悪魔の封印―眠る株券 (ハルキ文庫)

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 波多野聖
  • 角川春樹事務所 (2015年2月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438766

悪魔の封印―眠る株券 (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 帝人事件を題材にした経済の裏側の物語。

  • 「疑獄 小説・帝人事件」の文庫化。
    「銭の戦争」がやたら面白いので、こちらも手に取ってみたけど、こっちの方が集中力を要する。
    過去を推測しながら話が展開するわけではなく、帝人事件の時代の人物たちが主になって物語を構成していくので、ミステリーと言うよりは、経済時代小説かな。
    料理の描写などが嫌と言うほど詳細に書かれているので、ちょっとしんどい。
    そこまで詳しく書かなくても良いのではないかと思うのだけれども、物語に重厚感を与えるためには必要なことなのかなぁ?

  • 150312

全3件中 1 - 3件を表示

波多野聖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
相場 英雄
相場 英雄
有効な右矢印 無効な右矢印

悪魔の封印―眠る株券 (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

悪魔の封印―眠る株券 (ハルキ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悪魔の封印―眠る株券 (ハルキ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悪魔の封印―眠る株券 (ハルキ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

悪魔の封印―眠る株券 (ハルキ文庫)の作品紹介

ファンドマネージャーの職から退いた主人公の「私」は、ある日かつて付き合いのあったスイス人の男から、金庫に眠った日本の古い株券について調査してほしいと頼まれる。株券にはノートが添えられており、そこには一九三四年に起きた『帝人事件』と呼ばれる大疑獄事件に関わった人たちの、生々しく奇妙な"言葉"が記されていた…。財政界の重鎮を巡る贈収賄事件の暗部に迫る、超一級サスペンス!

ツイートする