こうして、思考は現実になる

  • 1633人登録
  • 3.54評価
    • (79)
    • (108)
    • (90)
    • (40)
    • (21)
  • 144レビュー
制作 : 桜田直美 
  • サンマーク出版 (2014年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763133588

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
有効な右矢印 無効な右矢印

こうして、思考は現実になるの感想・レビュー・書評

  • 可能性のフィールド(フィールド オブ ポテンシャリティ)FP
    人間は自分の人生をコントロールできる 宇宙のエネルギーの法則 自分が考えているものが、実勢に現実の世界にも現れる あなたもまたエネルギーのフィールドだ あなたの思考と意識は物質に影響を与える(自分の肉体を作る) すべては「意図」を持つことから始まる こちらの望みを明確に伝え、期限を決めることは必要だ 宇宙の無限のエネルギーは誰でも使うことができる あなた自身もエネルギーでできている 宇宙にあるものは、すべてフィールドとつながっている すでに手に入れたかのようにふるまわなければならない

  •  こうしたい、こうなってほしいという「思考」が、目に見えない動く力となって物質世界に作用する。自分の能力や可能性に限界を定めず心から望めば、望み通りの人生が送れるという。それを実感するための9つの実験方法が紹介されている。
     確かに、できない要因に目をむけるより、ありたい理想を明確にして実現に向けて行動することで、人生はより望み通りになると思う。
     しかし、現実にはなかなか思い通りにならないこともある。あ! こういうネガティブな考え方がいけないらしい。心から信じるって、難しい。

  • 思考は現実化する、ということは多くの人が提唱していて、成功者の多くもそれを実践しています。この本は全米でベストセラーとなった翻訳本ですが、人生に奇跡を起こさせる具体的な9つの方法を解説しています。

    知るだけでなく、2日(48時間)以内に体験することが重要なようですが、宇宙の力を上手に利用することがポイントのようですね。人生を思い通りにする力を、この本の著者が命名している「エネルギー・フィールド」を活用する方法があります。

    私も以前から「思っている通りの自分になる」と感じています。また、私達の意識は5歳になるまでの経験にハイジャックされている(p11)とは驚きですが、考えてみると思い当たる節があります。

    この本の特徴は、9つの方法を自らが体験(実験してレポートを書く)ことで、その効力を確認することができるようになっています。もう少し体重を軽くしたい私は、魔法のダイエット法則(3日間で終了)を試してみたいと思いました。口に入れる前に愛のこもった念をいれるだけで、変化が起きれば嬉しい限りです。

    以下は気になったポイントです。

    ・量子力学の定義では、場(フィールド)とは、物理的な世界に影響を与える、目に見えない動く力のこと。可能性のフィールドを、FPと呼ぶ(p15)

    ・物理学者がこの100年間で発見してきた2つのことが、この本の実験で証明される。1)FPには誰でもアクセスできる、2)人間の思考もエネルギーであり、宇宙に存在する全てのものに影響を与えるので、人間は自分の人生をコントロールできる(p19)

    ・枠組みをつくり、期限を決め、科学的な実験を行うことが本物のスピリチュアルの成長には欠かせない(p21)

    ・アブラカダブラとは、イエスとその弟子たちが使っていたアラム語の言葉、「私は自分の話す言葉で創造する」という意味の、とても力強い意味を持つ言葉(p27)

    ・あなたの思考はすべて、これまで考えてきたことも、これから考えることも、エネルギーの振動を生み出している(p45)

    ・世界を変えるには、自分の期待や思い込みを変えるだけでいい(p48)

    ・今この瞬間、地球は時速1600キロという猛スピードで自転して、公転速度は時速10.7万キロである。人間は現実をかなりゆがめて解釈している。世界を認識する一つのパターンを確立し、それに合致しないものはすべて意識から排除するフィルターを装備する(p55)

    ・私達が取り入れる情報は、現実すべての情報量のわずか100万分の1パーセントのさらに半分でしかない。脳はずっと昔に見ると決めたものと同じものを何度も見ようとする(p56、57)

    ・私達が五感を使ってみるモノ、体験するもの、触れるものは、すべて「これを見る」「これを体験する」「これに触れる」という決断の後に出現している(p63)

    ・FPの導きは、たとえばラジオから流れてきた歌の歌詞、長い間連絡が途絶えていた昔の友人からの電話といった形で現われる(p100)

    ・この世界に固体はまったく存在しない、固体に見えるこの世界をいちばん小さい単位まで分解すると、そこに現われるのは踊る素粒子と無の空間(p125)

