あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)

  • 760人登録
  • 4.15評価
    • (117)
    • (162)
    • (62)
    • (2)
    • (0)
  • 129レビュー
著者 : 高田郁
  • 角川春樹事務所 (2016年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758440271

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今回も波瀾万丈な展開に翻弄されました。

    著者との出会いは『みをつくし料理帖』でした。
    舞台も同じ大阪、商人の町。
    主人公に、次から次へと襲い掛かる災難。

    どうしても澪と比べてしまうんですよね。
    澪は下がり眉が特徴だったせいか、時折しょんぼり見えたりもしたけれど、
    幸は気丈で賢くて、とにかく強い。
    これから成長するにつれ、女性らしい情の深さや弱さが出て、
    少し柔らかい雰囲気になるのかな。


    まさか、まさかのあほぼんが…。
    そして惣次ですか…。
    意外とうまくいきそうな感じもします。
    あぁそれでも、やっぱり智ぼんがいい。

    でも幸なら相手がどんな男性でも、自分の手で幸せを掴み取っていけるんだろうな。

  • 発売されてすぐに購入して、母の病室に置いていた本。
    読みたい本だったのに、最近まで手が出せなかった…

    幸の運命。
    逆らえない激流。
    ラストの展開に、ちょっとほっとしてしまった。

    シリーズ第三弾を読まなくては!!

  • 商売の才能もない。やる気もない。そもそも店主としての自覚もない。
    そんな徳兵衛の後添えになって幸せになれるだろうか。
    読んでいても不安で、どうにかならないものかと、ずっと思いながら読み進んだ。
    幸ではないけれど、「この阿呆ぼんが!!」と何度も怒鳴りつけたくなったのだけれど、女衆から後添えになった幸から離縁など出来ないだろうし・・・。
    ところが急展開が待っていた。
    そうか、そうきたか。
    思わず唸ってしまうような展開だった。
    徳兵衛には気の毒だが、誰にも深く傷つくことのない結着に良かったと胸をなでおろした。
    同じ諦めるにしても、負の方向へ仕方がないと諦めるのと、新しい五鈴屋の明日を思い描いて諦めるのでは意味がまったく違う。

    次巻からはいよいよ幸の商い人としての戦いが始まるのだろう。
    楽しみでしかたがない。

  • シリーズ第2弾。番頭に見出だされ、紆余曲折の末に奉公先の呉服商、五鈴屋の店主の後添いとなった幸だったが…

    二転三転の展開はあるものの、幸の才覚は未だに生かされず、少しやきもきする。きっと、まだ先は長いのだろう。

    『みをつくし料理帖』は毎回、澪の料理の腕の見せどころがあったのだが、呉服屋の商いともなると、なかなかそうは行かぬのか。

  • 「お前はんは、戦国武将になる器だすのや」と、番頭治兵衛にその才を見染められた幸は、五鈴屋四代目徳兵衛の後添いに。
    さらに、急転直下・・・
    ますます目が離せない幸の人生。今後どう展開するのか、著者の物語の魅力に、すっかり取り込まれてしまっている。
    「みをつくし…」が料理人の道を究めるべくその深化を目指す主人公に対し、「あきない…」の幸は、女衆から御寮さんへ、そして店の発展向上を目指すと、その方向性は異にするが、共に魅力溢れる主人公に、続いて第3弾を。

  • シリーズ2巻もとても面白かったです。幸の聡く凛とした姿勢が心地良いです。徳兵衛が嫌いだったのですが、最後まで読んだら、可哀想な人だったのかもと思いました。治兵衛さんも、幸に道を示してくれましたが悲しい。幸は戦国武将かぁ。鵺の例えはいいな。惣次さんがいい人なのかな本当は…と思ってきたところで、ラストの展開に驚きました。続きが楽しみです。

