カフェインの科学―コーヒー、茶、チョコレートの薬理作用

  • 26人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 栗原久
  • 学会出版センター (2004年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762230271

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カフェインの科学―コーヒー、茶、チョコレートの薬理作用の感想・レビュー・書評

全4件中 1 - 4件を表示

カフェインの科学―コーヒー、茶、チョコレートの薬理作用に関連する談話室の質問

カフェインの科学―コーヒー、茶、チョコレートの薬理作用の作品紹介

人は長年にわたって、さまざまな植物を生活の中で利用してきた。そうした中で、特定の植物を食べたり煎じて飲んだとき、いつもと異なる気分の変化を体験したことがあったはずである。このような植物は、生きるために食べるという目的から離れて次第に神聖化され、シャーマンや族長が執り行なう儀式の重要な道具として使用されることになり、文明の発達および生産性の向上とともに、日常生活の質の改善、社会体制の維持、あるいは単に気分転換を目的に利用されてきた。そして、世界レベルで最終的に残り、嗜好品として日常生活で使用されてきたものがコーヒーや茶などであり、それらの主成分であるカフェインとその類似化合物(コーヒー、茶、チョコレート)、ニコチン(タバコ)およびエタノール(酒)であった。本書では、最近の科学的知見に基づいて、これらの精神薬理作用について紹介し、その功罪を考える。

ツイートする