    ・振動の仕方、がとても大切。どう振動するかで宇宙のエネルギーから引き寄せられるものも決まってくる。人は自分と同じ周波の振動のみを引き寄せる(p127,128)

    ・望みがかなえられないのは、FPが働いてくれないからではない。一度にたくさんのことを「望んで」いるのが問題。一日に6万個の思考をするが、98%は前日の繰り返し(p152,158)

    ・自分が本当に祈っているものは何か、それを知りたかったら、自分のまわりを見ればよい。あなたの人生に実際に存在するものが、あなたが本... 続きを読む

  • 引き寄せの法則を理論化して理系の人や男性向けに読みやすくしたような内容の本。

    著者の主張としてあとがきに書かれていた内容を振り返ると、
    「ただ漠然と欲しいと思うだけではだめ。
    自分はそれを手に入れるのが当然の権利だと信じる。
    欲しいと思いながら、でもどうせ無理なんだろうなと弱気なことは絶対に考えてはいけない。
    できないという可能性なんて一瞬たりとも考えない。
    自分の全存在で、自分の全ての細胞で、それができると信じる。
    自分の意志を、まるでレーザー光線のように目標に向かってまっすぐに照射する。これが思考を現実化する姿勢。」
    とのこと。

    これが女性向けの本だと、
    「私にもできるかも?と思わせて、
    わくわく理想をイメージしましょう」
    みたいな書きぶりになるのでしょうか。

  • これはスピリチャルな次元に没入できる人にとっては金科玉条なのかもしれないが、少なくても俺には到底受け入れがたい内容であった。もちろん、行動する気にもならない。書いてあることで、そこそこためになったことはある。見たい情報しか見ようとしない、ということを現実の情報量と脳の情報処理能力との差で証明していったことはとてもおもしろかった。しかし、いかんせんFPという謎の存在にお願いするという他力本願な考え方は、少なくても勤勉な日本人には受け入れがたい概念だ。

  • 【No.110】「私たちが取り入れる情報は、現実すべての情報量のわずか100万分の一パーセントの、そのさらに半分でしかない」「私たちが見て、感じて、味わって、触って、匂いを嗅いでいるものは、実は本物の世界ではない。脳が勝手に作り上げた世界と言っていいだろう」「自分では、完全に客観的な立場ですべてを見ていると思っているかもしれないが、実際は偏見のフィルターを通したものしか見ていない」

  • 9つの実験を通して、『願ったことが現実になる』というのを実証しています。
     
    もちろんただ願うだけではダメで、潜在意識から変えていく必要があります。
     
    願ったり、思ったりすることで、自分の意識に入ってきやすくなる、というのが一番大きいのでしょう。
     
    損はしないので、やってみる価値はありです。

  • フリーになってから思うこと。
    いかに自分の行動を自分で妨げていたか…。そしてそれを、自分がハッと気づけば、すぐに行動し直せる自由。
    この自由は、本当に得られて良かったと思う。

    組織の中にいてもこれはできると思うんだけれど…残念ながら、ひとりで立っている時よりも強靭な意志が必要になる。

    そして小さな勇気はどんどん埋もれていく。

    1人でも多くの人に気づいて欲しい。
    それを来週、お伝えに行きます。

  • 図書館の返却期日が迫ってしまったので、さらっと流し見。内容はそうなんだろうなと思うけど、どうも自分の「思い込み」をなくせずに気持ちが入っていかない。だからか、48時間以内に黄色というよりマスタード色の車と「これ、ちょうちょかなぁ? 花びらが単に枯れてくっついてるもの?」みたいなのを見つけた。

  • 人間が想像しえることはすべて実現可能。そういうことなのです。

  • 引き寄せの法則の実践ガイドブックのようなもの。
    ただ内容は何をいまさら感がいっぱいで個人的には必要な情報はありませんでした。
    人によっては役に立つかもしれないかな、という本でした。

  • 9つの実験がとても興味深かったです。

    再読161217
    FPを信じて繋がる
    アファメーションの手紙を自分に出す

  • 実験を行うごとに、まるでありえないような結果が得られた。約束通り結果はついてきて純粋にこれはすごいと思った。
    しかし、せっかく手に入れたら、これは本当に欲しかったものではないんではないか?と疑問を感じるようになり、自ら手放してしまった事象もあった。
    具体的すぎるよりは、抽象的なくらいの方が、手に入れても失っても、運命だと割り切れる気がする。それ以来、少し考えさせられている。

