ドイツ・縮小時代の都市デザイン

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 服部圭郎
  • 学芸出版社 (2016年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761526207

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン ワ...
トーマス・H・ダ...
菅付雅信
ベン・ホロウィッ...
エベネザー・ハワ...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

ドイツ・縮小時代の都市デザインの感想・レビュー・書評

  • 系推薦図書 5系(建築・都市システム学系)
    【配架場所】 図・2F開架 
    【請求記号】 518.8||HA

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=177546

  • 世界の都市再生の事例を長年研究してきた著者が、人口の減少や産業の衰退が進んだドイツの複数都市(特に旧東独)における、縮小都市政策を整理している。日本とドイツの背景の相違など、マクロな視点での分析ののちに、各都市の個別の取り組みがまとめられており、縮小都市の研究をする学生だけでなく、今後の日本の都市を考える上で読んでおきたい一冊。(都市工学専攻)

    配架場所:工14号館図書室
    請求記号:CG:H

    ◆東京大学附属図書館の所蔵情報はこちら
    https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2003316485&opkey=B147736478103322&start=1&totalnum=1&listnum=0&place=&list_disp=20&list_sort=6&cmode=0&chk_st=0&check=0

  • 旧東ドイツの人口減少要因
    政治的理由=統合の際に、ブタペスト、プラハ、ワルシャワに移転した。
    経済的理由=市場経済への移行で、工業が衰退し仕事がなくなった。

    ドイツのFプラン=土地利用計画=拡大を前提とした計画=人口の減少にもかかわらず、郊外化が進展。

    アイゼンヒュッテンシュタット=ドイツ最初の社会主義の都市=スターリンシュタットと命名された時期もある。製鉄の町。

    デッサウ=バウハウスのある工業都市。バウハウスによる提案=都市の鳥=中心部に集約せず、いくつかの活力ある地域に集約し、余った土地は緑化する。

    コットブス

    ライネフェルデ=縮小都市の優等生=建物撤去だけでなく残す建物の再生化。都市を活かす改造。

    シュヴェリーン

    ホイヤスヴェルダ

    ライプチヒ=バッハが音楽監督をしたトーマス協会、メンデルスゾーン、ワーグナーなど。ライプチヒ大学=ゲーテ、ニーチェ、メルケル首相
    統一と同時に投資が行われた。その後縮小に。

    ルール地方

    人口の減少よりも、人口密度の減少が大きい。
    人口減少はプラスの外部経済効果はない。そのため、行政の主導が必要。

    和歌山市の都心部の希薄化。それに対して富山市、青森市のコンパクトシティー化。市街地の無秩序な拡大を規制する。
    市場への介入=建物の撤去、減築が必要。市場経済では解決しない。

    逆線引への抵抗。ドイツでは、土地が公有化されていた。

    移民の効果。
    地方からの人口集積に頼ることなく、人口が増加=都市の活性化。ドイツの都市再生は移民なくしては実現しない。ライプチヒの例。

全3件中 1 - 3件を表示

ドイツ・縮小時代の都市デザインの作品紹介

産業の衰退と失業率の増加、人口の流出が著しいドイツの地方都市は、空き家の増加や都市環境の悪化に、縮小を前提とした都市政策で対応してきた。建物の保全改修と減築・撤去、アイデンティティの再構築など学ぶべき指針を探る。

ドイツ・縮小時代の都市デザインはこんな本です

ツイートする