人生と経営はタクシー運転手が教えてくれる

  • 53人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 小宮一慶
  • サンマーク出版 (2014年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763133687

人生と経営はタクシー運転手が教えてくれるの感想・レビュー・書評

  • 【No.9】「従業員は経営者のことをよく見ている。自分の取り分を最優先する経営者の下で、身を粉にして働く従業員はいない」「”分からない”ということが分かっている。これが本当に分かるということ」「小さなことをていねいに、それでいて自然にやれる人はプロ。小さなことだからと雑にやる人はただの人。違いは小さいようだが、この小さな違いが大きな差になって表れるのが仕事や人生」「人と同じことをやっていては、どんなに努力しても一流にはなれない。しかし、人と同じことをおろそかにしても一流にはなれない」「目の前の木をおろそかにする人が、森全体を良くすることはできない」「抗しがたい局面に向かい合ったとき、青い鳥を探すのではなく、自分の脳力を100%発揮して、環境を自分で変えてやろうというぐらいの気持ちになることが大事」「人生に完璧はない。どんなに考えても割り切れない、白黒がつかないことのほうが大半。グレーゾーンのなかで自分なりにどう折り合いをつけていくかが大事」「机上の勉強と実践の勉強とを相互に繰り返すことで、物事の本質をつかむ力をつける」

  • タクシーの運転手さんに積極的に
    話しかけるというのが、びっくり!
    運転手さんもいろんな人生を背負っていることが
    わかる。
    私はめったに自分からは話しかけない。
    聞いてもいないのに、会社のグチとか一方的に
    話してくる人はいるけど(笑)

  • 素晴らしい将来があるため、人生の経営を学びする必要がある。一流の運転手から人生と仕事に役立つことを学びましょう

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50102488&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 正直イマイチ。タクシー運転手の考えさせられる話を期待してたが普通だった。
    ありきたり感がいなめず…合わないだけではないと思う。

  • ビジネス雑誌などで読むと小宮さんのコラムはちょっと難しいなぁ~

    という印象なんですが、この著書はとっても読みやすい。

    利用することは1年で2,3回しかないタクシーですが

    その運転手さんたちの話がまずは枕詞に来ているのが

    とっても親しみやすいです。

    体験の中で小宮さん得た経験が、しっかりとした言葉で書かれて

    いてスッキリと頭に入ってきます。





    ○成功している人は他人のお金をとても大事にする。

    会社のお金であっても同じ。「会社のお金だから」といってムダ遣いする人は、間違いなく出世できない。



    ○どんな仕事においても「小さなことをていねいにやる」人がプロになれる。



    ○プロであれば、どれだけ残業しているか、努力しているかで満足してはいけません。

    どれだけ会社の業績に貢献したか、お客様のために貢献したかを自分で評価すべきなのである。



    ○私は人づき合いをギブアンドテイクと考えている人とはお付き合いしたくありません。

    あげるときはあげておけばいいし、もらえるときはもらっておけばいい。

    必ずしもそれがつり合う必要はないと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

小宮一慶の作品一覧

小宮一慶の作品ランキング・新刊情報

人生と経営はタクシー運転手が教えてくれるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生と経営はタクシー運転手が教えてくれるを本棚に「積読」で登録しているひと

人生と経営はタクシー運転手が教えてくれるの作品紹介

一流の運転手ほど、「知らない道はある」と言うんです。年間200台のタクシーに乗り、これまで2000人以上の運転手に出会ったカリスマ経営コンサルタントが、運転手との会話から学んだ「人生と仕事に役立つ19のヒント」。

人生と経営はタクシー運転手が教えてくれるはこんな本です

人生と経営はタクシー運転手が教えてくれるのKindle版

ツイートする