夢見るレシピ ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫 あ 25-1)

  • 125人登録
  • 3.58評価
    • (6)
    • (12)
    • (18)
    • (2)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 有間カオル
  • 角川春樹事務所 (2014年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438629

夢見るレシピ ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫 あ 25-1)の感想・レビュー・書評

  • たまにテレビ番組でこういったゲストハウスの話を見ることがありますが、あまり詳しくなかったので、中での生活というか、利用するか方々の日常を垣間見ることができました。留学生って、私も主人公の千花と同じように大半は裕福な家の子と思っていましたが、本当に大変な思いをして留学生活を送っているということがわかりました。いろんな人、果ては国の期待まで背負って異国に来るのはなんとプレッシャーになることか。ゲストハウスや下町の、優しい、あったかい気持ちになるお話でした。

  • わすれな荘の分け隔てない感じが可愛い。
    田舎の親ってああいう感じなのかなぁ??
    主人公の境遇はなんか切ない。

  • 東京・山谷にあるゲストハウス「忘れな荘」。
    観光目的の短期滞在者もいれば長期滞在の留学生もいる国際的なゲストハウスが舞台。

    主人公の過剰に遠慮するところとか自分のことより他人のこと考えたり。
    そのことを自分のうちでぐるぐる考えたりするところがびっくりするくらい一緒で驚きました。
    「泣いてもわめいてもいい自分の生きたいように生きればいい」と言われているような気がする本でした。

    住人や他の登場人物も優しくてかといっておせっかいってほどじゃなくって。
    本当に優しさに包まれるようなお話でした。
    料理も美味しそうだったし続きを読んでみたいです。
    それにゲストハウスに泊まってみたいなぁ。

  • 2015年12月16日 読了

    美味しそうな本でした!
    どの料理もおいしそうで、お腹がすきそうになりました(笑)
    ジャガイモパーティはもう////
    じゃがいも好きなので・・・最高(〃^^〃)

    きりたんぽ鍋も皆で鍋をつついて食べるシーンは
    私も混ざりたいって思ってしまいました♪
    赤いクラムチャウダーも気になりました!

    あとがきに書いてあった『アイスクリームかけご飯』も気になるエピソードでした!
    続きも出たらいいなと思いました♪♪



    ・・・食べ物も魅力なのですが
    お話も良かった。。。:゚(。ノω\。)゚・。

    登場人物も皆んな個性的で
    あらすじに書いてあるとおり。。色々と事情があるようで?!



    私も就職活動中の身なので、はっとさせられたり
    励まされたり心に沁みる言葉ばかりで
    少し軽くなりました。。

    読みながら千花さんのこと応援してました(〃^^〃)


    最後はあったかくなる終わり方で
    この冬にお勧めしたい本です!

  • はじめての作家さん。
    秋田から出てきた千花を中心に連続短編という形で話が続いていきます。
    良い意味での東京の下町風景が格安シェアハウスに泊まる人達と共に描かれています。
    登場人物には疑問もある部分はありますが、それをあまり感じさせないストーリーで、読後感は心があったまります。
    毎回ついてくるレシピは作ってみたくなります。
    ただ、描かれる季節が寒い時期がメインなため、ブイヤベースときりたんぽ鍋が出てくるので、秋から春先にかけて読むと良いかも。
    続きの作品が出るということで続きも気になります。

  • 登場人物が外人さんがちらほら出てきてちょっとイメージしづらかったので時々表紙の絵を見てああこの人かと確認。ヤンさんが見切れている(笑)全体的に可愛らしくて憧れのゲストハウス住まい。いいなあ、料理できないけど1週間ぐらい滞在したいなあと思った。各国の料理が出てきておいしそうだった。

