幸せなスピリーマン

  • 54人登録
  • 3.28評価
    • (2)
    • (5)
    • (8)
    • (2)
    • (1)
  • 10レビュー
  • かんき出版 (2011年5月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761267490

幸せなスピリーマンの感想・レビュー・書評

  • 他の著書・『センタリング』が良かったことと、関西の方なので興味を持って買ってみました。
    けっこう面白かったです。

  •  精神世界(スピリチュアリズム)にも通じている経営コンサルタント・はづき虹映氏が、自身がその世界に興味を持ち始めてから現在に至るまでの過程を赤裸々に漫画化してもらった、語るも恥ずかし(?)・聞くも恥ずかし(!?)・読むも恥ずかし(!!?)、精神世界体験エッセイ。
     描かれているのは自身の体験談のみに限定されており、「なんか簡単にできる実践法」が載っているわけではないので、その点は注意。

  •  漫画だったので気になって立ち読み。
     まあ、あんまり胡散臭くなさすぎるし、漫画だからおもしろい。
     フェロモンの噺には笑いましたがww

  • 立ち読み。ぐりさんのマンガがベリーマッチ。ご本人もこれを読んでからお会いすると、ちょっとおもしろかったです。

  • 「フツーのサラリーマンがスピリチュアルに目覚めたら」というサブタイトルです。スピリチュアルでそこそこ有名なはづき虹栄さんの原作です。
    私はスピリチュアルというものに全く興味がなく、むしろ嫌悪感すら感じるのですがマンガということもあって読んでしましました。
    結果、結構まともなアプローチでそんなに胡散臭さは感じませんでした。参考にしたい部分もいくつかありました。
    陰毛を引っ張るとフェロモンが出るそうです。これはすぐにでもやってみます。

  • 人生観が変わる大きな出来事がある。
    身近な人の死だったり、思わぬ自然災害だったり。
    不思議なめぐり合わせ、メンターとの死別、実話としているのだから、
    その通りだと思うが、ギャグ漫画のためかピンとこなかった。
    まとめると『災害で 出会い見つけた 別の道』といったところでしょうか?

  • 2017/6/25読了

    うさんくさい
    この一言に尽きます。

  • 初はづき先生。ほかの本も読んでみたい。

  • 著書累計100万部突破のスピ系著者が贈る、初のスピリチュアル・ギャグコミックエッセイ! フツーのサラリーマンが、阪神大震災をきっかけに踏み入れたスピの世界は、面白く、怪しく、そして深かった。なるほど~&爆笑で学べるスピリチュアルの世界。
    退行催眠の衝撃、誘導瞑想って何、レイキ・ヒーリングの習得、異性にモテモテ!フェロモンの秘法、驚愕のヒーラーとの出会い……、すべて著者が体験した実話です。

全10件中 1 - 10件を表示

幸せなスピリーマンを本棚に「読みたい」で登録しているひと

幸せなスピリーマンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幸せなスピリーマンを本棚に「積読」で登録しているひと

幸せなスピリーマンのKindle版

ツイートする