研究論文を読み解くための多変量解析入門 応用篇: SEMから生存分析まで

  • 16人登録
  • 1レビュー
制作 : L.G. グリム  P.R. ヤーノルド  小杉 考司  小杉 考司  Laurence G. Grimm  Paul R. Yarnold  山根 嵩史  髙田 菜美 
  • 北大路書房 (2016年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762829437

研究論文を読み解くための多変量解析入門 応用篇: SEMから生存分析までの感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

研究論文を読み解くための多変量解析入門 応用篇: SEMから生存分析までを本棚に「読みたい」で登録しているひと

研究論文を読み解くための多変量解析入門 応用篇: SEMから生存分析までを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

研究論文を読み解くための多変量解析入門 応用篇: SEMから生存分析までを本棚に「積読」で登録しているひと

研究論文を読み解くための多変量解析入門 応用篇: SEMから生存分析までの作品紹介

研究結果の「消費者」のための,
数学的でなく,「概念的」に,多変量解析を扱う新しい入門書!

統計の初心者が高度な分析法を用いた研究論文を読み解くことができるように,概念的側面に特化して多変量解析を解説。できる限り数式を用いずに,応用篇では,一般化可能性理論・項目反応理論・クラスター分析・正準相関分析・反復測定分析などを取り上げる。

◆姉妹書『研究論文を読み解くための多変量解析入門 基礎篇:重回帰分析からメタ分析まで』
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784762829406

◆応用篇の主な目次
序 文
第1章 多変量解析への招待
第2章 一般化可能性理論
第3章 項目反応理論
第4章 測定の妥当性を検証する
第5章 クラスター分析
第6章 因子分析におけるQ技法――二相データの因子分析におけるバリエーションの1つ
第7章 構造方程式モデリング
第8章 構造方程式モデリングの十ヶ条
第9章 正準相関分析
第10章 反復測定分析――ANOVA,MANOVA,HLM
第11章 生存分析

研究論文を読み解くための多変量解析入門 応用篇: SEMから生存分析まではこんな本です

ツイートする