読んだら忘れない読書術

  • 2512人登録
  • 3.58評価
    • (128)
    • (338)
    • (296)
    • (65)
    • (20)
  • 495レビュー
著者 : 樺沢紫苑
  • サンマーク出版 (2015年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763134509

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ニコラス・エプリ...
佐々木 圭一
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

読んだら忘れない読書術の感想・レビュー・書評

  • 読書をしても、印象だけが残って3ヶ月後には内容を説明することさえ難しかったので、その悩みを解消するために購入しました。
    表題のとおり、忘れないための具体的な方法(簡単です!)、その読書術の効果、そして本の選び方まで記載してあり、とても参考になりました。
    アウトプットという私自身の苦手な部分も気づくことができ、今後の読書について前向きになる内容でした。

  • まさに表題のことでほとほと困っていた私。
    読んだはずなのに、忘れてる…内容だけならともかく、読んだ事実さえ忘れてるっていったいどういうこと?!と自分のふがいなさに呆れ果てていたとき、目にした本書。
    待ってました!よっしゃ、これでなんとかなるべ~と勇んで手にしたのだけれど。

    うーん、三分の一は読書の良さ、三分の一は本の選び方読み方、残り三分の一が、待ち望んでた忘れない読書法だったのだけれど。
    読書の良さも選び方も読み方も、そして忘れない方法も、どれもこれもわかってたしやってるし今更聞く必要のないことばかり。
    筆者の言ってる忘れない読書術、やってるんだけど~でも忘れちゃう人はどうしたらいいのさ。

    ブクログ見てると、ええっほんとに?!と驚きたくなるが、日本人はひと月に一冊も本を読まない人が二人に一人くらいの割合でいるらしい、月10冊も読めば、わずか数パーセントの割合の中に入るらしいってことが分かった。
    へ~、そうなんだ。みんな結構読まないんだね。
    ブクログ利用者はかなり稀有な人々が多いってことなんだね。
    普段あまり読書をしない人が、モチベーションアップのために読むにはいいのかも。

  •  月に7冊の読書をすれば、日本人の中で上位4%に入るらしい。これだけ図書館も書店もそれなりに充実しているように思える日本で、全体の読書率はそんなものなのかと驚いた。
     読んだものを忘れないようにするには、アウトプットすることと、「自己成長」「行動の変化」を読書の目的とすること。隙間時間は自己成長の埋蔵金で、掘り起こして成長するか浪費するかで人生が違ってくる。
     と、著者は言う。この本を読んで、埋蔵金をもっともっと掘り起こそうと思った。

  • 最近、様々な本を読みたいという意欲と同時に、どうせ読むならためになる読み方をしたいということで、この本を手に取りました。
    今までは、「読んだ」という事実に満足しているだけで自分の知識になっていなかったが、この本を読んで知識にする大切さ、方法を学ぶことができた。

    樺沢紫苑(かばさわしおん) 精神科医

    「読書には、ストレスや不安を解消する効果がある。イギリスのサセックス大学でのストレス解消についての研究では、読書、音楽視聴、1杯のコーヒー、テレビゲーム、散歩、それぞれのストレス解消効果を、心拍数などをもとに検証しました。その結果、読書は68%、音楽視聴は61%、コーヒーは54%、散歩は42%、テレビゲームは21%のストレス軽減効果が見られ、読書が最も高いストレス解消効果が得られる。」
    「IQを左右する要因として、遺伝の次に大きいのは読書量だ。何を読んだかではなく、どれだけの量を読んだかがカギとなる。」
    「高齢になってからの読書は精神的退化を32%遅らせ、逆に頭を全然使っていないと精神的退化が48%加速する。」
    「読書量と年収は、比例するのです。〜年収が高いほど本の月額購入費が多く、年収が低いほど月額購入費が少ない。」
    お金があるから本をたくさん買えるという意見に対しては、今収入が高い人はみんなお金が無い頃や成功する前から読書を習慣にしている。」
    「最初のインプットから7〜10日以内に3〜4回アウトプットするということが重要。」

    「海馬に仮保存された情報を側頭葉に入れて忘れない記憶にしなければならない。」
    「アウトプット方法 ①本を読みながらメモをとる、マーカーでラインを引く。 ②本の内容を人に話す。本を人に勧める。 ③本の感想や気づき、名言をシェアする。レビューを書く。

    「人生の1割に相当するスキマ時間を「浪費」に使うのか、「自己投資」に使うのか。この時間の使い方次第で、あなたの人生は変わります。」
    「「本を読んだ」の定義は、「内容を説明できること」そして、「内容について議論できること」。感想や自分の意見を述べられなければ、本を読んでいる意味がない。」

  • 半年くらい、試験勉強にかまけて読書をさぼっていた。久々に時間に余裕が出来たので読書のハウツー本からリスタートきってみた。
    読んでよかった。
    ハウツーもそうだけど、何より読書に対する姿勢を正してくれた。

