場所としての図書館・空間としての図書館:日本、アメリカ、ヨーロッパを見て歩く

  • 37人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 根本彰
  • 学文社 (2015年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762025266

場所としての図書館・空間としての図書館:日本、アメリカ、ヨーロッパを見て歩くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【配置場所】工大特集コーナー【請求記号】012||N

    【資料ID】91150696

  • 図書館のグラビアが美しい。(まさしく)欧米の図書館建築を概観するなら。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:012//N64

全3件中 1 - 3件を表示

根本彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アレックス・ジョ...
田口 幹人
大串 夏身
有効な右矢印 無効な右矢印

場所としての図書館・空間としての図書館:日本、アメリカ、ヨーロッパを見て歩くを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

場所としての図書館・空間としての図書館:日本、アメリカ、ヨーロッパを見て歩くを本棚に「積読」で登録しているひと

場所としての図書館・空間としての図書館:日本、アメリカ、ヨーロッパを見て歩くはこんな本です

ツイートする