非日常性の社会学 (早稲田社会学ブックレット―社会学のポテンシャル)

  • 10人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 山田真茂留
  • 学文社 (2010年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (131ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762018060

非日常性の社会学 (早稲田社会学ブックレット―社会学のポテンシャル)の感想・レビュー・書評

  • 日常性=非日常性という二極こそは、多くの人々が日々の生活において普通に感得することのできるきわめて根本的な分節に違いない。
    世俗化の問題に対応することができ、制度的、組織的な宗教が衰退した時代、地域でも有効な視覚だということ。
    世俗社会が宗教的な支えをあまり必要としなくなってきたということは現代社会の諸集団、諸組織、諸制度は自身を政党化する能力を身につけたということを意味するのだろうか。それとも他に何らかの正当化根拠に頼っているということなのか。

全2件中 1 - 2件を表示

非日常性の社会学 (早稲田社会学ブックレット―社会学のポテンシャル)を本棚に登録しているひと

非日常性の社会学 (早稲田社会学ブックレット―社会学のポテンシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

非日常性の社会学 (早稲田社会学ブックレット―社会学のポテンシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

非日常性の社会学 (早稲田社会学ブックレット―社会学のポテンシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

非日常性の社会学 (早稲田社会学ブックレット―社会学のポテンシャル)はこんな本です

ツイートする