じょうずな勉強法―こうすれば好きになる (心理学ジュニアライブラリ)

  • 75人登録
  • 3.59評価
    • (5)
    • (3)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 麻柄啓一
  • 北大路書房 (2002年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762822780

じょうずな勉強法―こうすれば好きになる (心理学ジュニアライブラリ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  教育心理学者という立場から、学生にもわかりやすく勉強法を示した本です。
    この本の重要な点はこの3つです。
    1.理解をすること
    2.記憶する際には、既存の知識と結びつけて覚えること
    3.失敗をすることで印象に残り、疑問を産み勉強が楽しくなるということ

     1について例をあげてみましょう。下に記した歴史の出来事を年代順に並べ替えてみてください。
       A.墾田永年私財法 B.三世一身の法 C.荘園の成立 D.班田収授の法

     正解はD→B→A→Cです。年号で覚えた人は一個でも忘れてしまうと解けなかったりしたと思います。
     それでは著者は年号暗記ではなくどのような勉強の仕方が良いと考えたのでしょうか?それは、できごとのつながりを捉えるというものです。

    D「班田収授の法によって、人は生まれたら国から口分田をもらい米を作った。
      死んだ後は口分田を国に返した」
                      ↓
    B「ところが人口が増えて田んぼが不足した。そこで朝廷は開墾を奨励して開墾した
      土地は三代に限り私有を認めた」
                      ↓
    A「しかし、それでも不足したので、開墾を奨励するために、開墾した土地は永久に
      私有地として認めた」
                      ↓
    C「その結果、貴族や寺社はたくさんの私有地をもつに至った。これが荘園だ」

     どうですか?かなりわかりやすいのではないでしょうか?私もこれを見たときには目から鱗でした。コツ2や3の例もたくさんあり楽しく読める本でした。


     

  • なにかと結びつけて考えることが勉強。勉強の面白さを伝えるための本でした。

  • 4/16-17

  • この本を読むみなさんにはじめに話しておきたいこと。
    基礎編(記憶の実験から見えてくるものは;知識を結びつけることが大切なのだ;学習観の大切さ)発展編(わかり方の筋道―矛盾を乗りこえる;知識は使うための道具なのだ;誤った知識とそこからの脱出)最後のメッセージ「日記」を作るつもりで勉強するといいのだよ

    事柄と事柄を関連付けて覚えることが大切だということには終始納得し通しでした。
    が、その通りにテスト勉強をしてみたら、見事に脱線してしまって自分には合わない勉強法だなーと思いました。

  • わかる仕組みについて書かれてます。
    この本も大学の現役の先生が高校生向きにかかれた本なので、オススメです。

  • この心理学ジュニアライブラリシリーズは面白い!!!
    親はぜったい読むべき、先生だって読むべき。

全6件中 1 - 6件を表示

麻柄啓一の作品

じょうずな勉強法―こうすれば好きになる (心理学ジュニアライブラリ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

じょうずな勉強法―こうすれば好きになる (心理学ジュニアライブラリ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

じょうずな勉強法―こうすれば好きになる (心理学ジュニアライブラリ)を本棚に「積読」で登録しているひと

じょうずな勉強法―こうすれば好きになる (心理学ジュニアライブラリ)の作品紹介

多くの中高生はテストの前に「たくさんのことを簡単に覚える方法があればよいのになあ」とか「勉強がもっとおもしろければよいのになあ」とため息をついたことがあることだろう。この本はそのような人たちにこそ読んでもらいたい。本書を通して,勉強について新しい発見ができ,勉強についての見方が変わるだろう。

じょうずな勉強法―こうすれば好きになる (心理学ジュニアライブラリ)はこんな本です

ツイートする