  • まだ恋を知らないからか、どうしようもない時代だからなのか、恋を捨て戦国武将になりに行く幸が本当に心配で、おっかなびっくり読み進めました。
    まだ深く商いにかかわる事は出来ずにいるけど、そこに自分自身を懸けたので、今後の活躍に期待してます。
    惣次の違う面が色々見れて、彼の良さにも気づけたので、より次巻からが楽しみになってきました。

  • 待ち遠しいのです
    高田郁さん!
    この巻もよかった!
    読み手を引き込み飽きさせませんねえ
    つい、寝るのが遅くなってしまいます
    思わぬ展開にワクワク
    あーまた待たされますねえ

    ≪ 切り開く 商い戦国 凛として≫

  • シリーズ第2弾
    とっても楽しみで、ゆっくり大切に読もうと思い無駄に手を休めてはやっぱり気になって読み、また少し本を閉じては読み…の繰り返しで結局のところ一気読み。
    面白かった。いや話としては四代目の様は全くもって面白くない。何よこいつと幾度も憤慨しては幸を想いお家さんを想い。でも、今回は惣次の見えなかった一面が見えてまた幸の商いに対する姿勢を受け入れてくれたのがとっても嬉しい。しかも最後のあれはには驚いた。いや、伏線はあったから予測はしてたけど、いやちょっと待って…って言うのが正しいかな。
    幸には智蔵がいいよぅ。
    第3弾 何卒お早めに。

  • 五鈴屋にずっといると思っていた治兵衛が五鈴屋から去り、阿保の徳兵衛の嫁になってしまった幸。治兵衛と智蔵が支えになっていたのに、二人共不在の状態で、幸はどう耐えていくのか。

    肝試しで惣次の良さが少し分かってきた。いい奴じゃん、って。でも徳兵衛がいなくなって次は惣次って…

    今は当たり前になっている、お店に行って物を買うという行為は、この頃から少しづつ定着していったのかな。


    2017.5.20…21

  • 2冊目にして早くもめっちゃおもしろい。
    みをつくしも大好きだったけど、これもおもしろいなぁ。
    澪は料理の道を貫くためにいろいろ諦めることや耐え忍ぶことも多かったけれど、幸はその名の通り幸せをいっぱい掴んで人生上り調子に天下を取ってほしい。

  • +++
    学者の娘として生まれ、今は大坂天満の呉服商「五鈴屋」に女衆として奉公する主人公・幸。十四歳の幸に、店主徳兵衛の後添いに、との話が持ち上がった。店主は放蕩三昧で、五鈴屋は危機に瀕している。番頭の治兵衛は幸に逃げ道を教える一方で、「幸は運命に翻弄される弱い女子とは違う。どないな運命でも切り拓いて勝ち進んでいく女子だす」と伝える。果たして、「鍋の底を磨き続ける女衆」として生きるのか、それとも「五鈴屋のご寮さん」となるのか。あきない戦国時代とも呼べる厳しい時代に、幸はどのような道を選ぶのか。話題沸騰のシリーズ第二弾!
    +++

    とんでもない放蕩者の四代目徳兵衛の後添えになった幸の巻である。なにくれと幸に目をかけてくれた番頭の治兵衛が卒中風で半身不随になり五鈴屋を去ったり、次男惣次の才覚で成功した一夜限りの誓文払いの店前現銀売りの売り上げを徳次郎が猫糞しようとしたり、その結果、使用人が何人も愛想をつかして暇乞いをしたため人手が足りなくて大忙しだったりと、ただならぬ事件も多い回である。そして、ラストは、こうなればいいのになぁと、なんとなく思っていた通りになり、いよいよわくわくするのである。続編を早く読みたい。幸のさらなる手腕が愉しみなシリーズである。

