金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術

  • 521人登録
  • 3.45評価
    • (22)
    • (57)
    • (61)
    • (14)
    • (7)
  • 79レビュー
著者 : 竹川美奈子
  • かんき出版 (2013年1月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761268848

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
佐々木 圭一
伊賀 泰代
クリス・アンダー...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術の感想・レビュー・書評

  • 後田凉氏の本に勧められていたので読んでみた。
    公的年金だけでは豊かな老後は望めないので対策が必要。金融機関が勧める商品はリスクがあり、そのまま買う必要はなく、確定拠出年金の方がよりメリットが大きい。という内容。金融機関と投信商品の選び方、国民年金基金との比較、年齢に応じた配分の変え方などが参考になった。基本的に押さえるべきことが、分かりやすく書いてある。

  • 投資信託の分配金のものは良くないことがわかった

  • いわゆる確定拠出をうまく利用するということ。これまでは対象外であったので、制度が変わってようやく役に立つかなと思う。

  • 個人型確定拠出型年金について書かれた本。
    何それって感じで読み始めたけど、なるほど凄いものがあったんだな!何故誰も教えてくれなかったんだと憤りを感じた。中小企業では大企業では制度としてある401kといわれる企業年金が無いことが多い。その為、現在の年金にプラスして自営業者等のためのしくみであり、会社員の場合は、最大月23000円まで拠出可能だ。

  • 年利15%とうたっているが、
    要は確定拠出年金制度の解説本です。

    DC制度の税金優遇や投信商品の信託報酬手数料が少ないことなど、理解している人であれば読む必要はないと考えます。

  • 確定拠出年金について書かれた本。タイトルの年利15%とは、確定拠出年金による節税効果をリターンとして捉えた場合のことで、正確な表現ではない。

    運用益非課税等はNISAと変わらないが、掛け金が所得控除される点が個人型確定拠出年金のメリット。企業型DCに加入中であり現在は利用できないが、マッチング拠出が導入されたら積極的に利用したい。

  • そもそも確定拠出年金についての本と解っていたので、問題なくほしい情報を得られたが、タイトルには一切確定拠出年金と記載されていないので、誤って購入する人も多いのでは?

    ちょうどフリーランスで68000円/月ずつ積み立てることができる立場の僕は目からうろこの内容でした。
    税金が高すぎるのでなんとか節税をしたいと検討していたので、節税効率は高い確定拠出年金はお得。

    ただ、受け取りは60歳以上からという唯一のデメリットが意外と大きく感じた。

    自分が受け取ることになるのは2040年ちかく。
    この大激動の時代に2040年日本でなにが起きているのか全く予想できないし、そんな未来の時まで下ろせないお金というのも若干心配になってくる。

    また、取扱い金融機関について。
    スルガ銀行とSBI証券が条件を満たしていれば手数料無料でお得だが、この確定拠出年金のために口座を申し込んでよいのかどうなのか。

    自分のメインバンクでも取り扱ってはいるのだが、手数雨量が月300円ほどかかる。微々たるものだがこれから300ヶ月ほど支払うとなると9万円の出費。
    細かいがその辺りのシミュレーションも記載してくれると嬉しかった。

    ただ、金融機関や金額はともあれ、本書を読んで確定拠出年金での積立は行うことに決めた。
    金融機関がセールスにつながらない商品なので窓口では教えてくれないこのサービスについて細かく説明されている事は何よりもの収穫。

    願わくは自分がフリーランスになった8年前から知っておきたかった…。

  •  確定拠出年金についての説明がほとんど。しかも、会社の確定拠出年金に入っている人は、あらたに個人では入れないとのことで、ほとんど訳に立たなかった。

  • なんだ401Kじゃないっすか。
    公務員と専業主婦はまだ関係ないからな〜。個人的に★

    60歳まで解約不能なのがリスクで利点ですよね。毎月分配型も今は好調ですから、程々にやる分にはトライする価値は充分にあると思います。税制控除は忘れがちですが、換算すれば確かに15%程度になるのだろうと納得。

    導入確定されたら【最新版】で読みたいです!

