成功している人は、なぜ神社に行くのか?

  • 460人登録
  • 3.62評価
    • (18)
    • (34)
    • (27)
    • (10)
    • (2)
  • 37レビュー
著者 : 八木龍平
  • サンマーク出版 (2016年7月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763135643

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
佐々木 圭一
又吉 直樹
松下 幸之助
リンダ グラット...
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

成功している人は、なぜ神社に行くのか?の感想・レビュー・書評

  • 仕事で疲れ、仕事以外のことを考えたいと思い、手に取った本。神社に行く意味、動作の意味を固くない言葉で語っており、気分転換にぴったりだった。スキマがないと神様は感じられないそうなので、意識してスキマを作りたい。

  • まずは神社いくか
    と思ったけど近くにある神社
    浮かばないもんだなー

    なんて思いつつ
    実家に行く途中
    小学生のころからあった神社発見。
    周りの風景がすっかり変わったのに
    そこだけ残ってた!

  • 読了。星5にした。良い本で、あった。よみながら、なぜかポジティブになれた。本から気がでているようである。この本は売らないでおこうと思う。

  • 「意思と目的をもった知的生命体」
    「祈りの集合体」
    兎に角、人間が造ったものだ。

  • 神社に行く事だけをオススメする訳ではないような気がします。
    どうしても日本人はこういう事に二の足を踏む傾向があるような気がしますが、それをも解消してくれるような内容ですし、個人的な印象ですが、神社や寺の出来た歴史等も学べるので、とても参考になる一冊ではないかと思いますね。

  • タイトルの内容は一応書かれているが、それ以外のことの方がいっぱい書いてある。スピリチュアル本の劣化コピーというほどひどくはないけれども、神社にこだわりすぎなんじゃないの。神社は集合的無意識の所在場所であるという説はそういう考え方もありだとは思うが、そもそも集合的無意識は物理的な場所を必要としないよね。
    そもそもはマスコミによる、神社はもれなくパワースポットという安直な決めつけが世の中に刷り込まれ、そういう風潮となった結果に乗じて出てきた本。神社に行ってお願いすることと、願いが叶うことの間に直接的な因果関係はない。繰り返しになるが、神社にこだわりすぎ。

  • 文章だけではなくイラストもあって読みやすかった♪そして読み終わって『神社に行こう!!!』という気持ちになった(o^^o)
    参拝の仕方も書いてあるので読んでから行くとより効果がありそうでワクワクする1冊!他にも『朱に交われば赤くなる』など納得する話ばかりで最後まで学び満載。

  • いろんなスピリチュアル系の本を読んでますし、神社に行くのが良いのとかは分かっていましたが、この本を読むと、その意味がよく分かりました。途中、無用?なオヤジギャグが入ってきますが、それは置いといても、面白かったです。後半のチャクラとかは、むしろ要らなかったかな?と言う感じもします。もちろんチャクラと神社というか、神性は関係するのだけど。とにかく、読みやすく分かりやすくて、神社に愛着が湧く1冊です。何度も読み返したい本。

  • 皆さんに是非お勧めしたい。自分は神様を信じられるようになった。

  • ビジネス書かと思ったらスピリチュアル本。

    こういう本が一般書にまじってベストセラーになる時代なんですねー。

    やや著者の思い込みが入っているかなという気もしましたが、自分にとっては必要な情報がいくつかあったので面白かったです。

  • 作者はさすが理系だからか、理論整然とした感じで書かれていてとても分かりやすく、納得感がある。
    途中、学術論文が引用されているのは面白い。

  • ちょっと面白い。
    安倍総理と麻生元総理の話
    織田信長と徳川家康の話
    松下幸之助の話

    ・神社を知る
    土地の守り神・・渋谷の神様なら金王八幡宮
    鎮守の神様・・江戸総鎮守:神田明神
           日本の国土全体:瀬戸内海の大山祇神社

    おいおいと思う記述も。
    ”神社へ行かないならライブへ行け”←いやいや、そこ神様いないし、集合体のエネルギーが祓いになるならデモとかどうすんの?