  • 高田郁の新シリーズ、第2巻。『みをつくし料理帖』は小料理屋が舞台でしたが、本作は呉服商。

    江戸中期。学者だった父親を亡くし、9歳で大坂・天満の呉服商「五鈴屋」へ奉公に出された幸(さち)。第1巻の冒頭では、幸は同様に奉公を希望する娘たちとともに、五鈴屋の番頭から何種類かの反物を見せられて好きなものをやると言われます。ほかの娘たちは値札に目が釘付け、高いものを選びましたが、幸は値札に惑わされることなく、自分の目と手で好きな反物を選びます。実はこれが誰を採るかの試験となっていたわけで、番頭のお眼鏡に適ったのが幸でした。

    それから5年、14歳になった幸は、この第2巻でなんと五鈴屋の長男の後添えに。色狂いの長男は商いに精を出すことなく、せっせと廓通い。せっかく嫁にもらった良家のお嬢に逃げられても廓通いをやめることはありません。このままでは五鈴屋が潰れる、なんとか後添えを貰わねば。けれど色狂いが周知の事実の長男のもとへ誰が来てくれようか。というわけで、下女のなかから幸が選ばれるのでした。さて、下女から奥様へと転身した幸はどうなるのか。

    とても面白いです。高田郁の小説のヒロインには幾多の試練が待ち受けているという展開が常ですが、その試練の「大変さ加減」が絶妙。また、ヒロインを取り囲む人々も基本的に善人が多く、稀に意地悪な人がいるとしても、ディズニー映画に出てきそうな底意地の悪さはありません(笑)。またヒロインがポジティブなのもいつもどおり。失礼な扱いを受けようとも持ち前の明るさでユーモアに変えてしまうところがとてもいい。安心して読むことができます。

    第3巻からこそが高田郁の、そして幸の本領発揮となりそうな。とても楽しみです。

  • みをつくし料理帖の商い版。今のところ、読むのがつらい話ばかり・・・

  • 天満の呉服屋「五鈴屋」に女衆として、頑張っている幸(^-^)14歳になった幸に縁談が‼しかも相手は五鈴屋の店主、四代目徳兵衛(゜゜;)これがまた、どうしようもない阿呆ぼん(--;)しかし商いへの興味が勝って嫁ぐ幸(^^;)どうなることかと心配したけれど、四代目は嗜みのある阿呆ぼんだったし、商いの知恵も蓄えて、良かったんじゃないかな♪最後で四代目が亡くなり、五代目になるために次男の惣次が出した条件に「あ~そうきたかぁ」と思った(^^;)商いの知恵はどんどん増えそうだけれど、女としての幸せは遠退きそう(T-T)なんとか、三男の智蔵と一緒になって欲しいんだけど…(._.)

  • 幸の良い子ぶりと、四代目徳兵衛のダメ男ぶりがあまりにも両極端すぎて・・・うーん。でもまぁ、きっといたんだろうなぁ、こんなふうに一度ひねたら元に戻れなくなったみたいな人。
    祖母・富久の葛藤が語られるところなんかは良かった。ただの甘いおばあちゃんだったら目も当てられない。だってまがりなりにも店に責任ある立場だし。こんなやつ放り出しちまえ、と読み手が思うようになったところで、商売抜きの家族としての思いが切々と・・・。
    幸が四代目に、「この、ろくでなしの阿保ぼんが」と怒鳴るところは痛快。
    そして惣次の妻に・・・なるのかな?一巻の時点では智蔵と幸せになるのが良さそうだったけど、この巻を読むと、惣次の唯一の理解者が幸で、幸にとっても興味のある商売にしっかり関わることができて、この組み合わせでハッピー、てのがいいのかも、と思った。今後の智蔵の出方しだいなんだろうな。。。

