井上円了・妖怪学全集〈第1巻〉

  • 26人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 井上円了
制作 : 東洋大学井上円了記念学術センター 
  • 柏書房 (1999年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (709ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760117215

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
道尾 秀介
ジェイムズ・P・...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

井上円了・妖怪学全集〈第1巻〉の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

井上円了・妖怪学全集〈第1巻〉の作品紹介

明治中期から活躍した哲学者の先覚である、井上円了の問題関心が理論の分野からより現実へと発展し、そこから誕生したのが「妖怪学」の提唱であった。専門書の他に、多数の啓蒙書を著し、さらに社会教育として全国を巡回して講演するなかで、多くの大衆に語りかけた結果、「おばけ博士」や「妖怪博士」の愛称が生まれるほどの関心を社会的に作り出した。本書は井上円了の『妖怪学講義』全六冊のうち第一分冊(「緒言および総論」)と第二分冊(「理学部門および医学部門」)をまとめて一巻としたものである。

井上円了・妖怪学全集〈第1巻〉はこんな本です

ツイートする