人生がときめく片づけの魔法

  • 8061人登録
  • 4.05評価
    • (1149)
    • (1221)
    • (633)
    • (130)
    • (30)
  • 1442レビュー
著者 : 近藤麻理恵
  • サンマーク出版 (2010年12月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763131201

人生がときめく片づけの魔法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先にシリーズの2冊目から読んだのですが、同僚に紹介されて、こちらも読むことができました。
    個人的にはどちらから読んでも大丈夫だと思うし、1冊でも彼女のマインドは十分伝わると思います。それでも、本書にしか書かれていないはっとさせられる言葉もありますし、こちらも読んでよかった!と思っています。

    で、以前からの懸案であった本棚から片づけを始めたわけですが、ひどいほこりのために1冊1冊タオルで拭きながら、あれこれ考えていると高校生のときから手放すことができずあれほど大切だと思っていた「赤毛のアン」さえも、もうこの本を読むことはないだろうなあと思ってしまったのです。陽に焼けて、縁が変色してしまった文庫本を手にしたとき、その本を読んだ当時は確かにわくわくしたけれど、もう1度読みたくなった時は、書店の棚から改めて新しいものを取り出し、本との出会いからスタートしたいと思ってしまったのでした。
    私の本たちの果たすべき役割はすでに終わっていたということなんでしょうね。
    このことがきっかけになって、あとの本はほぼ迷うことなく速断することができました。

    洋服も同様です。
    今まで何枚あっても手に取る服は限られていて、「いつも着る服がない」とクローゼットの前で立ち尽くすこともしばしばでした。
    また、あまり開けないクローゼットの扉の端の方に、傷んではないけれど、なんだか旬を過ぎてしまい、袖を通してもやっぱりしっくりこなくて着替えなおしてしまうようないくつもの服を目にするとき、罪悪感を感じていました。

    自分にとって必要でなくなったり、ときめかなくなったりしても、たとえそのことに気付いていても、手放すことを先送りにしてしまうことこそが、もっとも大きな問題で、その根っこのところに解決しなければならない課題が隠されていたりするものです。

    私の場合、自分自身の決断を自分が信頼できないということに他ならないのではないかしら?

    それでも私は本書を通じて、モノと向き合い、自分の心の中を見つめ、こんまりちゃんの方法を用いて突破口を見つけ出すことができました。

    モノとの関わり方に対して主導権を握っているのはあくまでも私自身であるということ。
    主体的に選択もできるようになると、決断までの時間は短くなり、ぶれなくなってきます。

    以前大原照子さんの「少ないものでシンプルに暮らす」(だったかな?)という本が大変気に入り、その暮らしぶりに憧れたのですが、実行に移すのは非常に難しかった。
    今思えば、シンプルな暮らしに至る心構えとかマインド、合理的なノウハウまでは書かれていなかったように思います。

    本書の中のこんまりちゃんの言葉には、次のようなものがありました。

    片づけとは「モノを通して自分と対話する作業」である。
    過去の思い出よりも今の自分を大切にしよう。(いずれもタイトル)

    捨てられない原因は、「過去に対する執着」と「未来に対する不安」(P238)
    何を持つのかは、どう生きるのかと同じこと。

    片づけをすると、いくらものを持っていてもいつも不足を感じていたのが、片づけをしてときめくものだけが残っている状態にすると、必要なものはそろっていると思えるようになる。
    それは「足ることを知るから」(P255)

    決して大げさではなく、片づけ(=片をつけるということ)には「生き方」を変化させる力があると感じさせてくれる1冊です。

  • スムーズに捨てるための、基本の順番は衣類(トップス→ボトムス→コートやジャケット等のかけるモノ→靴下類→下着類→バッグ→マフラー等の小物→イベントモノ→靴)→本類→書類→小物類→最後に思い出品。

    捨てるときはカテゴリごとにまとめ、一気に捨てる。全て広げて、実際に触れて、ときめかないものは捨てる。


    家中の全ての収納から一つ残らず自分の服類を集めてきて、床に洋服山を作る。オフシーズンの服から、次のシーズンに着たいかどうかで選別。ときめかない服を部屋着に流用するのはやめる。部屋着も自分がときめくモノしかおかない。

    洋服は基本的にたたんで立てて収納する。
    生地の薄い方の端を手にとりながら、シンプルな長方形になるよう小さくたたみ、自立するように。

    かける収納は右肩上がりに。クロゼットの向かって左から重いモノ(丈が長く、生地が厚く色の濃いモノ。コート、ワンピース、パンツ等)右に軽いモノ(丈が短く、生地が薄く、色の薄いモノ。スカート、ブラウス等)

    ストッキングを結んだり、靴下を裏返してまとめない。ストッキングは、左右の足部分を重ね、縦に半分に折り、三等分の長さになるようたたむ。つま先の方を中に折り込むよう、腰の部分を少し余らせて飛び出るように、こうして下からくるくる巻き、巻き寿司状態にして、うず巻きが見えるように立てて収納。

