久世光彦の世界―昭和の幻景

  • 16人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 川本 三郎  齋藤 愼爾 
  • 柏書房 (2007年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760130849

久世光彦の世界―昭和の幻景の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久世さんと夏彦さんの対談があったのに驚いた。
    鹿島茂さんとの対談も。
    鹿島さんとの対談は、お互いに好きなものをひたすら並べあっていて、楽しそうだった。
    それについて深く語るのではなく、記憶の中のものを虫干しにするように、とにかく取り出して並べる。こういうことをするのは楽しいよね。

    追悼文なんていらない、と思ったけれども、久世さんの書かれたものではなく、他の人の視点からの久世さんを知るのもおもしろいと、ものによっては感じられた。読んでいて、久世さんが亡くなったことを再認識してしまって、悲しくなる。

    この本のよい点は、対談などであげられていた詩や小説が、一部掲載されていること。
    いい構成だ。その本が読みたい!と思っても、手に入らない場合もあるし、その読みどころを語られた直後に、一番読みたくなるんだから。

全1件中 1 - 1件を表示

久世光彦の世界―昭和の幻景はこんな本です

ツイートする