幻想古書店で珈琲を (ハルキ文庫)

  • 425人登録
  • 3.08評価
    • (7)
    • (25)
    • (58)
    • (22)
    • (4)
  • 43レビュー
著者 : 蒼月海里
  • 角川春樹事務所 (2015年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (518ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758439442

幻想古書店で珈琲を (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本屋大賞ということで読んだ。面白かったけど中身がある本という感じは受けなかった

  • む〜ん...(- -
    何というか、正直な第一印象は「浅い」。

    就活に失敗した成年が、
    某大型書店をふらついている内に、
    不思議な扉を見つけて、入ってみるとそこは
    自称「魔法使い」が経営する古書店兼喫茶店という、
    まぁありがちではあるが「面白くもなり得る」設定。

    が、全体を通して主人公の魅力も感じられず、
    そのため魔法使いとの関係性も説得力が無く。
    随所に「蘊蓄的なこと」も出てくるが、
    多くが「そんなんわしでも知っとるわ」的なもので、
    あまり「蘊蓄くさく感じない」(- -

    魔法使いの「仲間」が登場するも、扱いがハンパ。
    そこから何か広がるわけでもなく、
    つまらんダジャレに大受けして去って行くなど、
    登場人物みんな魅力を感じられない(- -

    なんか...「練れてないなぁ」という感想。
    正直、どこを楽しめば良いのか分からんかった(- -;

  • 神保町の情景が思い浮かぶ古書店好きには心地良い本でした。
    亜門と司のやり取りも微笑ましいです。
    本に登場する砂男に興味を持ち買ってしまいました。

  • 会社が倒産して無職となったところに、珈琲を出す古書店『とまり木』に巡り合い働く事になった主人公・司が遭遇する不思議な物語。“飛ぶ教室”“砂男”“オペラ座の怪人”をモチーフにした3話はそれぞれ小ぶりながらも心温まる話で良かったです。突っ込みどころは、このままそこで働いていても収入は得られないんじゃ^^;?そしてコバルトって派手な割りに登場する意味あるのかな^^;?ってとこ。

  • 私の今までの人生の書も真っ白だったら、ちょっとショックかも。

  • 2017年11月11日読了。
    2017年89冊目。

  • 神保町の三省堂書店で購入したので贔屓目が。

  • BL系になっていくのかな?
    それにしては亜門がムックぽくって。
    主人公の「私」と亜門を呼び捨てが腑に落ちなくて。

  • 突然失業した主人公が知り合ったのは、縁を失いかけている人だけが入ることができる幻想古書店。
    訪れる人の人生の本と引き換えに失縁を結びなおせるよう力を貸す店主の亜門と主人公。
    なんていうか・・・不思議な感じで、面白いのかどうかが判断つきにくい。ファンタジーが入っているからなのかなぁ。
    キャラとかはいいと思うんだけどね。
    何気に、主人公が自分の事をモノローグで「私」と、言っているのが違和感あった。主人公のキャラなら「俺」じゃないかな。

  • 面白いのか面白くないのかわからないまま終わった。う~ん、亜門さんはいいんだけど、主人公にイマイチ惹かれない。

全43件中 1 - 10件を表示

蒼月海里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

幻想古書店で珈琲を (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

幻想古書店で珈琲を (ハルキ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする