紙の月 (ハルキ文庫)

  • 3399人登録
  • 3.61評価
    • (177)
    • (487)
    • (437)
    • (80)
    • (14)
  • 503レビュー
著者 : 角田光代
  • 角川春樹事務所 (2014年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438452

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

紙の月 (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 何不自由ない、けれど時に違和感がよぎる夫との生活。
    もし、あの日、あの人に付いて行かなければ、
    もし、あの時、あんな風に手をつけなければ、
    もし、、、
    たくさんの「もし」を越えて、ついに果てしなく遠いところへ流された梨花は…――。

    一度転がり始めたものを止めるのが難しいように、物語はぐんぐん進む。あっという間に読みきったけれど、とても、怖かったです。
    読みながら梨花の万能感を共有してみたり、手に入れたい服や化粧品を次から次に買う光悦感を味わったりもしましたが、最後は体の芯から冷たくなるくらいに怖くなりました。
    もしかすると、大きな事件を起こした梨花と自分を隔てているのはほんの些細な何かで、自分も容易くそちら側にいってしまうかもしれない、なんて思う程、梨花の誤ちは日常と地続きで、たわいもなく染まっていってしまったから。
    梨花だって、きっとこんな事件を起こすと思っていなかった。むしろ、事件の渦中においてすら、そんな風に思っていなかったのだから。

    私たちが社会で生きるにおいて「お金」の力は大きい。お金が湧水のようにあれば、なんだって買える。一方で、お金があったところで何も手に入らない、あるいは残らないということがある。
    それなのに、私たちは簡単にお金に支配されてしまう。
    そのことが、なんだか悔しいような、苦い気持ちになるのです。

    そんな呪縛から逃れるためには、月並みかもしれないけれど、地に足をつけて生きること、が必要なのかもしれないですね。
    装丁も本書の雰囲気にぴったり。さすが角田さんだなと何度か泣きたくなるような気持ちになりながら読み終えました。

  • 「頭の中でいつも蠅が飛び回っているような音がしている」
    このような文章表現がうまいなーと感じさせてくれる。
    女性の横領事件の影に男あり。しかしこの作品に登場する男の子は一度もお金をねだってはいない。ばれそうでばれないようなスリリングな描写は映画にはでてこないので、
    小説を読む価値はあると思う。

  • 自分を知ってもらうために、または自分自身を知るために必要以上なお金をつぎ込んでいった結果、逆に自分を見失ってしまった…

    男性のために横領事件を起こした女性が海外へ逃亡…というストーリー的には聞いたことがある内容だったけど

    その時々の登場人物の心理描写に読み応えがあった

    偶然手に取った本なのに今住んでいる地名がいくつか出てきたのには驚かされた!

  • 巨額の横領など自分には無縁のものだと誰もが思うだろう。本書の主人公・梅澤梨花も恐らくそうだったのだと思う。
    少しだけ、今足りないから借りるだけだ、いつかは返すのだと信じながらも気づけば返せないほどに膨らんでしまったお金。しかもそれが若い愛人のためのお金だったとなれば、このような結末になるのは致し方なかったのかもしれない。
    周辺が語る彼女は聡明で美しく、正義感が強いどこにでもいる女性で、だからこそ読んでいるうちにだんだん自分もタイミングさえ悪ければこのようなことをしでかしてしまうのかもしれないと思わされる。

    お金の力や価値というのはわかりやすくて強いから、特に自己評価が低い人ほどお金で魅力を付けようとする人が多いように感じる。
    しかしそれはやはり本人の魅力ではなく仮初のものなのだ。無理をしている、歪んだ力はだんだん周りとのひずみを生んでいく。
    光太が「ここから出して」と懇願するシーンがとても印象的だった。

  • 心臓に悪すぎるストーリーだった。思わず自分が銀行で手続きした商品の資料を確認してしまった。事件を遠くで知ることになる昔の友人や恋人の語りは出て来ても、一番近くにいた夫と若い恋人のモノローグが一切無いので、二人の本音が全く分からず、敢えて読み手に想像を委ねる作りが面白かった。

  • 主人公と、かつて交流のあった3人の視点で、梨花について描かれていく。
    どれもほんとうに梨花にあった出来事だろうけれど、それが梨花のすべてかというとそうではない。
    梨花の一部でしかなく、また、一時のことであったりする。
    そうして登場人物の、女性も男性も独身も既婚者も犯罪者もただの同級生たちにも、自分自身を重ねててしまったりするのだ。
    誰かを小さな型に嵌めながら、自分も誰かに嵌められている。
    「本当に、いったいだれが梅澤梨花を知っているというのだろうか。私にだって自分がどんな人間なのか、ちっともわかりはしないというのに。」