    チャクラとか出てくるし
    神道も仏教もごちゃまぜ
    まあ、日本人自体どっちもありだけど

    霊的エネルギーのある本だそうです
    ・「アミ 小さな宇宙人」(エンリケ・バリオス著)
    ・「ありがとうの神様」(小林正観著)
    ・「人生は思い通り! マンガでわかる『引き寄せ』の法則」(奥平亜美衣著)
    ・「アルケミスト」(パウロ・コエーリョ著)

  • 身近な神社に身近な願いをしてみよう。

  • 結構神頼りをしている。

  • ちょこちょことギャグのようなものが入っていて、イメージとは違っておもしろい本だった。
    オススメの神社がいろいろと載っていたが、とりあえず私は恋愛運を上げたいので、近々、江ノ島神社に行こうと思った。

  • タイトルに惹かれ購入。
    神社にはいくことも多い中で、どうやって参拝したらいいのかなと思う部分もあったので、そういう方法が記載してある部分はよかった。正しいのかは別としてw

    お守りや神棚の立ち位置の説明や、ちょっとしたボケ等等とても読みやすかったです。
    ただ、ちょっと後の方に行くと怪しい宗教的な要素とも感じ取れるようなものもあって、そこは飛ばし読みしてしまいました。

  • 参拝方法
    1.住所氏名を伝える
    2.感謝を伝え、願い事を一つする
    3.祝詞を唱える。はらいたまえ、きよめたまえ、かむながら、まもりたまえ、さきわえたまえ。


    ものに神様を宿らせる祝詞は、ありがたや、ありがたや。



    神社で歩きながら、ろっこんしょうじょうと唱えると、マインドフルネスになる。

    木と交流するときは、木と手の間に数センチあけて、木のエーテルなふれる。

    石と交流するときは、要石の周辺で、手のひらを下にして両手を突き出す。

  • 【No.44】「うまくいっている人の集合意識に、アクセスすることは成功への近道」「買ったものは大事にしましょう。あるいは大事に思えるものを買ってください」「自分で自分を卑下すると、ろくな結果にならない。自分自身に対しても、敬意って必要」「つぎの◯◯があるから、それまで仕事を頑張れる。こんなふうに日常をがんばれる元気の素になるって、すごく素敵なこと」「”問い”を持つと、答えが”世の中から””偶然のタイミング”で返ってくる」

  • これからの神社へのお参りが変わる。これからスピリチュアルなものを見直す時代がやって来そうだ。

  • 人の神聖を引き出す
    印象に残っているポジエピソードを2つ3つ聞く
    エピソードの前後を比較して、どのような変化が起きたかたずねる
    その変化を起こしたエネルギー源をたずねる

    本全体から、著者の方の優しさが伝わってくるようです✨
    ありがとうございました。
    日々に生かして参ります。

  • 内容はカオス。でも嫌いじゃない。神社やお寺が好きな時点で、こういうカオスな内容も信じてしまう。面白おかしく、ちょっぴり真剣に読ませていただきました。生活に使ってみます。

  • ヤバイヤバイ。
    読んでる途中から、買いそう。

    夏終わりから気になってた本。
    ようやく、このお正月に手に。

    この本読むと、清々しい気持ちになる

    いい本だった。

    持っておきたいし、
    (買った)

    人に伝える時に使いそう。

    エネルギーと愛とが、ビンビン伝わってきた本だった。

全37件中 1 - 25件を表示

成功している人は、なぜ神社に行くのか?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

成功している人は、なぜ神社に行くのか?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

成功している人は、なぜ神社に行くのか?の作品紹介

科学者×霊能者のリュウ博士によるおもしろくて、ためになる「見えない世界」の授業。誰も知らなかった「神社」の秘密がいま、明かされる!龍の化身「ドラゴンくん」と、ヤタガラスの化身「ヤタ子」が楽しくナビゲート!あの経営者も、あの政治家も、あの武将も知っていた!日本古来の願いをかなえる「すごい!システム」。日本地図でひとめでわかる!全国主要「天下取り神社」付き。

成功している人は、なぜ神社に行くのか?のKindle版

ツイートする