戦わない経営

  • 374人登録
  • 3.56評価
    • (34)
    • (40)
    • (68)
    • (13)
    • (3)
  • 44レビュー
著者 : 浜口隆則
  • かんき出版 (2007年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761264338

戦わない経営の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ビジネスの世界では、違いは価値になる。
    違いを磨こう。
    「変わってるねえ」は、
    いつかきっと、「すごいねえ」になるから。(p43)

    「人生で起こるすべてのことは、100%自分の責任」
    自分の人生をしっかりと受け入れると、
    神風が吹くようになる。(p77)

    やったことは、例え失敗しても、20年後には、笑い話にできる。
    しかし、やらなかったことは、20年後には、後悔するだけだ。-マーク・トゥエイン(p84)

  • 1時間あれば読み終わることのできるぐらい薄い本ですが、中身は本質的なことを言っています。

    よくある経営者の本の要約のようで
    誰にでも分かるようなやさしい言葉で書かれている。

    この本は大切に何度も読む価値がある本だなと感じました。
    経営学に興味なんてなくても何より「ことば」に癒されます。

    僕は「小さな会社が簡単に一番になれるコツ」の章がとても印象に残りました。

  • 仕事に関して行きづまったときに、読み返すといい本です。
    心に訴えかけてくる内容なので、ビジネスのヒントなどをもらうために読む本ではありません。

  • 平易な言葉で起業を目指す人の背中を押す本。ガツガツしてるスタートアップというより、ホントに少しの一歩目を考える人向け。

    前半はマインドなので、後半のシンプルなフレームワークが役に立つ。ホワイトスペースを探すフレームワーク。

  • 戦わない経営について知りたくて読書。

    エッセイ風にまとめられているので読みやすい。

    競争がないニッチな分野を見つけて勝負する。顧客をファンにする。

    そのためには常に考えることで、強みを生かせるニッチな市場を探す。そんなヒントを得ることができる。

    読書時間:約25分

  • 短時間でさっと読める一冊。
    小さな会社が生きていくための戦略等が参考になった。

  • 図書館の「倫理・宗教」のコーナーに属していたが、読了後納得した。

    人生における仕事の位置付け、幸せとのつながりについて起業・経営という

    切り口で書かれたある種の哲学書。

    簡潔さと、クレドベースの明快な構成が他の自己啓発本と一線を画する。

  • 読了。
    起業支援起業家の浜口隆則氏の著書。起業家、経営者へのメッセージが格言のように記してある。
    多くのビジネス書で説いてあるような内容だが、それが一冊にまとまっていて、堅苦しくない言葉で書いてあるのがよい。迷ったら立ち止まり、読み返したくなる本。

  • シンプルでとてもかわいいビジネス書。
    がっつりした戦略とかが書かれている本を読んでから読むととても新鮮。

    必要な部分だけ書いてあって 心に残る。

    借り物で読んだからお金貯まったら買おうかな。

  • ・まず自分らしさを発揮できる場所を見つける。
    場所が見つかったら「ここは私の場所」だと宣言する。
    そして、その場所で、ミッションを意識しながら仕事をする。
    ・競合相手のいない場所を探すには、ビジネスのポジショニングマップを作成し、「真っ白な場所」を探す。

全44件中 1 - 10件を表示

浜口隆則の作品

戦わない経営を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

戦わない経営を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戦わない経営のKindle版

ツイートする