英語の仕組みと文法のからくり―語彙・構文アプローチ (開拓社言語・文化選書)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 岩田彩志
  • 開拓社 (2012年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758925341

英語の仕組みと文法のからくり―語彙・構文アプローチ (開拓社言語・文化選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  単語の並び方を分析すれば、その並び方から基本的な意味が導き出されるとするGoldbergの「構文アプローチ」から、ただ構文を見るだけでは分析できない二重目的語構文、所格交替、エコー疑問文について紹介している。
     構文だけでなく「結局は動詞の意味を詳しく調べる必要がある」(p.95)ことや、メタ的なことに言及する場合は、従来の約束が当てはまらない、ということなども併せて考えないといけない、ということが述べられている。タイトルは『英語の仕組みと文法のからくり』だが、このタイトルほどに網羅的ではなく、ある特定の構文に限っての分析がすべてなので、あくまで英語学を専門にする人が読む本だと思う。
     とは言っても、二重目的語の話は面白かった。二重目的語が基本語に限られるものだと思っていたが、refuseやdeny,またforbidといった語もこの構文を許すということ、そしてそもそもAクラスからFクラスまで6つのクラスに分けることや、Fクラスのbake, make, buildなどでは、そもそも受領したことを含意するのではなく、受領させる意図があればよい、ということなど、知らなかった。そして、そのうち「否定動詞が生じる二重目的語表現」で片付けられていたものが、さらに分析が加えられていて、やはりその裏には「持つ」の概念があるということが分かり、面白かった。ちなみに、これは語源から考えるアプローチ、通時的な視点を持ち込むことはできないのか、と少し思った。
     所格交替のところでは、He sprayed the wall with paint.のthe wallは「状態変化を受けて」(p.117)いる、という説に対し、「状態変化って何のことだろう?」(同)というところから新たな説を著者が生み出しているが、おれは別にこの説明でいいと思ったんだけど、どうなんだろうか。つまり壁が塗られる前から濡れらた後への状態の変化、ということでいいのではないのだろうか。そして「覆う」、「一杯にする」という新しい意味を提唱しているが、日本語で考えればそうなる、というだけであって、例えば英語で考えればこういう分け方は必要ないのかもしれないし、もしかすると言語によっては「覆う」と「一杯にする」が同じ語で表される言語があるかもしれない、とか思うと、この意味の設定は恣意的なものである感じもする。でも「指を糸で巻く」が「指を糸でぐるぐる巻きにする」なら容認度が上がる、という分析もあるし、少なくとも日本語ではこの「覆う」の捉え方は有効かもしれない、とか、「全体性の解釈」(p.122)でいいのではないか、とか従来の概念で説明できないものだろうか、と思った。
     あとエコー疑問文は、なんでもかんでも字義どおりに分析するべきではない、ということを教えてくれる分析だが、そもそも意味を大事にしましょう、どんな意味が出てくるのかを分析しましょう、ということが目的なのに、そもそものエコー疑問文を使う時についての語用論的な意味を無視した結果の分析を進めているという点、つまりエコー疑問文はメタ的なもので、他の文と同じ土俵に乗せて分析するという点が変なのでは、という気がする。「時や条件を表す副詞節」でもwillが使われる場合、ということでp.161にその文が挙げられているが、統語論的な話というよりは極めて語用論的な話で、なんかなーという感じがした。
     それでも著者が論を進めていく道筋自体は追えるし、いろんなところで著者が言語の分析を面白がる様子が見えて、あらためて言語研究の面白さを教えてくれる。(16/12/26)

全1件中 1 - 1件を表示

岩田彩志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

英語の仕組みと文法のからくり―語彙・構文アプローチ (開拓社言語・文化選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

英語の仕組みと文法のからくり―語彙・構文アプローチ (開拓社言語・文化選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

英語の仕組みと文法のからくり―語彙・構文アプローチ (開拓社言語・文化選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

英語の仕組みと文法のからくり―語彙・構文アプローチ (開拓社言語・文化選書)の作品紹介

英語には結果表現をはじめとして、動詞の性質だけでは説明がつかない文法現象が多く存在する。これらの現象を理解しようとすると、解釈の公式(=構文)が役に立つ。しかし、なぜある動詞はこの言い方ができるが別の動詞ではできないのか、という問題を突き詰めていくと、結局は動詞に戻ってくる。動詞の意味を詳細に調べることにより、文法の不思議を解き明かすことができる。

英語の仕組みと文法のからくり―語彙・構文アプローチ (開拓社言語・文化選書)のKindle版

ツイートする