    主たる読んだ内容を覚える方法…1週間に3回のアウトプットで記憶に残す。その方法はメモ、マーカー、人に話す、SNSでシェア、等。

    昔『情報は一冊のノートにまとめなさい』という本を読んで本の感想をノートに書きまくっていた時期があったなあと思い出した。あのノート実家にまだあるかな?あの時書いたこと全然覚えてないや。勿体無い。そう、本は記憶に残してこそだ、と改めて思った。普段意識していないけど本当に大事なことなので、この本をよんで気づけてよかった。

    当時一冊の本にまとめるのも楽しかったけど、あとでどこに書いたか探すのが難しい。なのでこのブクログに今後は残していくことにした。

    この本は4章の実践編が特に役立った。基本的なことだけど意識しないと忘れる。
    ・本を読み始める前には目的と読み方を決めること。重要そうなところを先読みする。
    ・ワクワクして読めばずっと覚えていられる。(漫画ドラえもんのように)
    ・著者の講演があったら会いに行くべし。

  • 本を読む習慣がある人にもそうでない人にも、読書のモチベーションをくれる本だと思う。
    覚えておくことについて、精神科医ならではの説得力で実践してみたくなる。
    本に書き込みがどうしても抵抗ある方、アウトプットしていてるのにすぐ忘れてしまう方にオススメ。

  • 『読んだら忘れない読書術』
    <個人的な使い方・効果概要>
    第1章
    読書のメリットが書いてあります。
    ○24時間しかない貴重な時間を読書に当ててもいいんだと思えます。
    ○他人から「読書なんて意味ないじゃん、馬鹿じゃね~のwww」と言われても、動揺が小さくなります。
    ○他人に読書のメリットが説明できるようになります。

    第2~4章
    読んだら忘れない読書術のコツが書いてあります。

    第5章
    本の選択術が書いてあります。
    ○アマゾンで低評価レビューとなっている本でも、低評価の原因が「自分のステージ・目的に合わない本を読んだもの」なら、気にせず購入できるようになります。

    <オススメ目次等抜粋&感想>
    第1章:2つ
    ◆仕事力~「料理の鉄人理論」
    ◆頭が良くなる~「読書脳活性化理論」

    第2章:2つ
    ◆心が動くと記憶に残る~「脳内物質読書術」
    ◆「深読読書術」

    第3章:5つ
    ◆「アウトプット」と「スキマ時間」
    ◆複数の切り口で人に勧める~「テレビショッピング読書術」
    ◆1冊の本から情報を絞りつくす~「生グレープフルーツサワー読書術」
    ◆制限時間があると記憶力が高まる~「ウルトラマン読書術」
    ◆効率良く「頑張り」を活かす~「5分・5分読書術」

    第4章:2つ
    ◆目的地を把握する~「パラパラ読書術」
    ◆知りたい部分を先に読んでしまう~「ワープ読書術」

    第5章:5つ
    ◆今の自分のステージに合った本を読む~「守破離読書術」
    ◆偶然の出会いを大切にする~「セレンデピティ読書術」
    ◆1冊の本から複数の本へドンドンたどっていく~「数珠つなぎ読書術」
    ◆「情報」と「知識」の偏りをなくす~「栄養バランス読書術」
    ◆読書のポートフォリオを作る~「分散投資読書術」

  •  私はいわゆる「自己啓発書」を読むのが好きな人間です。しかし冒頭での「記憶に残っていないということは、その読書は何の役にも立っていないということと同じ」にはっとさせられました。私の読書はまさに著者の言う「自己満足読書」であったように思います。本書を読み進めていくうちに、このままではもったいないと強く感じました。様々なところでアウトプットの重要性を目にしながら行動に移せていなかったのですが、とりあえず少しずつでもアウトプットをしていこうと思わせてくれたことだけでも読む価値があったと思っています。

    さて本書の中で印象に残った部分をいくつか挙げると、
    ・1年たって古くなるのが「情報」、10年たっても古くならないのが「知識」
    ・新しいことをする場合、ゼロから試行錯誤する必要はない
    ・月に7冊読むだけで日本人の中で読書量上位4%に入る
    ・圧倒的なインプットがあってこそ圧倒的なアウトプットができる
    ・文章を上達させたければたくさん読んでたくさん書くしかない
    ・考え方だけではなく自分の行動が変化し自分をとりまく現実が少しでもよくなるような読書をすべき
    ・著者の「本を読んだ」の定義は「内容を説明できること」「内容について議論できること」
    ・自分の知識がどのステージにあるかによって今必要な本を考える
    ・長所進展と短所克服のどちらを読書の目的にするのかをはっきりさせる

