秘密―ゆめ姫事件帖 (時代小説文庫)

  • 19人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 和田はつ子
  • 角川春樹事務所 (2016年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758440455

秘密―ゆめ姫事件帖 (時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゆめ姫事件帖第三弾。

    ようやくいいなづけの慶斉が出てきたものの、
    夢の中だし、
    結婚話も進展しないし。
    猫の話にもなったけど、結局探し出されないし。
    どうしたものか。

全1件中 1 - 1件を表示

和田はつ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

秘密―ゆめ姫事件帖 (時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

秘密―ゆめ姫事件帖 (時代小説文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

秘密―ゆめ姫事件帖 (時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

秘密―ゆめ姫事件帖 (時代小説文庫)の作品紹介

現将軍の末娘"ゆめ姫"は、美しさに加え、聡明で好奇心旺盛であり、生母譲りの常人にはない力を持っていた。それゆえ、姫は側用人池本方忠の屋敷と江戸城大奥を行き来する特権が与えられていた。そんなある日、池本家で、そば羊羹の作り方を教わっていた姫の元に、南町奉行所同心の山崎がやって来た。殺しの件で、姫の力を借りたいという。一方、姫は許婚の一橋慶斉様のことが気になり、文を届けてもらうことに…。「余々姫事件帖」シリーズを全面改稿。装いも新たな人気シリーズ「ゆめ姫事件帖」第三弾。

ツイートする