  • 本書では、FPを可能性のフィールドという。

    世界を変えるには、自分の期待や思い込みを変えるだけでいい

    思い込みを捨てる

    自分の思い込んでいることをFPから引き寄せてしまう

    意図を送り出せば、必ずその通りに帰ってくる

    結局自分の思いが、そのまま形になってしまうということ。

    ちょっとスピリチュアルな部分があってわかりにくいがなんとなく言いたいことはわかる

  • FP(フィールドオブポテンシャリティ=可能性のフィールド)を活用する。

    バックミンスター・フラーも同じだった。

    偏見のない世界を見られる人はいない。現実の200万分の1%しか見ていない。世界を認識するフィルターを装備していて、フィルターを通じて世界を見ている。

    人は自分で見ると決めたものしか目にはいらない。
    知っているだけで本心から信じていない。

    意識が現実の世界を作っている。

    たいていの人は、自分の欲しくないものばかりに意識を集中している。消えてほしい問題、を考えている。それが世界の常識だから。

    お金持ちになる、では今はお金持ちでないことに意識を集中していることになる。自分はお金持ちだ、と感じることに意識を集中する。

    子犬にトイレ・トレーニングをするように辛抱強く思考パターンを変える。自分の欲しいもの、に意識を集中すること。

    9個の実験を始める前に。
    証拠は絶対ある、と思ってあきらめないで探すこと。くわしい記録を取ること。

    1,宇宙のエネルギーの法則
    FPに48時間以内に、FPが存在する明確な証拠を見せるように要求する。

    2,フォルクスワーゲンジェッタの法則
    真っ黄色な車と、黄色の蝶を見る、と決めたら48時間以内にそれを見ることになる。
    自分が見ると期待しているものをFPから引き寄せる。

    3,アインシュタインの法則
    この世界には固体は存在しない。踊る素粒子の無の空間のみ。物質の正体はエネルギーで、エネルギーの正体は振動する素粒子である。
    自分の同じ振動を引き寄せる。それらは、お互いにつながっている。
    神様の祝福を受けるには、エネルギーの使い方を身に付ければいい。そのためには欲しいものと、いつ欲しいかをはっきりさせる必要がある。
    自分の欲しいものを書き出す。
    人間は物質ではなく、絶え間なく動き続けるエネルギーの波である。
    針金とストローで、嫌なこと、楽しいこと、を考えると向きが変わる実験。自分の周波数を変える実験をする。

    自分の欲しいものを紙に書き出す。期限をつける。金持ちだと感じられる行動をする。

    4,アブラカタブラの法則
    願いを叶えるためには、目的に意識を集中して考えつづける。
    物質的なものを集めたがるのは、大抵の場合恐怖が下忍であり、恐怖は避けなければならない感情。
    ひとつ残らずすべての思考がFPに影響する。
    ◯◯になりますようにと祈りながら、ならなかったらどうしようか、心配している。前向きに考えながら、一方でくだらない、と思っている。これでは、力が定まらない。望みが叶えられないのは、反対のことも望んでいる、から。
    家を欲しいと願いつつ、ローンが不安と考えている。
    意識的な思考も無意識の思考もすべてFPは受け取っている。
    結局いつものパターンに落ち着く。思考が一緒だから。
    自分に対する見方を変える。望む結果に相応しい人間だと考えられるようにする。
    答えを求めるのは、今ここに答えはない、という思考である。
    エネルギーと同調する。欲しいものをすでに手に入れたかのように振る舞う必要がある。
    祈りをやめることのほうが不可能。無意識に思考で祈っている。
    意図を送り出し、其の結果に集中すれば自分の人生に実現する。
    集中する。だんだん集中する時間が少なくなってもやめないで集中し続ける。一度にたくさんのことには集中できない。

    「魂を言葉にする」ローレンス・ブロック
    好きな女の子とほしいものは同じ方法で手に入る=あきらめると向こうからやってくる=奇跡が起こってほしいと思っているうちは手に入らない。すでに手に入れたように振る舞う。

    5,人生相談の法則
    顕在意識の役割は2つだけ=問題を見つけること、目標を設定すること。... 続きを読む

  • 引き寄せの法則って嫌いじゃないけど
    やっぱり100%信じきれてない自分がいる。
    ザ・シークレットなど一通り読んで
    実際自分が思い描いた通りに現実があるのだとは思う。

    この本を読んで
    実際自分が望む現実って物を本気で
    考える方が難しいって思った。

    お金持ちになりたいとか
    自由を手に入れたいとか
    どこかで誰かが言ってる事を
    自分もいいと勘違いして思ってるだけなことが多いから
    現実化しないんじゃないかって思う。