    靴下は重ねて大体二つ折りか三つ折り。

    衣替えはしない前提で、ざっと素材別に引き出しに入れる。
    バッグは詰め物を出して、小ぶりのバッグを詰め物代わりにイン。
    家に対して、行ってきます、ただいまを心の中で。帰宅後は一度バッグを空にして、中身も箱などに入れるよう習慣づける。

    本は全て棚から出して、ときめきを基準にふるいわけ。レシピ、雑誌等は気に入ったページのみ切り取り、クリアファイルに入れて一時保管も有り。押入れに収納するも有り。未読本は思い切って処分。

    思い出の品も、品自体にときめかないなら処分。手紙、写真も同様。

    説明書、保証書、予備のボタン等も思い切って処分。
    収納の知恵やアイデアはいらない、まず大事なのはモノを適正量まで減らすこと。そのためにも自分がどれだけモノを持っているのか、本当に必要なのはどれだけなのか、把握し、それ以上持たない、増やさないこと。

    読み終えてクローゼットのお洋服とバッグ、下着類の整理を行いましたが、次の段階・本がね・・・少し減らしたものの、小説・漫画・絵本等「ときめく」ので減らず。。

  • 片付けのプロという肩書きの著者。片付けは単なる手法であって、それ自体が目的ではない。哲学である。本の構成の妙技。人生を考える事になる。片付けた後に始まる。
    片付けに対する、ダメだし。片づけを習ったことがない。ものを捨てるかどうか見極めること、ものの定位置を決めること、「捨てる」が先。そして「モノを捨てる前に「理想の暮らし」を考える「触った瞬間」に「ときめき」を感じるかどうかで判断する。
    片付けの順番①衣類②本③書類④小物類⑤思い出品写真
    モノを大切にすれば、自分のミカタになる。そして、ときめくモノに囲まれた生活は幸せである。⇒人生への自信、やりたいことがみつかる。
    自信が無いのは、「過去に対する執着」か「未来に対する不安」か?また、持ち物との縁や因果も感じる。「片付けの魔法」効果。
    文章が女性の気遣いを感じるので、好感が持てる。全体を通した内容は、人生哲学、と思える。片付け、という身近なこと、作業、行為に、注目したことで、分かりやすく、人生を考えることが出来るのではないか。
    終章、本当の人生は「片付けたあと」に始まる。この先を考えない、書いていないことも、敷居が低く読めることだ。著者本人は自身の根っこを、見つけている。

  • この手の本は、まず疑ってかかるべし。
    常にそういう姿勢で今まで生きてきました。

    「自分は片づけられない人間だ」
    そう思い続けて17年。

    物心ついた時から、自分の部屋は汚く、
    部屋のみならず家族で過ごすべきリビングすら汚かった。

    つまり、自分がよくいる場所は、必ず散らかる。
    散らかしているつもりはないのに、散らかる。

    片づけても片づけても、あっという間に元のゴミ部屋に元通り。


    ああ……自分は、この先もう一生片づけられないんだろうか……
    ずっと片づけに悩まされながら生きていくんだろうか。
    永遠に汚い部屋から抜け出せないのだろうか。

    片づけようとは常に思っている、でも学校から帰ってくると
    すぐに寝てしまう。かろうじて寝れるスペースで、ゴミに囲まれながら。
    こんな生活でいいわけがない……でも、今さらどうしていいか分からない。

    だって、私「片づけられない人間」だし。
    テレビでやっているお片づけ特集、整理整頓のテクニック、
    そして片づけ本……。
    色々見てきたし、片づけようと思った日もある。
    でも、無理だった。自分には、無理なんだ。

    片づけ本を読んだくらいで、片づけが出来るようになる人は、
    元々片付けが出来る人だったんだ。そうに決まっている。

    そう思い続けて、17年ですよ。もう、無理だと思うじゃないですか。
    17年って結構な年月ですし。

    そうして、半ばもう片付けを諦めていました。
    でも、このままゴミ部屋で一生暮らしていく勇気もない。
    テレビでゴミ部屋や、ゴミ屋敷をみると、ウワッてなるし……。
    どうしよう……。

    ある日、学校の帰りに本屋に寄りました。
    そこで目に飛び込んできたある本のタイトル。それが

    『人生がときめく片づけの魔法』

    でした。

    人生がときめく……?