  • 銀行や保険会社等、大きな金額が動く職場にいる人は
    「お金」の感覚が麻痺するものですか?
    「円」と言う「紙幣」は「日本銀行券」…券。
    紙。
    欲望を刺激する紙。
    その紙には、日本国民全員で作って来た信用が刷り込まれているのです。

    テレビのニュースで、オリンピックや年金や贈収賄や何かで
    大きな金額が表示されますが、何億・何千億なんて金額は
    大き過ぎて実存観がない…一般庶民。ふふ。

    大きなお金の事よりも、日常の配分でいっぱいいっぱいですよー。
    大きなお金を扱う人は(政治家とか?)庶民感覚を忘れずに。

    宮沢りえさんの、映画化の表紙がオマケについていた。
    りえさんは好きだ。ご活躍応援致します。

  • お金があればなんでも買える。お金を作る費用は数円だが信頼の証として、存在する物。この主人公の女性は決して貧しくなく、物欲が強い訳でもない、むしろ周りから見れば勝ち組の主婦。そんな主婦が何故、横領に手を染めたのか。主人公以外にも異なる弱さを持った人物達が『お金』を持つ事で、自信や尊厳を得ていくが、お金が無くなる事で存在意義を失う悲しい代償。出てくる人物達の悩みが、とにかくリアルで主人公の旦那の男ならではのプライドは、あるある過ぎて少し笑ってしまった。誰もが抱える現実を見事に描いていて、決して他人事ではない作品。

  • 誰の人生にも梨花は潜むという怖い話。梨花の一人称なのに彼女の感情を掴みあぐねるモヤモヤした表現が見事。

  • 登場人物誰もが、「本当の自分」をお金で買おうとしているような印象。
    もちろん、そんなことは出来ないのだけど。
    それは、お金じゃ買えないものがあるから、というほの甘い理由ではなく、「本当の自分」なんてよそにはない、常に今の自分=本当の自分だという当たり前でシビアな理由から。
    最後、多分登場人物の一部はそれを受け止められたのだろうと思う。
    そこには光を感じた。

  • 1億円を横領した女性の話で、
    シリアスな話なのに
    どこか夢の中のようなふわふわした空気で語られてるのが
    けっこう好きな感じ。
    この作者さんにしては少し他と雰囲気が違うでしょうか・・・。

    とはいえ薄氷の上を歩いてるように何もかもが危なげで、
    読んでてどきどきします。
    焦りのような恐怖のようなそれは後半に向かうにつれ、
    どんどん増大していき息苦しいほど。

    感覚は麻痺し、夢も現実も善悪の区別も
    ぼんやりとよくわからなくなっていく主人公。

    どこで道を間違えたのか、
    それともどの道を選んでも結局ここへ辿り着くようになっていたのか。
    犯罪を起こすきっかけなんて、
    驚くほど些細な事だったりほんの偶然だったり・・・。
    そこでするりとあっち側へ踏み込んでしまう人と、
    踏みとどまれる人との差はどこにあるのでしょうね。

    最初からなんとなく結果がわかっているような話で、
    馬鹿な女の転落話と言ってしまえばそれまでだけど、
    私は最後までどきどき読めて面白かったです。

  • 面白かったです。主人公と同世代なので、感情移入しました。現実には起こりえないけれど、誰でもこの主人公のようになるかもしれないと思わされました。映画版も是非見てみたいです^^*

  • 前半 同級生から見た過去の梨花と同級生のその時の状況の話が何故必要なんだろうと思っていたのだが 後半読んでるうちに これらは必要なんだと思えた。無ければ ただの思い込みの強いネガティブで自分の事しか要は考えてない女の言い訳の話..で終わってしまった気がする。梨花という人間に厚みを持たせる為には必要だったのだろう。誰にでも 魔が刺す瞬間はあるという部分はリアルに書かれていて怖くなる。が やはり 人としてぎりぎりのところで踏ん張れない梨花は好きになれない。こういう弱い人もいるのよというのはわかるが嫌いだ。

  • 物やお金でも満たされない答えのない欲。
    誰しもがはまってしまうかもしれない世界を描いていると思います。
    結末は、読者の解釈で正反対の答えになるかもしれません。

  • これは、本当におもしろかった!
    どんどんハマっちゃう感覚。
    信じられないような内容なのに、自分もそうなっちゃうかもしれない恐怖感。
    のめりこむってこわい。

  • 映画がめっちゃ好きで読んだんだけど、原作とはなり変えてたんだなぁ。あまり親しくもなかった昔の友人やすこし付き合っただけの元彼たちが梨花のニュースに囚われて影響されていくところが面白い。でも映画が好き。

  • 下手なホラー小説よりよっぽど怖かった。私には梨花の心情は理解できないが、怖いと感じるのは、自分にも何か些細なきっかけで起こり得る可能性があることだからなのだろうか。

