金持ちは、なぜ高いところに住むのか―近代都市はエレベーターが作った

  • 46人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Andreas Bernard  井上 周平  井上 みどり 
  • 柏書房 (2016年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760147113

金持ちは、なぜ高いところに住むのか―近代都市はエレベーターが作ったの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルはあまり関係ない。
    金持ちの生態を面白おかしく書かれた本ではない。
    エレベーターの社会学と言った感じ。
    エレベーター発生以前は2階が最も価値が高く、技術が安定してからは8階を基調として価値が決まるらしい。
    高層階に弱者が住むという階級との逆転の話。
    屋上の持つ秘密めいた感覚がエレベーターという閉鎖された空間に移される話。
    ボタンの発明による行為と結果の分断。
    それなりに面白いが、タイトルに騙された。

全2件中 1 - 2件を表示

アンドレアス・ベルナルトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイコブ ソー...
西 加奈子
村田 沙耶香
アンソニー・B・...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

金持ちは、なぜ高いところに住むのか―近代都市はエレベーターが作ったを本棚に「積読」で登録しているひと

金持ちは、なぜ高いところに住むのか―近代都市はエレベーターが作ったはこんな本です

ツイートする