    それまでにも、片づけ本を本屋で見ることはありましたが
    身体が自然に遠ざけるというか、購入するどころか立ち読みすら
    あまりすることがありませんでした。

    何が私にそうさせたのかは、分かりません。

    軽い気持ちで、その本を手に取り、読み始めました。
    気が付いたら2、3ページくらい読んでいました。

    「今までの片づけ本とは違うかもしれない……」

    しかし、その時私はお金を持っていなかった。
    次の日、ちゃんと本を買えるだけのお金を持って、
    また学校帰りに本屋に寄りました。
    そして、本書を購入。

    自分で片づけ本を買ったのは、人生ではじめてのことでした。
    父親に遠まわしに片づけろという意味で、掃除本を渡された事は
    ありますが…全部読まずに、そのまま放棄(ごめんなさいお父様)。

    こんな本を買ってきたことに、母は少なからず驚いていました。
    でも、まさか本当に片づけ始めるとは思っていなかったことでしょう。
    だって、今までがそうだったから。







    が、しかし………

    この本を読んでから約2週間………

    ななな、な、なんと!!!片付いたんです!!!!私の部屋が!!
    片付いたんですよーーーーーーーーー!!!!!!!!

    まず本書は、片づけを始めるまでの経緯というか、まず
    心構えから、心理的な部分から話を初めてくれているのです。

    私みたいにずっと片づけができなかった人間が、
    「さあ片づけましょう!!」といきなり片づけの話をされても
    到底、無理な話。

    だから、まずは本書を最初からきちんと読むことをおすすめします。
    決して焦ってはいけません。

    「今すぐ片づけたいんだ!だから最初の説明文みたいなのはいいから、
    片付けのとこだけ読めば片づけられるよね!?」

    なーんて言ってたら、一生片付かないぞおおおおぉぉおぉぉぉぉお!!!
    (片付いたよ、って方がいたらすみません、申し訳ない)

    大丈夫です!!あなたの部屋もきっと片付きます!!
    本書を読んで、ゴミ袋をあり得ないほど用意して、安心して
    片づけに取り掛かってください!!!

    本当に、本書にもあるように実際に片付けをしてみて
    驚いたのが、なんてったって使用したゴミ袋の数ですよ。
    30袋は余裕で越えていると思います。

    家中を片づけしたのではないですよ!?
    自分の部屋だけです。たったの四畳半。
    いやあ~今までよく床が抜けなかったもんです。

    片づけに行き詰まった時は、「こんまり先生助けて~!」
    と言う気持ちで、本書を開きます。すると、必ず先生に聞きたいことが
    そのまま本に書いてくれています。これってすごくないですか!?

    見事、「祭りの片づけ」を終えた私は、生まれ変わった綺麗な部屋で
    心にも余裕をもった、素晴らしい生活をスタートさせることができました。

    本当に、片づけしてからは部屋の空気もなにもかもが変わりました。

    ん?祭の片づけって何だ?と思ったあなた、
    もうこの本が気になって気になって仕方ないでしょう!?
    「片づけは祭りだ」なんて書いてある本、読んでみたいでしょう!?
    どういうことなのか知りたいでしょう?

    帯の感想を見て
    「こんなの嘘だよー部屋がホテルみたいになるわけ
    ないだろーあたしゃ片づけられないんだよー」

    と思っているあなた!!ぜひ読んでみてください。
    こんな私でも片づけられたんですから。
    そんなにね、「片づけよう!」と意気込まなくても
    ちょっとやってみようかな、くらいの気持ちでも出来ます。

    (あ、でも、主に連休の時に実践したから、生活に余裕があるときに
    することをおすすめします。よっぽど多忙じゃない限りできます!)

    片づけをして、本当に人生がときめく気持ちを、分かった時の嬉しさったら。

    一応言っておきますが、もちろん片づけをしてすぐに人生が
    変わるわけではありません。なんかよく片づけ系の本に

    「片づけをしたら、すぐに彼氏ができました!」
    「片づけをしたら、すぐに仕事がうまくいきはじめました!」
    「片づけをしたら、彼にプロポーズされちゃいました!」

    みたいなことが書いてありますが、もちろんそんなこと
    起こらない人もいますよ。私みたいに。

    片づけても彼氏はできませんし、人生バラ色になったわけでもありません。劇的にドラマチックになるわけなんてないのです。

    でもね、スッキリ綺麗に生まれ変わった部屋で快適に
    過ごす自分を想像してみてください。

    綺麗になった部屋に身を置くだけで、なんだかワクワクしてくると思いませんか?私はワクワクしすぎて、体がフワフワ何センチか浮いているんじゃないかと思いました。

    勉強したい!ダイエットもしたい!読書したい!
    このまま走りに行きたい!(?)ってなるんですよ。
    色んな意欲が湧いてくるんです。パワーがね。

    部屋が散らかってたら、まず何をするにしても
    「部屋片づけないとなー…」って一日一回くらいは思うじゃないですか。
    だから何をしても、中途半端になるというか、悪い意味でフワフワ
    してしまって……。私の場合そうでした。

    しかし、片づけてすぐに何か起こらなかったとしても、
    必ず人生は良い方向に進むはずです。
    汚い部屋に住み続けるよりはよっぽどいいと思います。

    そうしていずれ、本当に人生が変わると思います。

    この本に書いてある触ったらときめくか、ときめかないかの違いは、
    徐々に分かってくると思います。
    思い出の品を整理している時は辛い思いもしましたけれど……。
    処分して後悔しているものは一つもありません。

    片づけた後の綺麗なホテルのような部屋に、このモノはふさわしいか?
    片づけた後のその素敵な部屋で、これを使いたいか?
    この服を着たいか?

