パリのすてきなおじさん

  • 25人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 金井真紀
制作 : 広岡 裕児 
  • 柏書房 (2017年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760149117

パリのすてきなおじさんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  つい先日、中島京子著『ゴースト』を読んだところ。その中島京子が「推薦!!」と帯にあり、つい手に取ってしまった(笑)

     お手軽なイラストエッセイと思い読み始める。「おしゃれなおじさん」「アートなおじさん」。フムフム、なるほどパリっぽい。
     ”選おじさん眼”に自信の著者が選んだだけあって、一家言を持ったおじさんが並ぶ。
     「白と黒は補完し合う関係だ」と黒人系のピアニストは語る。 「2分考えればすむことを、みんな大袈裟に考えすぎ」とMUJIブランドを愛するシンプルを信条とするシャレ者や、ピカソを「嫌な奴だった」と述懐するアーティストは、芸術は経済に蹂躙されたと嘆息する。

     たった二週間で取材したとは思えない含蓄に富んだオジサンたちの人生訓が陳列されていく。

     やがて、「あそぶおじさん」の章で人生の真髄に迫り、「はたらくおじさん」「今を生きるおじさん」と進むにつれ、宗教や難民問題、昨今のテロや人種差別など、フランスという国家が抱える諸問題へと話が深まっていく。。。

     昨年(2016)見たフランス映画『奇跡の教室』で、ひとクラスに29もの民族がいるというかの国の実態に驚いたが、本書に登場する67人のおじさんも人種、国籍、経歴、職業、宗教が実にバラエティに富んでいるのだった。

     たまたま絵になる、フランスはパリのおじさんをモチーフに選んだのかもしれないが、今この渾沌とした世界の縮図とも言えるパリで敢行されたこの試みが、実に時宜を得て成功している気がする。
     2015年に起きたパリ同時多発テロの現場となったカフェにも足を運ぶ。女主人(ここだけは、おじさんじゃないのだけど)は、一旦は取材を拒否するが、やがてこう語る。

    「わたしたちは、生きることに決めたの。前を向くことに決めたの。そのためには忘れる時間が必要なの」

     ここ数年の間、2度足を運んだパリだが、また見る目が変わった気がする。人種、民族、文化、宗教・・・あらゆるものが百花繚乱。花の都の愛称は伊達じゃあない。

  • 人を通して街の姿を描いた一冊。

    様々な出自をもつ人々が集まる街で、皆それぞれ何を思って生きているのか。
    複雑な問題の間で揺れる現在のパリの様子が、おじさんたちの言葉から浮かび上がってくる。

    みんな違って、みんな居ていい。

全2件中 1 - 2件を表示

金井真紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

パリのすてきなおじさんはこんな本です

ツイートする