憂いなき街 (ハルキ文庫)

  • 234人登録
  • 3.64評価
    • (14)
    • (25)
    • (29)
    • (4)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 佐々木譲
  • 角川春樹事務所 (2015年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758439305

憂いなき街 (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 北海道警察シリーズの第7弾。相変わらず安定の面白さなのだが、今回はいつもとテイストが違った。描かれる事件と同時進行する複数の男女の関係が、まるでジャズ・バラードを聴いているかのようなのだ。

    宝石商の強盗事件を捜査する津久井卓がブラックバラードで偶然出会ったのはジャズピアニストの安西奈津美だった。堅物な津久井に訪れた短い春…サッポロ・シティ・ジャズへの出演が決まった奈津美だったが、その奈津美に降りかかる殺人容疑…

    読みながら、最初の強盗事件と中盤から描かれる殺人事件が何処かで結び付くのかと期待したのだが、強盗事件はオマケのような扱いで、ストーリーの本筋と関係無く、ならば、本筋の殺人事件の方をじっくり描いて欲しかったなと思った。それでも、十分に面白かったのだが。

  • 面白かった。エンディングも最高。シリーズを重ねても間延びしない。登場人物の関係もいいように進んでいる。

  • 北海道警察シリーズ第7弾。
    佐伯と小島百合の仲に進展があり、津久井は事件関係者のピアニストに想いを寄せる。
    どちらも単純に恋愛感情にのめり込むことなく、社会人もしくは刑事としての生き方との微妙なバランスが大人の恋愛事情を上手く表現している。
    その機微の切なさに、佐伯氏はこんな作品の中も書けるのかと驚いた。
    ある種スピンオフ的な作品ながら、読了後の余韻に星5つ。

  • 北海道警察シリーズ第7弾
    今回は津久井さんがメインのお話。
    今回もいくつかの事案が並行しつつもちゃんと収まるという感じで面白かったです。
    佐伯さんも津久井さんも、恋愛が絡んできて読んでて気恥ずかしかったですが、それにしてもどちらも女性の方がリードしているではないか。
    まあいいけど。そんなところも良いのですかね。

    いろんな小説やドラマなどで警察官が問題の合った人と交際、結婚などするのはご法度もしくはかなり難しいというのは理解しているのですが、それにしても津久井のきっぱりしたこと。
    翌朝、しかもわかった瞬間すぐ、というのが、うーんかえって変な期待を持たせないだけ優しいのか?
    それでもちゃんと彼女のこれからのことを考えながら行動するところにしびれました。
    見た目も中身もかっこいいのね。おそらく。

    さて、今刊行されているのはここまでなのでしょうか?
    次回作がまた楽しみです。

  • 道警シリーズ7作目。メインは津久井さん。いつの間にか彼の大ファンになっていたので、この巻は本当に楽しめました。佐々木譲さん、ありがとうございます。
    新宮君も成長しましたね。めちゃめちゃ仕事出来るじゃないですか!
    そして、やっぱりこの巻は津久井さんの魅力満載。クールで仕事ができる所も素敵ですが、恋に悩む姿も素敵すぎます。事件の方は霞んでしまいました(汗)
    あ、もちろん、チーム佐伯の優秀さは光ってました。信頼できる仲間と仕事ができるっていいな!

  • 待望の、道警シリーズ第7弾。
    文庫化、待ち遠しかった。。。。

    【読間】
    「木曜日」の章の2ページ目。

    今回、何やらあちこちで色模様(笑)。

    小島百合と、遂に男女の仲になった佐伯。 いやぁ、長かった(笑)。昭和のラブコメかという位に“着きそうで着かない”二人だっただけに、なんとなく感慨深い。


    ※小島百合は、自分の脳内では松雪泰子さん。(駄作と評判の劇場版は見ていないけれど、イメージがピッタリ過ぎて頭から離れない)若い頃から好きな女優さん。

    願わくば、そんな小島百合の“その時”の描写も読んでみたかった……とか思ってしまうのよね、男ってやつは……(苦笑)。

    さて、続きも読まねば!
    2016.02.16.書。


    【読了】
    うん、面白かった。
    1ページ先の記述もきになって、なかなか中断のタイミングを図れない…という作品は、久しぶりだった。

    先が気になるからついつい“走り読み”気味になるけど、決して厚くもないこの本の世界観を味わうためにもゆっくりじっくり読みたい。でも、ついつい……と(苦笑)。

    多忙なため読了までに3日かけてしまったが、時間が許してくれたなら徹夜してでも一気に読み切ってしまいたいくらい。

    シリーズ第1作もそうであったように、リミットの切られた状況が、緊迫感や切迫感を増していたのだろう。

    そして、切ないラストシーン……。
    佐々木譲のハードボイルド、やっぱり好きだな。

    ★4つ、9ポイント半。
    2016.02.18.新。

  • 道警シリーズの7作目。このシリーズ、順番違えて読んだりしてたけど、去年の夏に出ていたものにここで漸く追いついた。
    今回は、札幌の夏の風物詩として定着したというサッポロ・シティ・ジャズの出演者を巡り、佐伯と津久井がジャズ好きでそれぞれがサックスとピアノを操るという最初の頃の設定を思い返させながらお話は進む。キャラクター設定は既に安定も、佐伯と小島の間には進展があるなど、少しずつの変化が加わり飽きさせない。
    前半、肝になる話が見え辛いものの、今回はいつもと少しパターンが異なり“津久井の純愛”がメインテーマとなってからは、彼が追う事件を中心に一気呵成。相変わらず話の運びは巧い。
    しかし、どんなに惚れても脛に傷持つ女性とは一緒になれないとは警官も辛いね。咽び泣くピアノの音色が聞こえてくるような終章が切ない。

  • ついに!そういう「大人な」関係になりました
    セカンドステージに入っても疾走感のある事件
    解決・・・うねるような状況の落差に読者は右
    往左往しますね

  • 所謂“北海道警察シリーズ”の新作。第七作。
    津久井刑事が出逢う女性が事件の容疑者ということになって行く中、津久井は本当に容疑者なのか否かを疑う…
    お馴染みの面々が各々に活躍する、このシリーズならではの展開。愉しく読了した。

  • このシリーズを読み始めた頃は札幌の土地鑑がまだ残っていたのでリアリティを感じていたのですが、時が流れて以前のような「その場にいる臨場感」が薄らいできたのが残念です・・・

    相変わらず時間がない中での捜査。ヘタにだらだらしていない展開は嫌いではありません。佐伯たちのチームワークと関係性も好きです。それだけでこのシリーズを読み続ける価値があるってもんです。

全25件中 1 - 10件を表示

佐々木譲の作品

憂いなき街 (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

憂いなき街 (ハルキ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

憂いなき街 (ハルキ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

憂いなき街 (ハルキ文庫)の作品紹介

サッポロ・シティ・ジャズで賑わい始めた初夏の札幌・市内で起きた宝石商の強盗事件を追っていた機動捜査隊の津久井卓は、当番明けの夜に立ち寄ったバー「ブラックバード」でピアニストの安西奈津美と出会う。彼女は、人気アルトサックス・プレーヤーの四方田純から声がかかり、シティ・ジャズへの出演を控えていた。ジャズの話をしながら急速に深まる津久井と奈津美の仲。しかし、そんななか中島公園近くの池で女性死体が見つかり、奈津美に容疑がかかってしまう…。大好評、"北海道警察"シリーズ、第七弾。

憂いなき街 (ハルキ文庫)の単行本

ツイートする