     著者によると、記憶に残る読書をするためのキーワードは「アウトプット」と「スキマ時間」の2つだそうです。ダラダラ長時間読書をするよりも、短い時間のほうが頭に入りやすいというのは、読書に限らず勉強なんかでも実感したことがあり納得でした。他には様々な読書術、本の探し方、買い方、電子書籍について、著者のオススメ本についても書かれていました。

     私にとっては必要性が低い内容や、一般の方には参考にしにくいかなという内容も入っていましたが、改めて読書に対する姿勢を考えさせてくれたという意味で全体的に満足する内容でした。もっともっと色々な本を読んで自分の知識として身に着けていきたいです。機会があったら著者のオススメ本も読んでみたいですね。

  • 記憶に残らない読者であれば、本来の読書の目的である、気付いた事を行動に起こす事からも、無駄が多い。記憶に残すには、アウトプット力を意識して行う。年間読書数が100冊以上が2%でオーナーの殆どが読書している事からも、ビジネスにおいても、効果があることは、明白である。

  • 著者の本に対する愛情が詰まった本。
    なぜ本を読む必要があるのか、根拠を提示しながら聞かせてくれる。
    個人的には新しい学びは少なかったが本をこれから読もうかな、読みたいなと思わせてくれる本でした。
    紹介されていた本も併せて読んでみようと思います。

  • どうやって覚えておくかってことについては新しいことはないけれど、そういえば本のゴールを最初に明確化してから読むなんてのはいいかもね

  • 月に30冊、20年間で6,000冊以上、本を読んだという著者が勧める読書法が書かれているのですが、既に始めの方に何が書かれていたか忘れてしまっている僕がいるので何だか申し訳ないです。僕的に印象に残ったのは興味があったり仕事で必要な知識が書かれた本に関しては、始めから専門的な本を読むのではなく、”入門書”から読み始めるとその後の理解もスムーズだという事。(当たり前の事なのですが。)
    読書に対するモチベーションを上げてくれるという意味では素晴らしい本だと思います。

  • 読書量と収入は比例する。
    成功している経営者のほとんどが読書家である。
    自己成長が促され、考え方だけではなく、実際に自分の行動が変化し、自分をとりまく現実が少しでも良くなるような読書をすべき。
    スキマ時間を使えば月10冊は本を読める。
    本を読む、の定義は、内容を説明できること、そして内容について議論できること。感想や自分の意見を述べられなければ意味がない。
    自分が守破離のどのステージにいるのか、意識する。

    【簡単アウトプット術】
    読んだらアウトプットして記憶に残そう。
    本をよみながらマーカーを引く。
    内容を人に話す、薦める。
    感想や気付きをSNSでシェアする。

    これがきっかけで、ブクログを始めた。

  • 要は徹底的にアウトプットしないと忘れてしまうということ。キーワードはアウトプット。
    方法はメモ、人に話す、SNSがあげられている。
    読む➡︎文書に書く、これが何よりも重要。
    もう1つのキーワードはスキマ時間。
    通勤時間がもっとも多く例示されていた。
    読書の大切さが分かる本であり、読書熱を再発させるためにも、たまにページをめくりたい一冊である。

  • 偏ったHow to本だけど、個人的にはかなり頷くことができた。
    「ドグラマグラ」をちょうど読んだばかりなので興味を引かれる内容も。
    そればかりではなかったけれど、具体的な方法もあり、これまでの私なりの読書術は間違ってはいなかったという再認識。

  • ●読むキッカケ
    ・よくある読書術系の本かと思っていたけど、意外とプラグラマティックで、
    自分の考えににていたため

    ●サマリー
    ・単純なものではなく、まあ色々と努力をして、染み込ませていくようなものな気がする。
    その染み込ませ方を、いろんな観点で紹介してくれている。

    ●ネクストアクション
    ・今やっている延長通り、読書感想をつらつらと書いていく。

    ●メモ
    ・短期間に何度もアウトプットすること。
    短期間とは、読んで2週間以内に、何度もアウトプットとは、
     ー読んでいる最中に本に書き込みを行うこと、
     ー人にオススメしてみる
     ー感想をシェアしてみる
     ーレビューを書いてみる など
    ちなみに、レビューを書くのは、翌日以降1周間以内が目安

    ・読む量を増やすコツとしてはスキマ時間にさらっと読むこと、
    また今日一日、それを読むと決めて読むようにすること。
    自分的には、朝・夕15分ずつ捻出して読むようにすると、
    その日に確かな変化を起こすことができるし、いい気がしている。

    ・読み終わった時にゴール状態として、
     ー内容について覚えていること
     ー議論できるような状態でいること
    を目指すようにしろとのこと。
    後者については、批判的に読みつつ、自分の中に消化した状態を指すのだと思っている。

