実録 サラリーマンの私にもできた!アパート・マンション経営

  • 54人登録
  • 3.13評価
    • (1)
    • (3)
    • (9)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 山田里志
  • かんき出版 (2003年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761261290

実録 サラリーマンの私にもできた!アパート・マンション経営の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2003.10.27
    ポイントポイントを押さえた構成になっている。
    この本の出版された時点では、そんなに魅力的なキャッシュフローではないが…。
    もう10年たっているので、どうかな?
    山田 里志 さんの名前は、他の不動産投資家さんの本でも出てきたような気がするので…。

  • まさに実録というイメージ。
    ストーリーのようになっていてすらすら読めるけどポイントはつかみづらい。

  • 山田里志先生が書いた最初の本です。

    最初に物件購入した時からのお話が載っております。

    別の本にも奥さんの理解を得るには?って事が書かれていましたが、この本にも(笑)

    「人は投資になると常識とは違った選択をする」って内容になっとくです。

    また融資を受けるために色々銀行を回られたみたいだが、自己資金0でもフルローンを受けるための努力、調査は勉強になった。


    一棟買いの時にもう一度読み直そうと思う。

  • 最近、賃貸住宅を相続する可能性が出てきたので勉強中。

    本書にただよう素人臭には、逆に好感が持てる。
    体験の時系列であり、体系的書ではないが、筆者の考えや行動の流れがわかって面白い。
    第1章は副収入の意義や早期リタイヤに関する記載で不要。「金持ち父さん」の影響が大きいように感じられる。
    ところどころよいこと(中古収益物件の現地チェックポイントや経費算入の例など)が書いてあり、自分が何か物件探そうと思ったらまた読んでもいいかも。
    ただし2003年現在の情報なので、その辺は考慮が必要。

    この手のアパマン経営書は巻末に提携不動産会社の投資物件(ワンルームマンション購入とかの紹介)があるとスゲー萎える。んなもん絶対に買うか。
    本書のようにその手の内容がないだけでプラス評価。

  • 実録もの。この人の場合は、親からの持家を貸すところから始めたため、最初の二軒でマイナスキャッシュフローになった失敗が埋め合わされたというラッキーな経過。でもあんまりその点に関する反省はないようだ。ちょっとおもしろかったのは、家族の反応。借入に対する不安感は本人にはなかったものの、家族の反対が大きく、この慰撫が大変だったとか。やはり家族で同じ価値観を共有することは重要だと思った。

  • 「目的は果実を収穫することではなく、果実を毎年実らせる木を育てること」ってのと「サラリーマンを続けながら」ってのが「金持ち父さん貧乏父さん」と「週末起業」とコンセプトがマッチしていて受け入れやすかった。その他に「わからないことを聞くとき誰にアドバイスを求めるか」とか、成功しない人の理由みたいな箇所もまあまあよかった。けど評価が是なのは、「いやでもこんな上手い具合にいかないって」な気分が拭い去れなかったから。

  • これもあまり内容覚えてない。

全7件中 1 - 7件を表示

山田里志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
デイル ドーテン
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

実録 サラリーマンの私にもできた!アパート・マンション経営を本棚に「読みたい」で登録しているひと

実録 サラリーマンの私にもできた!アパート・マンション経営を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

実録 サラリーマンの私にもできた!アパート・マンション経営を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

実録 サラリーマンの私にもできた!アパート・マンション経営を本棚に「積読」で登録しているひと

実録 サラリーマンの私にもできた!アパート・マンション経営はこんな本です

ツイートする