スタンフォード式 最高の睡眠

  • 146人登録
  • 3.56評価
    • (4)
    • (5)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 西野精治
  • サンマーク出版 (2017年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763136015

スタンフォード式 最高の睡眠の感想・レビュー・書評

  • レム睡眠とノンレム睡眠。ノンレムは深い睡眠であり、90分周期で訪れる。
    入眠直後の90分間に訪れるノンレム睡眠が最も眠りの質が高く、休息効果、回復効果が高い。
    結局は、このノンレム睡眠の質を確保することが最も大事。
    その為には、眠る直前の行動が大事。
    つまり、脳への刺激になる活動(スマホゲーム、激しい運動等)を控え、体温を上げ(入眠90分前の長すぎず熱すぎない入浴)、光に当たりすぎないことなど。

    結論、睡眠のキーは、「体温」と「脳」である。

    睡眠のあと、「覚醒」が訪れる。
    良い覚醒は、良い一日を生む。
    覚醒のキーは、「光」と「体温」。
    朝起きたら、光を浴びる。
    顔を冷たい水で洗う。

  • 睡眠について最新情報などを加えて非常にすっきりとまとめています。

    睡眠についての基本から専門的な事まで含めこの本を読めば理解しやすいと思います。

  • 睡眠の専門書にしては中身が薄かった。

    特にがっかりしたのは、入眠の3つの儀式。
    90分前にお風呂から上がるということ以外、印象に残らず。
    足湯はまぁ代替案でいいとしても、3つ目の室温・湿度は、高すぎても低すぎてもダメ、でも個人差があるから具体的な数字はわからない、と、せめて範囲だけでも書いてと思ってしまった。

    肩書きはすごいんだけど、初著書ということで全体として統一感が欠けている印象。

全6件中 1 - 6件を表示

スタンフォード式 最高の睡眠を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スタンフォード式 最高の睡眠を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スタンフォード式 最高の睡眠を本棚に「積読」で登録しているひと

スタンフォード式 最高の睡眠はこんな本です

スタンフォード式 最高の睡眠のKindle版

ツイートする