3週間続ければ一生が変わる〈ポケット版〉

  • 846人登録
  • 3.74評価
    • (58)
    • (82)
    • (62)
    • (15)
    • (8)
  • 96レビュー
制作 : 北澤 和彦 
  • 海竜社 (2009年11月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759310962

3週間続ければ一生が変わる〈ポケット版〉の感想・レビュー・書評

  • メルカリで安く交流。やってみようと思うことがたくさんあった。

  • 非常にわかりやすい文章で大事なことがぎっしりと書かれています。

    様々な分野の人たちの名言を沢山引用していますが、どれも素晴らしい言葉で納得しっぱなしです。

  • 三週間続ければ、一生が変わる 10/17 12:45

    - 行動について
    - その思想がたとえ高潔なものであっても、人間の最終目標は思想ではなく行動である。by トマスカーライル
    - はじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人を作る。by ジョンドライデン
    - 長い間岸を失う勇気がなければ、新しい大陸を発見することはできない。アンドレジード
    - 通勤時間を移動大学にかえる。
    - 汝、穏やかなる人生を送りたければ、仕事を減らすべし。
    - 睡眠について 早起きしなさい
    - ベッドに横たわって眠ろうとしている時、1日の活動を頭の中で再現しないこと。
    - 午後8時を過ぎたら、食べないこと。(スープなら良い)
    - 寝る前にニュースを見ないこと
    - ベッドの中で本を読まないこと
    - プラチナの30分を持つ。本当に必要なことに焦点を合わせる時間朝の時間を持つ。教訓書を読む。

  • 20170124 一つ一つの章が適度な長さなので読みやすい。自分で気になるテーマから選んで読むのも良い。常に持ち歩けるサイズなのでこれからは携帯しようと思う。

  • とにかく過去の人物の残したメッセージの引用が多いというのが1番の感想。その言葉の意味をひとつひとつ理解しようとするには日本では難しすぎるな〜と。自分にピンとくるものはいまひとつ無かった。多分、その場の状況でピッタリのメッセージに出会えたら忘れないだろうが、こうも羅列してあると流し読みになってしまい、もったいなかった。

  • 習慣が変われば人生が変わる。
    内省力の重要性、客観的(行動分析学)に自身の行動を振り返る知見を得た一冊。

  • 2016.9.21読了。

    生きていく上で、何をしたらいいのかわからない時に読むと、色々な提案があって良い。ちゃんとした人生を送っている人は読まなくてもいいと思った。当然、自分には必要。

  • これ試したい!と思える習慣が色々あった。
    結構前に読んだ本なので、今もう一度読んだら、さらに新しい発見がありそうな気がします。
    近々、再読しよう♩

  • とても素晴らしくベリシャスオーマイゴットな良い本です。

    え……伝わらない…?


    仕方ありません。
    この本を読んだ人たちの感想が書かれているURLをご紹介いたします。

    ■イクメン(育児をする男性)
    「あなたがわが子たちに与えられるもっともすばらしい贈り物は、あなたの時間です。」↓
    http://siegtax.com/2015/10/03/affectedbook/

    ■いろいろアマゾンで買ってレビューを書いている人
    http://reviewamazon1jp.seesaa.net/article/374198803.html

    ■追記予定


    いろいろと載せましたが、私がこの本に感じたことを的確に表現しているブログを見つけたので、そちらを引用させていただきます。

    <以下引用>
    自己啓発書の類を読んでいて、ものすごく疲れてきて、うんざりすることがある。
    それは、たぶん、
    「そんなことでどうする!ちゃんとやれ!」
    とか言われている気がしてくるから、かもしれない。

    この本は、そうではなかった。
    読者の一人ひとりを、すごく親身になって励ましてくれているような感覚。
    ちょっと甘ったるい表現を使ってしまえば、「小さな一歩を踏み出す勇気をくれる」、みたいな感じ。

    著者が引用しているジョージ・バーナード・ショーの言葉を、ここに引用してみたい。

    わたしは完全に使いはたされて死にたい。
    働けば働くほど、生きていると実感できるのだから。
    わたしは人生そのものを楽しむ。
    わたしにとって、人生ははかないロウソクのようなものではない。
    むしろ、ほんの一瞬だけかかげていなければならない大きなたいまつであり、わたしはその火をできるかぎり明るく燃やしつづけて、つぎの世代に手わたすのだ。

    わ~、長くなっちゃった!
    とにかくお薦め!
    特に、何かのきっかけを見つけたい方は、ぜひ。

    引用元:http://choi-happy.jugem.jp/?eid=200

  • この手の本は好きなのだけど、なんとなく、この本は肌に合わなかった。残念。

  • 記憶に留めておきたいフレーズを抜き出します。

    ・もっとリスクを背負う
    ・変えられないことを心配しない
    ・睡眠の質
    ・読書は熟読が全てではない
    ・報酬(ゴール)だけではなく、プロセス(成長)を楽しむ