  • 宮沢りえさん主演で映画化され、話題になった本。

    銀行で働く主婦が大金を横領するに至った経緯。
    夫と理解しあえない寂しさ、子を持てなかった寂しさ、恋人に嘘をつき続けなければならなかった寂しさ。。

    お金に翻弄される小説を立て続けに読んだせいかもう、、お金怖くなってきた。。

  • 指名手配犯の梨花と、かつての彼女を知る3人の人物。著者は彼らの生き様、家族、お金をリンクさせ、読者を淀んだ渦の中へ引きずり込む。怖いぐらいの筆力だった。
    逃亡生活をする梨花が、どこか満ち足りてみえるのが哀しい。著者が彼女の物語を単なる犯罪小説にしなかったところに、救いがあると思った。
    デパートで“マイケル・ジャクソン買い”する場面を読んだだけでも、ストレス解消になった気がする。自分はつくづく小心者…。

  • 今更今年1冊目。

    映画化はしてるけど、キャストをWikipediaで調べたりしないで読んだ。(池松壮亮はピッタリな気がした!)

    横領なんて、男に貢ぐなんて…と思ってたけど、読み進めば進むほど、これ私やらないって言い切れる?って不安になった。
    きっかけなんてあるようでないんだと思う。誰もが梨花になる可能性を潜ませていて、タガが外れたり何かの拍子に陥るのかもしれない。自分もそうなるかもしれないという恐怖。
    梨花以外の主人公も、それぞれ梨花のようにお金に囚われてる人たち。それぞれに共感できたり気付かされるところがある。
    金融機関に勤めている事、お金が確かにすぐそこにある事、今更ながら認識させられた本。

    忘備録でレビューを書いてみる。
    稚拙な文章だけど、読み終わった今の、言葉にならない感想徒然なるままに

  • 2015.6.10
    怖い。
    自分にもあり得ると思ってしまった。
    お金って怖い。
    いや、違う。
    大切なことが見えなくなってしまうことが怖い。でも、そんなのは日常にうじゃうじゃあって、一歩何か違えばそうなってしまうのか。
    人って弱いんだな。
    でもみんなそうなのか。
    お金って人間が使うには難しすぎたのかもね。
    人との関係、仕事、家族への思いが変えてくれる話だった。

  • 救いがなくて、胸がつらくなった。選んではいけない所なのに、向かっていってしまう人の弱さが生々しくて辛い。引っ張られそうで、2回目読めないかもしれない。

  • 現実でも紙面を賑わす横領事件。
    こんな風に落ちてゆくのだなぁと
    思った。

    戦う相手は、他人ではなく
    自分の中にいる悪なのかもしれない。

  • 夫との波風ない生活から、少しずつ違和感を覚え、働きに出ることでその思いは一層強くなる梨花。
    自分の方が上位にいることを暗に示したがる夫に、梨花は当たり前のことと思いながら、光太という庇護すべき存在を見つけてしまう。

    梨花という人間だけが特殊なわけではない。
    男も女も、大人も子供も、お金がステイタスであり自分を示す全てであると錯覚すれば狂ってしまう。

    そうして、身の丈を外れた魔力に遂には自分自身を捧げて破滅してしまうのだな、と感じた。

    誰も幸せではない小説。
    梨花的な苦しみは、誰しも多かれ少なかれ持っているのではないかと思う。

  • 角田光代さんは小豆島の島民にとって特別な作家である。八日目の蝉は今の島を変えてしまうくらいの作品だった。

    すごいひとすぎて、なぜか読むことがなかった。

    紙の月の主人公、梨花はごく普通の主婦である。そして実在の女性より存在感があり、フィクション感が全くない。

    とんでもなくそのままの人間を書く角田光代さんに圧倒される。

    読み終わって充実感にぐったり。

全503件中 1 - 25件を表示

紙の月 (ハルキ文庫)に関連する談話室の質問

紙の月 (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

紙の月 (ハルキ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

紙の月 (ハルキ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

紙の月 (ハルキ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

紙の月 (ハルキ文庫)の作品紹介

ただ好きで、ただ会いたいだけだった―――わかば銀行の支店から一億円が横領された。容疑者は、梅澤梨花四十一歳。二十五歳で結婚し専業主婦になったが、子どもには恵まれず、銀行でパート勤めを始めた。真面目な働きぶりで契約社員になった梨花。そんなある日、顧客の孫である大学生の光太に出会うのだった・・・・・・。あまりにもスリリングで、狂おしいまでに切実な、傑作長篇小説。各紙誌でも大絶賛された、第二十五回柴田錬三郎賞受賞作、待望の文庫化。

紙の月 (ハルキ文庫)の単行本

ツイートする