    ・本の読み方については、
     ー①最初に全体像を把握
     ー②読む目的、の設定
     ー③精読か速読日の見極め
     ー④所要時間の設定
    を最初にやってしまう。
    また、一番面白そうなところを最初に読み、そこから点々としていく。
    最後に、全体を通貫して読み、広いこぼしを防ぐと良いらしい。

    ・面白そうと思って買ったなら、そのワクワクを大切に、一気に読む。
    鉄は熱いうちに打て理論。

    ・本をどう読むかよりも、何を読むかを選ぶ過程がとても重要かもしれない。
    その時、どういう本を選ぶのかを、広げるための本か、深めるための本かを考えて選ぶようにすると良い。

  • 読書家が教えてる読書ハウツー本(入門編)。

    読書後に、SNS等を活用しアウトプットするこで読んでも忘れない読書術を身につけられる。ということで、アウトプットのひとつとして、初めてレビューを書いてみました。

    あとは、ホームラン本に出会う確率を上げる方法や、電子書籍の活用(主にKindle)、お勧め本など、素人の私にはちょうど良い入門書(守破離の守)でした。

  • 読んだら忘れない方法についての記述は全体でもあまり多くはありません。
    どちらかというと筆者による読書の啓蒙が殆どを占めています。
    本当に読書が習慣になってない人にオススメの本でした。

  • 【42/10000】
    「読んだら忘れない読書術」
    樺沢 紫苑

    再燃した読書熱を、行動に移すよう背中を押してくれた本。
    読書によって得られることや、読んだら忘れない読書術・本の選択術について書かれています。
    「気づき」をたくさん得られました。

  • 読んでも記憶に残らない事が多く、勿体ないと思っていたのでこの本を買いました。
    たいへん読みやすく、方法も実行出来るものばかりで、大変為になりました。

  • 速読ではなく、深読が大事である。効果的な生産性には、多読によるインプットの質と量が必要である。

  • 本を読む、ということに対して詳しく書いてあるということで、読む前から非常に好奇心をくすぐられた本。自分自身、読書が好きで普段から活字をよく追いかけているが、しばらく経つとその内容がまるごとごっそり頭からスポン、と抜けていることがよくあった。時間をたくさん使うのに「読んだふり」になっていることが多いなぁ、と感じていた。

    専門的な言葉はほとんど出てこないため、読書初心者でもとても分かりやすくおすすめ。この本を読んでみて、読書の最終的な目標は何かということを学べたし、「情報」と「知識」の違いを知れたことが私にとって有用であった。

    すぐに読書を実行したくなる、そしてインプットしたことをこんな風にアウトプットしたくなる。本好きの人は次の一冊を読む前に読んでおいて損はない。

  • 私にとってはあまり得るものの少ないhow-to本だった。

    一月に10冊読め、って読んでるし……
    スキマ時間にしか読んでないし……
    アウトプットしているし……
    今よりさらに多くの本を読みたいのだ!

    「本を深く読め」と言われても、どうやって?
    具体的な方法を教えてもらいたかった。

    本から気づきを得るとか、書籍代の元を取るとか、
    正直、私にはあまり興味がない項目がならんでいたので。
    おそらく、著者の言う通り、これは私の読むべき本ではなかったのだろう。

    つまらないことだが、自己啓発本の著者が「作家」と呼ばれることにも強い抵抗があるし。
    私にとって、本はただの娯楽。それ以上でもそれ以下でもない。本を読んで年収を上げることにも興味がないし。ただただ好きな本を読んでいたかった。

    そして本書が凡庸なのは、「本書に書かれていることを実践すること」とどの自己啓発本にも書かれているこの文句。
    これができないから、この類の本を手に取る人は困っているのではないだろうか?

    ただ、著者が「グイン・サーガ」と「ドグラ・マグラ」に心を奪われたというのが、数少ない共感ポイントだった。おそらく、私のポイントがずれているのだが♪

  • 実践しやすい読書術が記されています。ノウハウとしては紹介されている方法の数は多くなく、その論拠や経験などについてページが割かれていると感じます。読書の重要性について精神科医という立場から語られており、日常での読書の優先順位を上げたいなと考えさせてくれました。著者の経歴や著書が頻繁に本文中に登場し、説得力が高まっている反面、著者を好きになれるかどうかで、本の内容に素直に納得できるかどうかが変わってしまうかもしれないという印象を持ちました。

全495件中 1 - 25件を表示

読んだら忘れない読書術に関連する談話室の質問

読んだら忘れない読書術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

読んだら忘れない読書術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

読んだら忘れない読書術を本棚に「積読」で登録しているひと

読んだら忘れない読書術の作品紹介

こうすれば、記憶に残すことができる!毎月30冊の読書をこなし、毎日40万人に情報発信!異色の精神科医が教える、脳科学に裏付けられた、本当に役立つ読書とは?

読んだら忘れない読書術のKindle版

ツイートする