    具体的に今まさに手に入れたかのように
    振舞うことが難しいのは
    イメージが湧いてないからだもんね。

    それでもポジティブな考え方するのは大事だし
    宇宙の法則で返報されるのも理解できる。

    読んでよかった。

  • 自己啓発本は今まで何冊か読んだことがあるけど、実戦式のものは初めてです!全部実戦した訳ではないですが、実戦して成功したものもあります。要は、本人の気持ちの強さ次第ということなんですよね。自分が普段どれだけネガティヴな思考に囚われて生活しているかという事が分かりました。とっても気持ちが明るく、楽しくなる一冊でした。

  • 思考は現実化する、引き寄せの法則の実用編のような位置づけ。

    9つの実験で成功体験を積み重ね、
    身に付けていく流れである。

    浅見帆帆子さんのあなたは絶対運がいいを思い出した。

  • 思考は現実になる。
    人間は1日に限られた思考しかできないからなにかひとつに集中することが必要。
    FPを信じる。自分のなかの力を信じる。きっと自分はなる。
    なりたいほしいものを考える。
    いつからいつまでにほしいのか。
    神様にお願いする。具体的に。
    ポジティブエネルギーを周りに送る。返ってくる。
    テレパシーできる。
    相手を決める➡︎相手にどんなことをしてほしいか考える。具体的に。➡︎相手の姿を心の目で見る。➡︎相手とのつながりを肌で感じて相手と一体になる。言葉は役に立たないことが多い。自分の五感を全て使って相手に念を送る。あとは信じるだけ。

    願ったものは全て手に入る。
    なにがいけないでなくなにができるか考える。
    私の可能性は無限大だ。

  • 面白かった。物理的にできなかった二つ以外は全部実践してみました。半分以上はうまくいったかな。この本は信じるための実践本で、信じることができたあとは、自分でそれを応用というか活用していかないと面白かったーで終わってしまう。なので、このやり方やら考え方をこれからも持ちつづけるのが大切だと思う。あと、例としてあげられてるのをみてると、アメリカンドリームだなあ、それに惹かれて世界から人は集まるんだなあと。私もその一人なのかなあと思ったりもしました。

  • 新聞の広告欄を見て購入。「引き寄せの法則」を、本当にあった話を交えながら、実験レポートシートと共に”体験”できる本。「できないこと」を「できること」にする力が私たちにはあるという言葉が、心に深く響いた。まずは信じることだと思う。
    本当にあった話の中では、ウーピーゴールドバークの話が印象的だった。よりリアリティに感じられた。
    私にとってより身近だったのは「魔法のダイエットの法則」。カロリーを気にするのではなく、自分の体に栄養を与えてくれることに感謝し、自分の体をさらに健康で美しくしてくれることをイメージしてみようと思う。

  • 非常に読みやすい本。 内容も面白い。
    翻訳者のレベルもかなり高いと思われる。
    よくありがちな「直訳」ではなく、完全な日本語の著書のような気分で読める。

  • 「(願望を叶えてくれる)宇宙のエネルギーも電気と同じだ。」
    「トースターを使うときに、『私はトースターのプラグをコンセントに差し込む価値のある人間だろうか』などと考える人はいないだろう。」
    「キッチンの電気をつけるときに、『お祈りが足りているだろうか』とか『悪い行いをしたから電気がつかないのではないか」と心配する人もいないはずだ。」
    (本文より引用) 

    「思考は現実化する」という精神世界を語るにおいて常識ともいえる法則を、
    簡単な(どれも48時間以内に終わる)9つの実験を通して体験しよう、
    という趣旨で作られています。

    その趣旨もおもしろいと思ったのですが、より特筆すべきはその文章の上手さです。
    表現や事例が的確でユーモアがあり、肩の力が抜けている感じで、読み込こみやすい。
    小説や映画の脚本なども手がけるプロの作家さんならでは、といった感じですね。
    精神世界をあつかった本のなかでは、断トツだと思います。

    読書中ですが、私のなかの「2014年に読んだ本ランキング」で、
    3位までに絶対に入ってくるであろう良書です。

  • 奇跡を起こせる人と凡人との違いは、雑念などのノイズを排除して祈りに一点集中できるかどうか

全144件中 1 - 25件を表示

こうして、思考は現実になるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

こうして、思考は現実になるの作品紹介

あなたには、まだ小さな問題がある。知っているだけで、実は信じていないということだ。これは、「知る」ためではなく、48時間以内に「体験する」ための本である。この「9つの方法」をいくつか試すだけで、あなたも人生に奇跡を起こすことができる。

こうして、思考は現実になるのKindle版

ツイートする