料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える (DOJIN選書)

  • 132人登録
  • 3.79評価
    • (6)
    • (9)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 石川伸一
  • 化学同人 (2014年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759813593

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
池井戸 潤
又吉 直樹
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
トマ・ピケティ
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える (DOJIN選書)の感想・レビュー・書評

  • 藤原さんの言ってることが本当だった衝撃。芋けんぴも冷凍したら甘くなる。
    「プルースト効果」。
    マウスの遺伝子を破壊して無効化する実験を例にして、調理が社会からノックアウトされた時、人が料理を作る意義が現れるかもしれないという発想に共感。

  • 「おいしさ」とは何なのか、人が「おいしい」と感じる理由について、科学的に解説した本。味って感じ方が人それぞれでとても主観的なもののように見えて、実はものすごく科学的に理路整然と説明できるものなんだなと驚く。

    料理って実験みたいだなと思ったことのある人は多いと思うけど、この本を読むと改めて料理とは化学、物理、生物(さらに土壌などについて考えるなら地学も!)などなど科学なんだなあと思わされる。

    個人的には、高校の化学IIを勉強してるときにこの本と出会えたらもっと勉強が楽しくなっただろうなと思う。高分子は私にとっては面白い内容ではあったけど、料理とリンクさせて考えることができたら、もっと身近で楽しく感じながら勉強ができたかもしれない。

  • レストランの最新調理から身近な家ごはん、最新の調理方法や科学的分析方法など料理に関する様々な話題に触れてくれてて面白かった。科学と考えれば料理も興味が持てる。

  • 化学が好きなので、全般に面白い内容だった。
    料理を式によってモデル化出来るっていうのは驚いた。勿論、完全に表現できる訳ではなく、新たな料理法や食材の組合せの発見の為の1つのアプローチとして、という前提付きだったけど。
    「分子調理」が著者の専門テーマだけど、どうやら自分的には受入れ難いらしくって、「面白い内容なのに、読んでいて眠くなる」という困った状態だったので、星3つ。

  • 分子美食学について。Cooking for Geeks よりも読みやすくはあるが実用的ではない。
    やたらと学問的すぎて、むしろ、著者のブログの方が面白い。
    http://yashoku.hatenablog.com/

  • 題名の通り、料理の科学的分析だが、あくまで目的が「美味しくすること」であることから、無味乾燥ではなく、芳香漂う書籍となっている良書。エル・ブジ、分子ガストロノミーから始まり、脳科学的分析、分子化学的分析、料理・調理の科学、未来の美味しすぎる料理、と、話題は尽きない。
    たまに専門用語が続いて分かりにくいところもあるが、飛ばして十分楽しめると思う。

  • 想像以上に教科書ぽかった。栄養学の基礎的なところはすっ飛ばして、もっとhow-toな応用の具体例があれば、より興味深く読めたかなと思う、個人的には。

  • 料理の側面を科学的なアプローチから再構築している本著。

    飽食の時代において、食の分野を見直す意義は大きいと思います。
    歴史・文化・技術革新の中で食が新たな道を模索し、開拓していく姿を垣間見ることが出来ました。
    日本の食文化で、海外へ伝えている菊の井ー村田吉弘氏など 和食を始めとした食に通じるもので従来とは異なるものとの出会いや衝突をすることが新たな道に繋がると感じました。

    科学的な側面では、人口爆発から食料不足が考えられ、3Dプリンター・フラスコによる簡易食料を作る案など紹介されていました。
    遠くない未来で、食と科学の距離感がどのようになっていくのか気になります。

  • molecular gastronomyについてまともに紹介した日本語の本というのは、まあ伏木亨先生の本がそうだと言えばそうなんだが、一般向けの本としては初めて?くらいじゃないかしら。特に学問体系としての歴史、方向性までしっかりわかって面白い。
     ただ、思ったよりも化学系だったなあ。生化学と分子生物学がわかんないと、どうやら中身には近づけないのか。もうちょっと文化ネタ寄りの研究動向があればうれしかったが。

全12件中 1 - 12件を表示

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える (DOJIN選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える (DOJIN選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える (DOJIN選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える (DOJIN選書)の作品紹介

近年、物理学、化学、生物学、工学の知識を調理のプロセスに取り込み、これまでにない新しい料理を創造しようとする「分子調理」が注目されている。本書ではまず、分子調理の世界的な広がりの様子を眺め、料理と科学の幸運な出会いの場面を描く。そのうえで、おいしさを感じる人間の能力、おいしい料理を構成する成分、おいしい料理をつくる器具といった、料理と科学の親密な関係をひもとき、これらの知見を応用したときに生まれるであろう、「超料理」の可能性を考えていく。少しでもおいしい料理を実現するための、分子調理の世界へようこそ!

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える (DOJIN選書)はこんな本です

ツイートする