    そういう感じで、私は決めていきました。

    まあでも、本書に全部書いてくれています!!
    ちなみに、未だに私の部屋は綺麗なままです
    元のゴミ部屋には戻っていません!!


    こんまりさん、ありがとうございました!

  • TV(金スマ)に出演していましたね。
    番組が終わると、主人がTVまわりの小物を片づけ始めました!
    そのまま家族3人で家中の「ときめかない」不用品達を捨てまくりました。

    「これは、ときめく?」が合言葉です(笑)

    本棚・タンスの中・家具の上に乗っていたもろもろ等、すっきりと片付いて気分爽快!


    まさに、私の思惑通り・・・ふふふ

    本は、立ち読みで以前に読みました。
    (立ち読みでも読破きでるような内容です)

    家族にも「捨て」させたくて、
    このTV番組を見せたんです。
    こんなにもうまくいくとはっ。

    片づけ本としては、分かりやすいし
    「ときめき」という観点が今までに無くて良いですね。
    服のたたみ方は、私は自己流を通しますが
    主人は興味深げに見ていました。
    翌朝タンスを開けると、見事な「こんまり流」にたたまれており
    笑えました。

  • 読んで良かったですー( ; ; )最後の方は一気に読んで、号泣した。笑 片づけ本で泣く私。笑

  • こんまり、ブームが海外にまで及び、結婚出産してもう二人目も生まれたんだっけ?すごいなあ…一番かたづけで人生がときめいたのは言うまでもないこんまりさん自身ですね
    こぎれいで品もあるし、いいなあ
    こういう女性になりたかったわー
    と、いう訳で、アラサーにもなって今更色々あって疲れて部屋の片づけで過去の物を処分…!と思って始めた掃除から、何でかこんまりの本だの掃除、断捨離、「ていねいに暮らす」的本を片っ端から読むようになり
    今わたしの部屋はほぼ物が無い
    なんつーか、感化されたから、というよりは、自分自身が人生の岐路?に立った感じがして、過去の物を全て捨てたくなったから
    片づけ、というよりかは、本当に断捨離だわ…尚、この本ではまだ出てこないけれど、こんまりの言うところの(おブラさま)ってやつは全く共感出来ないし、「はぁ?」って寧ろ馬鹿にしてる感じあるので、そこまで徹底しての信者ではありませんw←
    何なんだよ、おブラさまって、あほくさ(レビュー台無し)

  • こんまりさん大好き。
    何のために片付けをするのかというと、幸せな人生を送るため。それがちゃんと根底にあるところがすばらしい。

  • 思いの外良かった。

    この本が流行ってたときは、この本を手に取ったらいかにも片付けられない女ですと認めざるを得なくなると、頑なに拒絶していたけれど。でもやっぱり読んでいることを他人には知られたくなくて、本を開くタイミングが難しかった。

    感覚的な話は苦手なのに不思議とスッと頭に入ってくる。なぜか納得できる内容だった。

    まとまった時間の取れなくなった今、片付け「祭り」は難しいかもしれないけど、やっぱりモノが多いのかなーと感じたので、近々棚卸ししたいです!

  • 以前テレビで見た時に今までの収納法などと違い、自分にとってときめくか否かの判断で断捨離していくマインドに共感し、手に取った本。すべて文章だとわかりづらい部分もあった(映像の方が理解しやすい)が、マインドの面で補完された部分もあった。

    *片付ける前に理想の暮らしを想像すること
    *空間は過去よりも未来のために使うこと
    *物にはすべて定位置が必要なこと
    *物を通じて過去の自分と対話すること
    *お役目を終えたものには感謝の気持ちを込めて旅だってもらうこと

    筆者の小さい頃のエピソードなどはなかなか面白く、クスッとさせられた。

全1442件中 1 - 10件を表示

近藤麻理恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
やました ひでこ
三浦 しをん
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

人生がときめく片づけの魔法に関連するまとめ

人生がときめく片づけの魔法を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人生がときめく片づけの魔法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生がときめく片づけの魔法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生がときめく片づけの魔法を本棚に「積読」で登録しているひと

人生がときめく片づけの魔法の作品紹介

リバウンド率ゼロ。一度習えば、二度と散らからない、「こんまり流ときめき整理収納法」。

ツイートする