武女―乱世を生きた夫婦の絆

  • 10人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 杉山頴男
  • 柏書房 (2012年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760141166

武女―乱世を生きた夫婦の絆の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 乱世を生きた夫婦の絆~小野寺十内の丹・武田勝頼の北条夫人・織田信長の濃姫・明智光秀の煕子・細川忠興の玉子・前田利家のまつ・山内一豊の千代・上野隆徳の鶴姫・浅井長政の市・潮田又之丞のゆう・三村次郎左衛門のふく・浅野内匠頭の阿久理・大石内蔵助の理玖~書見台と書いて「しょみだい」と振り仮名を振る訳は? あちこち誤字脱字があって、読み辛くって、余計な説明が括弧書きであるし…。参考文献が一般書ばかりだし…、最低! ああ、読むのが辛かった。柏出版って自費出版の会社かと思ったら、そうじゃなくて新刊・古書の歴史書を扱う本屋だった。1946年生まれの週刊プロレス元編集長。大目付の秘書官??である浅田家の夫婦を狂言回しに、色々な歴史書に触れさせて、武家の妻女を語らせているんだけど、怪しさ満点!!! 特に市はねぇえ

  • 武士の妻らを主人公とした短編集。
    岡山・常山城の上野隆徳の妻・鶴姫も。
    なにもかも詰め込み過ぎた感あり。

    ◆◆
    {図書館}内容紹介 小野寺十内の妻・丹、織田信長の妻・濃姫、明智光秀の妻・煕子、大石内蔵助の妻・理玖…。戦国の世には、男を凌ぐ妻たちの戦法があった! 歴史ドラマに埋れていたサムライ・ウーマンの真の姿を再現。
    著者紹介 1946年静岡県生まれ。『週刊プロレス』『格闘技通信』創刊編集長。ベースボール・マガジン社退社後、杉山頴男事務所を設立して『武道通信』を創刊。著書に「サムライと日本刀」など。

全2件中 1 - 2件を表示

杉山頴男の作品

武女―乱世を生きた夫婦の絆を本棚に「読みたい」で登録しているひと

武女―乱世を生きた夫婦の絆を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

武女―乱世を生きた夫婦の絆を本棚に「積読」で登録しているひと

武女―乱世を生きた夫婦の絆の作品紹介

鮮やかに、したたかに。戦国の世には男を凌ぐ妻たちの戦法があった。歴史ドラマに埋もれていたサムライ・ウーマンの真の姿を見事なまでに再現する。

ツイートする