手にとるようにNLPがわかる本

  • 524人登録
  • 3.54評価
    • (16)
    • (55)
    • (56)
    • (10)
    • (1)
  • 59レビュー
著者 : 加藤聖龍
  • かんき出版 (2009年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761266226

手にとるようにNLPがわかる本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 手にとるようにNLPがわかる本

    著者:加藤聖龍


    NLPという言葉を皆さまはご存知だろうか?
    「実践的コミュニケーション心理学」の事を言うらしい。

    Nというのは「ニューロ」脳の働きや五感事を言う。
    Lというのは「リングイスティック」言語の事を言う。
    Pというのは「プログラミング」の事を言う。

    要は、五感と言語による体験が脳のプログラムを作り行動を決定づける。
    このプロセスに着目し結果をより望ましいものに変え、自分の力を発揮出来る状態に
    持っていく為に考え出されたものという事です。


    本書は脳の仕組みや特徴について書かれる事から始まっており言語の特徴、
    言語を使ってのコミュニケーションや相手によって受け取り方が違う理由や性質など
    いくつかのパターンに分ける事が出来る分類方法が書かれている。


    脳は勘違いやさんであり、「現実」と「想像」の世界を区別する事が出来ず、
    それによる弊害や、それを使って脳を騙してより良い方向に向かう手立てを教えてくれる。

    また、脳は否定形(〜してはいけない)を理解出来ないが故に否定形は効果がないばかりか
    駄目という事をやってしまう。
    脳に「失敗」という二文字はなく、やってはいけない事をやったという「成功」しかない
    という概念は面白く感じられた。
    (脳科学の本にはよく書かれているが)


    あと私が凄く気になった事の一つに「リフレーミング」という言葉がある。
    この「リフレーミング」というのは、特定の行動に対して、その視点や枠組みを変える事を言う。

    例えば、「優柔不断だわ」という方がいるとすると「きちんと物事を考えて、慎重に決めているね」と
    考え方をかえ声をかけてあげたりする。

    「太っている」という方には「貫禄があるね」とか「頼り甲斐があるね」という風である。

    よくポジティブシンシンキングと混同されるが、発想が違う点がポイントである。
    ポジティブシンキングというのはネガティブな物事を「単に否定」したり「覆い隠す」「無視する」
    といった考えになりがちだという。

    順にいえば根拠がなくても「俺はできる」だったり、「できなくでも、まっいいか」といった具合である。


    よりよい変化を望める視点や枠組みを探して活かせるというのが「リフレーミング」と強みである。


    このほかにも様々な知見が多く書かれており非常に勉強になる。
    後半は少し専門的で難しくなるが、それ以外でも十分楽しめると思う。

    理論的に書かれているので、精神論ばかり書かれている事が多い自己啓発本とは違っているので
    そういうのを敬遠されている方にとっても読んでみても良いかもしれません。
    http://blog.livedoor.jp/book_dokushonikki/

  • いろいろな技法がのっているので、辞書のように手元において時々に応じて活用するタイプの本。あれこれ沢山つまっているので、いちどに全部習得するのは難しいし現実的ではない。個人的な体験は載っていないので、ハッと心にダイレクトに呼び起こすものがある構成ではない。

  •  NLP(神経言語プログラミング)にはたくさんの考え方やスキルがあります。
     著者は、その基本にあるものは「幸福で、成功した人間になるために必要なステップを見つけるテクノロジー」だと指摘しています。
     本書は、シンプルでパワフルなNLPのエッセンスをギュッと詰め込み、やさしく解説した一冊です。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=4142

  • 2013/10/14-20

  • NLPとは、「五感と言語による体験が脳のプログラムを作り、行動を決定づける」とし、プログラムそのものを書き換えることで結果を望ましいものへと変化させることを目的とした技術です。
    効果を実証するには不十分な経験的証拠しかないために疑似科学であると批判を受けていますが、その点については言及されていません。
    しかし、コミュニケーション能力不足を痛感し「溺れる者は藁をもつかむ」心境にある私にとってこの本は参考になる記述が多くありました。
    特に「コミュニケーションの意味は、受け取る反応にある」こと。なぜ今まで気付かなかった(あるいは忘れていた)のだろうか…。
    「非言語」の重要性は認識していた為、言語を介した「非言語」情報の記述が多かった点は少し残念。

  • コミュニケーションをする上で必要

  • 「失敗」を「成功したと」する考え方の転換。
    言葉選び。
    脳をだます。
    過去現在未来の自分を見る。
    人には、「視覚型」「聴覚型」「感覚型」の3種類があり、言葉や思考に特徴がある。
    アンカーによる感情のコントロール。

  • NLPの概要がわかりました。

  • Natural Language Processing( 自然言語処理 )ではなく、Neuro-Linguistic Programming(神経言語プログラミングの本)。およそ普通の心理学の本だった。

    前半は、相手ありきで、自分の意図をどう伝えるか、相手の意図をどう理解するか、が軸となった話。後半は一転して、自分一人、マイナスな意識を変えるため自己暗示をかけるような話で、ちょっと付いて行けなかった感が。

  • 大勢の人の前で、もっとうまく話せたらいいのに。
    そんなきっかけで本を探しているときにNLPというものを知り、学んでみようと思い手にとった本。
    ある種の自己暗示をかけ、自分自身、自分の脳ミソに潜在意識レベルで「自分はできる」と思い込ませる方法が学べます。
    ホントに効果があるの??っと思う方法もあるのですが、まずは実践してみようと思います。
    純粋な方であれば、すぐに効果が現れるのではないでしょうか。

全59件中 1 - 10件を表示

加藤聖龍の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
松下 幸之助
トニー・ブザン
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

手にとるようにNLPがわかる本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

手にとるようにNLPがわかる本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

手にとるようにNLPがわかる本を本棚に「積読」で登録しているひと

手にとるようにNLPがわかる本の作品紹介

NLPは人生を彩る"キャンディーボックス"。過去のトラウマ、現在の不安、将来への迷い…。ポンッと口にふくめば、気分はうそのように晴れます。

手にとるようにNLPがわかる本のKindle版

ツイートする