  • 波乱に満ちた第2弾。
    第1弾のレビューで誰もが予想した通り、幸は14歳で4代目の後妻に納まる。
    祝福してくれる人は少なく、決して幸せな結婚とは言えない。
    前途はいばらの道しかない状態だが、それでも五鈴屋のために役に立とうと頑張る幸の姿には心を打たれる。
    クセの強い三兄弟に振り回される幸。14歳の少女を翻弄する大の男三人。4代目徳兵衛、こいつは最悪だ(笑)。一方で第1弾ではただの嫌味な奴だった次男の惣次が今作では意外な一面を見せている。3弾ではさらに彼の存在感が大きくなるようだ。
    全体的に緊迫感に満ちた今作だが三男の智蔵が登場するとなんだかホッとする。もっと出番が多ければいいのに。。。
    少女から大人の女性へと成長する過程の幸。第3弾では彼女のさらなる飛躍と、幸せを願いたい。

  • 武庫川村の学者の家に生まれながら、早くに父親を亡くして大阪の呉服問屋に奉公に出た「幸」の成長譚だ。
    タイトルにある通り、本当に早瀬のように幸の人生がめくるめく勢いで流れ流れて、どうなるどうなると落ち着かない。
    前作ではまだまだ子供だった幸が成長し少女から大人へなろうとする姿は清新だ。
    なんか親戚の女の子の成長を見守っているような気持ちになる。

    それにしても次作、どうなっちゃうんだろう、幸。

  • 徳兵衛め、どこかに行け〜、と思っていたら、こんな荒技でいなくなるなんて。高田さんも、徳兵衛を早々に退場させるつもりだったから幸を結婚させたのね。次巻からついに幸が商いを始めるのかな。惣次とうまくやっていけますように!早く続きが読みたい!!

  • 10/15読了
    先が想像出来る展開。なのに感情豊かに楽しく読める、引き込まれる。

    次男…ラッキーすけべ…

  • 昨日は山口恵以子さんの「恋するハンバーグ」を読んで「はじめ食堂」の物語にほっこりとした幸せ感に浸ることができました!今日は高田郁さんの「あきない世傳金と銀(二)」(2016.8)に感動、感涙しました。高田郁さん、いつも描かれるその「人間模様」に深い感動をいただいています。「あい 永遠に在り」しかり。みをつくし料理帖のシリーズしかり。澪はストイック過ぎる感じがしましたが、幸は我慢はするものの言うべきことはきちんと言いますね!第2巻ですが、これでFINもあるかなと思いました(^-^) 幸に幸あれと思います!

  • 一作目を読んで、続きが気になり、読んだ本。前作と比べ、幸の成長ぶりが感じられる。幸は呉服商に丁稚に行き、呉服商で出会った人々との関わりなどから、自分自身を成長させ、それと同時に迷いも生じる。その迷いが今後、どのように幸を変化させるのか、呉服商の人々の教えが今後どのような影響を与えるのか気になり、読みすすめていった。幸も14歳から17歳へと成長し、降りかかる困難を知恵、周囲の人物の助言等を生かし、解決していく姿が印象的で良かった。再び、困難が立ちはだかっても、それを乗り越え成長するだろう姿に期待したい読後。

  • ふふふ♪
    惣次は、言ってくれると思っていました。

    幸の中にある、商いの才を見つけたのですね。
    この巻では、あまりその辺が描かれていないし、徳兵衛が、最後まで「阿保ぼん」だったのはちょっと可哀相でした。

    読んでしまうと次までが長いのでもったいないし、でも、早く読みたい。
    少しずつ読んだつもりでしたが、やっぱりあっという間に読み終わってしまいました。
    続きが楽しみです。

  • アホ四代目。腹が立つことばっかり。そして富久さんの苦労を思うと同情の涙が出そうだ。そのうえこんな展開になるなんて! ちょっと予感はあったけどびっくり。今すぐ続きを読みたい。

  • 大阪天満呉服屋「五十鈴屋」に女中として奉公していた幸だが、お店の危機のために、違う立場へ。次々と訪れる苦難を、周囲の助けと知識と、商いをしたいという想いで乗り越えていく。でも幸せは遠い遠い。この店主どうにかならんのだろうか。

全129件中 1 - 25件を表示

あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする