臨床心理学における科学と疑似科学

  • 16人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : スコット・O. リリエンフェルド  ジェフェリー・M. ロー  スティーブン・J. リン  Steven Jay Lynn  Jeffrey M. Lohr  Scott O. Lilienfeld  厳島 行雄  横田 正夫  齋藤 雅英 
  • 北大路書房 (2007年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762825750

臨床心理学における科学と疑似科学の感想・レビュー・書評

  • サイモンシンの代替医療のトリックの、心理学版があったら楽しいですよね?
    ちなみにアメリカで一番使われる査定はウェクスラーですが、日本ではロールシャッハらしいですよ(^O^)/ビバ、ロールシャッハ(^O^)/リリエンフェルドを読むと、そんな、気持ちが一気に覚めます(^O^)/

  • 大学院授業で使用。企画はいいのだけど,背後にある科学哲学が古い。翻訳があまり良くない。


    <第2章 臨床家が疑似科学的手法を用いる理由:臨床的な判断に関する研究からの知見>
    アセスメントには思い込みの要素がかなり入り込んでくる可能性が高いが,わりと一般的なバイアスによるものが大きいために,臨床経験が少なくても似通った判断になるという。経験が関係するのは,その場への慣れ具合程度のものなのだろう。昔から思うことだけど,臨床分野にかかわらずどんな分野でも,経験主義ではなくて求道的である方がいい。経験主義は上の人間が偉そうぶる構造になるから。政党なんかその典型かも。

    *****
    …臨床経験の長さは,最新の訓練を受けていないことの大体にはならないことになる。(p.17)

    …アセスメント法や治療介入法が実証研究によって支持されているかを知るために,臨床家はそのような研究に関する文献に精通しておくべきである。(p.29)
    *****


    <第3章 論争の的になる疑わしい査定技法>
    「そんだけ言うなら,証明責任を果たしなさい!」ということをいくつかの疑わしい方法を挙げて論じている。ロールシャッハはうちの院生も勉強中のようで,この章でケチョンケチョンに言われることをあまり気分よく思っていないようだった。それをどれだけ真摯に受け止め,科学的な対応をするかで結果が違ってくる。インクの染みを見て何かが「見える」のは,ある側面では知覚の働きによるものであるのだろうから(ギブソンもそんなことに触れている),全く非科学的だとするにも無理がある。認知との兼ね合いでの理論化を目指せば,何らかの打開策は現れるのではないか。「既存=完成されたもの」などと鵜呑みしないで研究すればいいのです。


    <第5章 解離性同一性障害:多重人格と複雑な論争>
    歴史的には,20世紀初頭には少なかった報告数が後期になると増大し,しかも交代人格の数も増え,幼児虐待経験の随伴を訴える報告が増える。自伝的記憶の欠落についての自己報告は「はい」と応えることになることが殆どであるため,その解釈は慎重にすべきである。また,各人格は相互独立なのか,単なる変位形なのか,その共存の仕方は未解決である。解離性同一性障害で問われるべきはその実在ではなく病因である。医原性が原因であることもあるが,概ねそれ以外の社会認知的要因である可能性が高い。第10章よりも訳の工夫が見られる。

    *****
     …,心的外傷後モデルの支持者のなかには,これらの知見は心的外傷後モデルとも合致しうると主張するものもいる。…,この主張は,これらの交代人格に関する独立した証拠がなければ,心的外傷後モデルの反証可能性に関する問題を生み出す。つまり,もし交代人格の数が治療を通じて減少するかもしくは一定にとどまれば,治療による解離性同一性障害の改善もしくは潜在的な悪化を食い止めたとの考えを心的外傷後モデルの支持者は主張できる。対照的に,交代人格の数がセラピーを通じて増加するという結果は,心的外傷後モデル支持者には心理療法によって潜在的な交代人格が見事に表出されたものと解釈されてきた (Gleaves, 1996)。このように,起こりうるすべての結果と矛盾しないモデルは,反証不可能であり,科学的有用性に問題があるため (Popper, 1959),心的外傷後モデル支持者はどのような証拠によってこのモデルを反証することができるのかを明示する必要があるだろう。(p.103)
    *****


    <第8章 過去の出来事の想起:心理療法における問題となる記憶回復技法>
    ほぼ直訳で読みにくい。p.191にはred and green moving mobilesに対して「赤や緑色で動く自動車」という訳をつけてい... 続きを読む

全2件中 1 - 2件を表示

臨床心理学における科学と疑似科学を本棚に「読みたい」で登録しているひと

臨床心理学における科学と疑似科学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

臨床心理学における科学と疑似科学を本棚に「積読」で登録しているひと

臨床心理学における科学と疑似科学の作品紹介

臨床現場などの実務場面で,あるいは出版やTV番組,広告の中で,研究に基づいた確固たる基礎を持たないまま使用されている治療や心理技法が存在する。これらについて,実証主義的な科学的根拠に基づき公平なジャッジが下される。本書は,科学的に支持された技法から,そうでないものを区別するという重要な役割を果たす。

臨床心理学における科学と疑似科学はこんな本です

ツイートする