図書館が教えてくれた発想法

  • 192人登録
  • 3.83評価
    • (17)
    • (28)
    • (22)
    • (2)
    • (1)
  • 45レビュー
著者 : 高田高史
  • 柏書房 (2007年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760132461

図書館が教えてくれた発想法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 以前、同じ著者の『図書館のプロが教える“調べるコツ”』(柏書房)を読んでわかりやすかったので、こちらも読んでみました。
    図書館初心者の彩乃ちゃんが、あかね市立図書館でアルバイトをしたひと夏を物語仕立てで綴っています。

    毎日図書館にいると、つい環境に慣れてしまって、利用者の視点を忘れてしまいそうになります。
    普段図書館を使わない人にとっては、図書館の数々のルールは馴染みがないものなのだということを、ちゃんと意識しておこうと思います。
    また、そんな図書館のルールを利用者にわかりやすく伝えるヒントを、本書の中でたくさん見つけることができました。
    新入生や高校生向けのオリエンテーションや図書館ツアーのときの説明に、上手く反映させたいです。

  • 3.7

  • 図書館での本の探し方を物語風にわかりやすく説明している。
    ものすごーーーくわかりやすい!!
    図書館スタッフ必携の本ではなかろうか。

    ただ表紙の絵がいまいち・・・印刷の色味が古くさい印象を与えてしまっているのが残念な。。。

  • 説明の仕方とかが、すごい勉強になった。調べ方のコツも復習になった。、購入したいな。

  • 前作よりヲタク度が減って何より。

  • 図書館での調査のやり方がわかる本。知りたいことをタダ検索するのでなく、あるジャンルを総合的に扱っている図書にあたる「広げる探し方」が参考になった。あとは分類番号からの類推、児童書の意外な価値など、図書感を使いこなす入門におすすめ。

  • あかね市立図書館シリーズがおもしろかったので、こちらも借りた。

    図書館で一夏の間アルバイトをすることになった彩乃ちゃんに、司書である伊予さんが、毎出勤日10分間ずつレファレンスのコツを教えるおはなし。

    おもしろい!
    そして、とっても読みやすい。
    ・目的に応じた使い方をする(資料を使い分ける)
    ・調べものはイメージ
    ・絞る発想法が基本
    ・広げる発想法が応用(より大きな分類を探してみる)
    ・本の並び方にはクセがある(離れていることがある)
    ・百科事典で手がかりを探す
    ・連想ゲームで観点を増やす
    ・歴史と民俗学は幅広く使える(○○史、衣食住)
    ・参考図書は便利
    ・情報にも旬がある(インターネット、ブーム中の資料・ブーム後の資料)
    ・児童書はわかりやすい
    ・雑誌記事も使える(〈雑誌記事索引〉)
    調べているときには、焦って忘れがちなことばかりだ。
    たしかに、調べもの一つ一つが勉強だと、最近感じる。
    楽しみながら調べものができたらいいな。
    最後のほうはあまり好きではないけれど、彩乃ちゃんがほんとうに司書志望だったら身につまされるから、これでいいのかも。
    絵が丁寧でかわいい。

  • 2014年5月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
    通常の配架場所: 開架図書(3階)
    請求記号: 015.2//Ta55

  • 司書という職業に興味があったのでこの本を読んでみました。書名と表紙から図書館を舞台にした小説家と思っていたのですが、まじめなエッセイでした。
    書籍の分類方法、検索方法、レファレンス・サービスなど、図書館の仕事がどんなものかよく分かります。
    こう書くとお堅いイメージがありますが、文章は主人公(?)の女の子の観点で日記風にまとめてあるため、身構えることなくすらすら読めます。
    この本を読んで、久々に図書館に行きたくなりました。

全45件中 1 - 10件を表示

高田高史の作品

図書館が教えてくれた発想法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館が教えてくれた発想法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館が教えてくれた発想法の作品紹介

だれでも納得するプロのコツ。インターネットの検索にも応用できる図書館流の調べ方。調べる学習の重要ポイントが手にとるようにわかります。

ツイートする