自分の感受性くらい

  • 695人登録
  • 4.06評価
    • (90)
    • (55)
    • (63)
    • (6)
    • (1)
  • 91レビュー
著者 : 茨木のり子
  • 花神社 (2005年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (93ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760218158

自分の感受性くらいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ぱさぱさに乾いてゆく心を
    ひとのせいにはするな
    みずから水やりを怠っておいて」

    学生時代の私は精神に少しよわいところがあったので、人文系の講義でこの詩にふれたときは、これはいい加減しゃんとせなならんな、とそれから一カ月間くらいは前向きに、自分の感受性と折り合いをつけながら過ごせたものでした。


    「気難しくなってきたのを
    友人のせいにはするな
    しなやかさを失ったのはどちらなのか」

    そもそも精神のよわいところというのが、ひとことで言えば暇に食べられた、とでも表現できる類の、学生によくあるものだったので語るのも恥ずかしいのですが、当時はやはり漠とした不安が四六時中、とくに寝る前には襲ってきたのです。


    「苛立つのを
    近親のせいにはするな
    なにもかも下手だったのはわたくし」

    思い返してみると、くだらない自意識のまちがった着地に過ぎないものです。今はそのような思考の迷路に入り込むことも、相手の気持ちを考え過ぎたために言葉を飲み込むこともありません。


    「初心消えかかるのを
    暮しのせいにはするな
    そもそもがひよわな志にすぎなかった」

    私はつまらない大人になりました。


    「駄目なことの一切を
    時代のせいにはするな
    わずかに光る尊厳の放棄」

    ときどき学生の頃の自分を懐かしんでは、けっきょく今の現状にも不平不満をみつけながら生活をしています。たとえば、こんな私がはじめてこの詩にふれたとしたら、あの頃のように、心をふるわせることができたのでしょうか。


    『自分の感受性くらい
    自分で守れ
    ばかものよ』

  • 心に切り込んでくる詩集。
    読了の今、ああくそ、やられた、といった心持。

  • 「自分の感受性くらい」は、いつの年令になっても、読んでみると自分を振り返らずにはいられなくしてくれる。そこがいい。

  • 表題の「自分の感受性くらい」に初めて出会った時の衝撃は忘れない。
    ずっと自分自身に問い続けていくべき言葉たち。

  • 最近読んでなかったなって時は大抵ろくなことになっていなくて
    自分を律する為にいつも頼り切ってしまってる本のひとつ。
    どうも詩を嗜む習慣がないのですが、このほんだけは別格。
    自分とちゃんと向き合って、人とちゃんと向き合いたい。そう思ったときに開くようにしています。

  • 学生時代、「広告批評」で「自分の感受性くらい」に出会いました。
    いつも心の片隅にあり、「ばかものよ」という声を意識しながら、生きていく規範ともなっています。

  • 何年かに一度読む。そのたびに背筋が伸びる。今住む町のうたがあることに気づいた。うれしい。

  • 今時にはちょっときついかな

  • 【170108 読了】

  • メディアライブラリー発行の図書館報で紹介された本です。
    【分類】911.56/I11
    文学のコーナーに並んでいます。

全91件中 1 - 10件を表示

茨木のり子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
茨木 のり子
川上 弘美
遠藤 周作
東野 圭吾
宮部 みゆき
村上 春樹
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

自分の感受性くらいを本棚に「読みたい」で登録しているひと

自分の感受性くらいの-

自分の感受性くらいの単行本

自分の感受性くらいの単行本

ツイートする