  • 【あらすじ】
    ここは東京の下町、山谷と呼ばれるかつてのドヤ街。日雇い労働者が姿を消し、いま安宿を求めて訪れるのは、外国人旅行客と留学生たち。家族とはうまくいかないし恋も不調、自分を抑えて生きてきた、そんな千花が故郷を飛びだし辿り着いたのは、マイペースなオーナーと、しっかり者の翔太が経営するゲストハウス「わすれな荘」。個性豊かな住人たちとの賑やかな日常に、千花の心もほぐれていく。でもみんな、それぞれに事情を抱えているようで……。とびきり温かで美味しい、ひと冬の物語。オリジナルレシピ付き。

    【感想】

  • 格安で宿を提供する、ゲストハウス「わすれな荘」
    共同のキッチンも冷蔵庫も付いていて、自炊が出来る。
    秋田から上京してきた、ちょっと人見知りで自分に自信が持てないヒロインが、宿泊客の外国人や、神戸の女子大生などと、一緒に食事をすることによって(それだけではないけれど)交流を深めていく。

    宿泊客の外国人は、観光の人もいれば、アジアからの留学生もいる。
    ヒロインも、ある意味、“異邦人”なのかもしれない。
    そんなみんなに気を配る、世話好きの管理人さんが素敵です。

    レシピ付き。

  • やっぱし、先生の話は好きです。何気ない登場人物の一言に涙が出たり・・・背中押されたり。シェアハウスってこんな感じ?いろいろな考えを持った人や異国の人と暮らすことで自分の弱い部分や、プラスな部分を感じれるってすごい。。頑張ってイラストレーターになって欲しいっておもっちゃった。

  • 大阪で言う西成の釜ヶ崎のような街かしら?山谷。釜ヶ崎より治安良さそうだけど。わりとなんでもものごとはとんとん拍子に進む。美味しいご飯と素敵な仲間。

  • こころに傷をかかえた主人公がたどり着いたシェアハウス。そこには留学生やら訳ありの方たちがいて。

    毒親はどこにでもいるもんだ、と。
    ラストは明るいです。

  • 【収録作品】Step 1 ブイヤベースの包容力 -レシピ ブイヤベース/Step 2 ジャガイモは飢饉の他になにを救うか? -レシピ パインミー/Step 3 紅白クラムチャウダー対決 -レシピ マンハッタン・クラムチャウダー/Step 4 激辛料理は涙を隠して活を入れる -レシピ エマダツィ/Step 5 夢見るソウルフード -レシピ きりたんぽ鍋

  • これは良かったぞー!
    ごはん美味しそうだし…異文化交流大事だね!

  • 魔法使いのハーブティーの著者なんですね。読みやすくて良いですが、歌穂さんの変な関西弁は余計だと思いました。今の山谷はほんとにこんな感じなのかもしれませんが、この内容で山谷を舞台にする必然性が分かりませんでした。

  • 主人公の成長物ですが、暖かい気持ちで読み終えられる一冊。多国籍の人それぞれが皆優しい。
    皆で料理を囲む、その暖かな空間が素敵だなと思います。

全15件中 1 - 15件を表示

夢見るレシピ ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫 あ 25-1)を本棚に登録しているひと

夢見るレシピ ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫 あ 25-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夢見るレシピ ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫 あ 25-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢見るレシピ ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫 あ 25-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

夢見るレシピ ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫 あ 25-1)の作品紹介

ここは東京の下町、山谷と呼ばれるかつてのドヤ街。日雇い労働者が姿を消し、いま安宿を求めて訪れるのは、外国人旅行客と留学生たち。家族とはうまくいかないし恋も不調、自分を抑えて生きてきた。そんな千花が故郷を飛びだし辿り着いたのは、マイペースなオーナーと、しっかり者の翔太が経営するゲストハウス「わすれな荘」。個性豊かな住人たちとの賑やかな日常に、千花の心もほぐれていく。でもみんな、それぞれに事情を抱えているようで…。とびきり温かで美味しい、ひと冬の物語。オリジナルレシピ付き。

夢見るレシピ ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫 あ 25-1)はこんな本です

ツイートする