  • 竹川さんの本は読者の立場に立ってくれているのでとても良心的。
    逆に証券会社や、金融機関の息がかかったマネー誌はやりにくいと思う。

    以下はメモ。

    ・「個人年金保険」は絶対にやめましょう。
     特に「変額個人年金保険」はおすすめできない。
    ・「定額個人年金保険」もおすすめできない。
    ・「毎月分配型の投資信託は買うな!」は業界の常識。
    ・「確定拠出年金」は良い。
     英語で“Defined Contribution Plan”の略で「DC」ともいう。
     「毎月掛け金を払うとき」「運用しているとき」「受け取るとき」に税金控除でメリットあり。

  • 個人型確定拠出年金に対する考え方が整理できた。他の金融資産と合わせて、全体でポートフォリオを組むこと

  • タイトルは胡散臭いですが、節税しながら投資ができる確定拠出年金制度の本です。
    国民年金基金連合会という組織に手数料を払う必要がありますが投資額の15%ほどは税金分で実質的には増やすことができる。
    執筆段階では0.4%しか制度を利用していない。


    2017年から利用範囲が拡大するようなので ますます使いやすくなるようなので読んでおいて為になりました。
    今は拠出額の全額控除ですが今後の日本の状況次第では様々な税の優遇策が縮小しそうな気がします。
    「貯蓄から投資へ」
    「自己責任」

  • タイトルを見て、そんなわけないと思って馬鹿にして読んでみたけど、とても勉強になった。
    税の面で大きな優遇を受けられる個人型確定拠出年金の話。
    もっと早く出会いたかった本。
    急いで勉強しなければ。

  • 個人型確定拠出年金のお話。
    こんなに良い商品が世の中に知られていないのは、著者が言う通り、証券会社や国にとってはメリットが少ないからだろうか。。
    確実な商品ではないだろうけれど、一考の価値は十分あるものだと思った、

  • 確定拠出年金の優れた節税効果で年利15%の運用をするとの内容。
    私は公務員で、個人型確定拠出年金を利用できないが、節税効果、手数料を含めて資産運用を考える必要を教えてくれる。運用初心者が読むべき良書です。

  • 確定拠出年金はかなりお得。
    ニッセイの個人年金を減らそう

  • 年利15%に惹かれて読んだ。確定拠出年金に関する本で、確定拠出年金は運用益が非課税で、投資信託にかかる手数料が低い。そもそも加入できるか調べるところから始めたい。

  • 個人型確定拠出年金について。
    老後の資金対策と節税対策。

  • 個人的確定拠出年金について。
    老後資金は長く少しずつ貯める。

  • 確定拠出年金はいいよね。大事。

  • 分かりやすい確定拠出年金の指南書。

    また迷ったら読もう。

  • 年利15%とタイトルに惹かれましたが
    内容は個人型確定拠出年金について。

    初めてでもとてもわかりやすく、目から鱗です。
    今後税金や年金が減っていく中、ただ利率だけみて増やすのではなく、いかに税金面や控除に目を向けて持っていかれるほうを少なくするという考え方。

全79件中 1 - 25件を表示

竹川美奈子の作品一覧

竹川美奈子の作品ランキング・新刊情報

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術を本棚に「積読」で登録しているひと

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術の作品紹介

「公的年金、将来ちゃんと受け取れるのか不安です」
「老後にいくらあったら、生活していけるのでしょうか」

私(筆者)はこうした悩みをよく聞きます。
ただし、不安だけを抱えて、正しい知識がないまま、
金融機関の窓口に足を運ぶことはおすすめしません。
そうした不安につけこんで、
私たちがまったく得をしない商品をすすめてくるからです。
その結果、よくわからないままに、
ダメな商品を買ってしまったという例は後を絶ちません。

実は金融機関が教えてくれない、
そして金融のプロがこっそり活用している制度があるのです。
もちろん合法で、国が法律で定めたれっきとした制度。
それが本書でご説明する「確定拠出年金」という制度です。

そこで私は、日本で老後に向けた資産づくりに
最も適していると考える確定拠出年金制度を
最大限活用する方法について、
本書を通じて読者の皆さんにお伝えすることにしました。

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術に関連するサイト

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術はこんな本です

ツイートする