  • 素晴らしい行動習慣の指針が書かれている。
    また、随所に偉人の格言がちりばめられており、心に訴えかけられる。
    この書は一回読んで書棚にしまうのではなく、いつも手元に置いて読み返し、心に刻み、自然と身体が動くまで、何度も何度も読み続けたい。
    http://profile.livedoor.com/book_dokushonikki/

  • 自己啓発本、基本ネガティブな自分をポジティブに変えたい
    そう思ったとき、たまに読みたくなります
    読み終わって少し元気になりました

    著者お勧め本『モリー先生との火曜日』も読もうと思います

    趣味「読書」を再開してから度々目にするのはこの本にもある
    「すべての本を読み終えなくてもよい」というフレーズ
    もったいないおばけが出そうで今だに実践できていません(- -;)

  • あなたを変える101の英知

    ●天職を見つける
    あなたが望んでいる変化を、他人がもたらしてくれるのを待っていてはいけません。
    「世界に変化を望むのであれば、みずからが変化となれ」byマハトマ・ガンジー

    ●最初の21日間を乗り切る
    新しい習慣は、新しい靴に似ています。最初の2、3日は、あまり履き心地がよくありません。でも、3週間くらいたつと慣れてきて、第2の皮膚のようになるでしょう。
    「はじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人をつくる」byジョン・ドライデン

    ●もっとリスクを負う
    人生のたそがれどきを迎えて、死の床につくとき、あなたがいちばん後悔するのは、避けてきたすべてのリスク、つかまなかったすべての機会、立ち向かおうとしなかったすべての恐怖でしょう。
    「片足を二塁につけたまま、三塁にすすむことはできないでしょ」
    「長いあいだ岸を見失う勇気がなければ、新しい大陸を発見することはできない」byアンドレ・ジード

    ●慣習と反対の道を行く
    「毎日、ほかのだれも読んでいないものを読みなさい。毎日、ほかのだれも考えていないことを考えなさい。いつも満場一致の一員になることは、心にとってけっしていいことではありません」byクリストファー・モーリー

    ●日の出とともに起きる
    早起きすることによって、あなたはマハトマ・ガンジー、ネルソン・マンデラなど、現代でもっとも影響力のある人びとの仲間入りができるのです。

    ●1時間はやく起きてみる
    「この世界で成功する人々は、立ち上がって、自分が望むような状況をさがしまわり、もし見つからなければ、それをつくりだす人々だ。」byジョージ・バーナード・ショー

    ●睡眠時間をけずる
    もっとも重要なのは睡眠の量ではありません。いちばん大切なのは、睡眠の質と深さです。

    ●喜んでほかの人を手助けする
    「足のない人をみるまで、わたしは靴がないことを嘆いていました」(古代ペルシアのことわざ)
    自分よりもっているものが少ない人に奉仕して、時間という贈り物を与えることは、あなたの人生にいつもある豊かさを自覚できる、すばらしい方法です。もっと重要なのは、わたしを本当に必要としている人たちの生活を変える力になれる。
    「あなたがたの運命がどうなるかわからないが、ひとつだけわかっていることがある。あなたがたのなかでしあわせになれるのは、どうしたら人類に奉仕できるかを模索し、ついにそれを発見した人々だけである」byアルベルト・シュヴァイツァー

  • この作者の方は本当に素敵な方です。
    教えて下さったたくさんの事を、早速実践しながら生きていきたいと思います。

  • 自分だけの理事会を作るはぜひ実践しようと思う。今まで読んだ本の中から模範となる多くの人物を見出していくことは想像以上に楽しいこと。
    自省録や森の生活など多くの素晴らしい本をこの本に教えてもらった。

  • 東洋的な事物に触れながらも西洋的な考え方で満ちている、全般に感じるのは「許す」という信仰心

  • 好きな言葉

    ・世の中にあって、世の中の意見に生きるのはたやすい。一人の時、自分の意見に生きるのはたやすい。
    偉大な人間とは、群衆の中にあって、孤高を保てる人物である。
    ・全くするべきでないことを、能率的にする。これほど、無駄なことはない。
    ・日々の行動規範をつくること
    ・お金を使うときは感謝をする。
    ・幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ。ウィリアムジェイムズ

    ・もっと写真をとる。
    ・帰る前に、一度一息入れて、家に帰ってくる。
     いとしい人に一時的なつまらない疲れは見せない。

  • 自分の習慣を作る本です。さまざまな日常に起こる出来事をどう捕らえてどう行動するのか、が定義されています。もちろん全ては当てはまらないにしろ、ヒントはあります。

  • 中には役に立つものもあった。

  • なかなかの良書。

  • ビビッとくるフレーズがいくつかあって、思わずTwitterの下書きに保存

  • 良くある自己啓発本
    知識は行動に移してこそ力となる。と言う内容が為になった。
    具体的にどう行動するかの例が書いてあるので、変わりたいと思ってる人の参考にはなりそう。

全96件中 1 - 25件を表示

3週間続ければ一生が変わる〈ポケット版〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

3週間続ければ一生が変わる〈ポケット版〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする