想像できちゃう自分が怖い。
    想像するだけにしておきましょw
    (元銀行員だったお友だちに聞いたところ「あんな横領、ムリムリ、できる訳ない」と言っておりましたので、たぶん心配ないでしょうw)

  • わかりきった展開で、読んでて心がはれない、同情も納得も感情をゆさぶられることもなく、なにもなかった。みてはないけど映画でみたほうがよかったかも。

  • ツライしコワイ。。。

    読んでて、すごくお金を使った気分(しかもやな気分)になった。

    梨花、牧子、木綿子、睦実…

    最近「買い物依存症」聞かないけど、
    そんなかんじ…??

  • 一億円横領事件。

    犯人は大人しく美しい梨花。

    ただの主婦が大事件を起こした理由は何だったのか?


    人の中の弱い部分とか、
    気がついたらもう戻れなくなってしまうかんじとか、
    そういうのがとても上手くて面白い。

    ああこうやって人は変わっていくのか。

    結末は分かっているのにそわそわする。

    それがいい。

  • 一気読み。
    最後まで梨花を好きにはなれなかったけど、だいたいのあらすじは知っていたのでドキドキものだった。
    映画化ドラマ化されたようで相手役が気になったけど、わたし的にはあまりときめかないなぁ。

  • 2016/03/23読了
    「ただ好きで、ただ会いたいだけだった」
    恋心とさみしさとお金。
    彼の笑顔が見たくて 少しでもそばにいたくて
    パート先の銀行で一億円も横領してしまう。
    この手の話、いつだって男が悪いと思う。
    せつない。そしてとてもこわい。

  • 角田光代ワールド!!八日目の蝉も好きなので、世界観が似ていてよかった。弱くて自信がないが故に、ハマってしまう。お金に、仕事に、男に。不器用で糞真面目で世間知らずの女性が、とんでもない方向に突っ走っていくのは見ていてしんどかった。特に、梨花に依存していた光太の態度が変わっていくあたりからどんどん苦しくなる。幸せになりたいのに、破滅しかない。自分で自分の首を締める。捕まったのはある意味ハッピーエンド。

  • 実際にこんな事ができないようなシステムになっているので、多少無理がある。
    同業者としては、これをしている間の精神状態はかなりひどいことになっていると思う。

    1円合わなくても胃が痛くなると言うのに。

  • お金に翻弄され、自分の人生を狂わせてしまったそれぞれの女性の心理描写が生々しい。
    浪費や節約は程度の差こそあれ、誰しも経験していることで、お金に対する価値観を考えさせられる作品だった。
    【2017.02】

  • 2017.01
    人間の欲求とお金が見せる幻…いつか自分の身にも起こるかもしれない。

  • ただ好きで、ただ会いたいだけだった―。わかば銀行の支店から一億円が横領された。容疑者は、梅澤梨花四十一歳。銀行のパート勤め、若い男・光太との関係。横領がエスカレートする中で、「だれか、私のしていることを見つけて。」と切に願う感情がとてもリアルでした。”ほんとうの梨花”が見つかりますように。
    【第25回柴田錬三郎賞】

  • 梨花の記憶にあるかぎり、光太が、出会ったころと同様に目を輝かせて映画について語ったのは、それが最後だった。
    梨花が光太から受け取ったアムステルダム土産は、瓶入りのマスタードと、赤いセロハンで包まれたチーズだった。

  • 人生の過ごし方について考えさせられる本
    そしてお金はどう足掻いても生きていくうえで必要なものだと思い知らせた

    お金に振り回されたくないと思っていることがすでに振り回されてるってことで。
    お金はなさすぎたら心に余裕がなくなって我慢してストレスが溜まって辛いけど、ありすぎたら上限なく使ってしまってなくなった時に我慢しないといけない。結局どのぐらい上手くお金をやりくりしないといけないかだね。自分がお金で買いたいもの。どうしてもほしいものと自分が使えるお金を天秤にかけて、どっちがいいのか選択して、幸せを掴まないといけないな。

  • お金は怖い。
    梨花は夫あり、子どもなし。
    銀行の契約社員の41歳。
    若い彼に会うために、1億円もの横領に手を染める。
    梨花を知る人たちも、犯罪はおかさずともお金に翻弄されている。
    普通にそこらにいる、普通で真面目な主婦がたった一人の普通の若い男によって狂わされていく…最後はどうにもならなくなって誰かに終わらせて欲しいと…
    なんとなく梨花の気持ちわかるな…

全494件中 1 - 25件を表示

紙の月 (ハルキ文庫)に関連する談話室の質問

紙の月 (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

紙の月 (ハルキ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

紙の月 (ハルキ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

紙の月 (ハルキ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

紙の月 (ハルキ文庫)の作品紹介

ただ好きで、ただ会いたいだけだった―――わかば銀行の支店から一億円が横領された。容疑者は、梅澤梨花四十一歳。二十五歳で結婚し専業主婦になったが、子どもには恵まれず、銀行でパート勤めを始めた。真面目な働きぶりで契約社員になった梨花。そんなある日、顧客の孫である大学生の光太に出会うのだった・・・・・・。あまりにもスリリングで、狂おしいまでに切実な、傑作長篇小説。各紙誌でも大絶賛された、第二十五回柴田錬三郎賞受賞作、待望の文庫化。

紙の月 (ハルキ文庫)の単行本

ツイートする