スタンフォード式 最高の睡眠

  • 214人登録
  • 3.69評価
    • (6)
    • (10)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 西野精治
  • サンマーク出版 (2017年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763136015

スタンフォード式 最高の睡眠の感想・レビュー・書評

  • 重要なのにあまり意識しないもののひとつに「睡眠」があるが、これを読んで重要さを再認識した。
    睡眠不足による副作用はおそろしい。
    これを改善すれば覚醒時も改善されるというのは正しい気がするので今日から実践する。

    ・最初の90分のノンレム睡眠が超重要
    ・鼻呼吸を意識する
    ・最低でも6時間以上寝る
    ・風呂は就寝90分前
    ・シャワーか足湯なら直前でもOK
    ・朝は太陽の光を浴びる
    ・アラームは2つセットする(20分間隔。音は小さく)
    ・朝は風呂よりシャワー
    ・室温は一定に保つ
    ・噛めば噛むほど目が覚める
    ・昼寝は30分未満
    ・睡眠量ではなく、質を重視する

  • 朝起きられない悩みを解決したくて読んだが、解決できなかった。なお、本書で書かれていた目覚ましの二重セットはすでにしている。


    以下メモ。
    睡眠の最初の90分は黄金の90分。いかに黄金の90分のパフォーマンスを上げるかが、睡眠の質、健康の質、日々のパフォーマンスの質に関係する。
    スムーズな入眠には、体の内部の体温である深部体温と、手足の温度である皮膚温度の差を縮ませることが肝要。その差が小さいほど眠気が強まる。深部体温を下げ、皮膚温度を上げる。これには入浴が良い。入眠したい時刻の1時間半前に入眠を済ませる。なお、皮膚温度を上げるには靴下を邪魔、履かない。
    ショートスリーパーは、遺伝子変異者。
    マイクロスリープ(瞬間的居眠り)は1秒から10秒程度の眠りをいい、睡眠負債があるときに現れる脳の防御反応。

  • 著者はスタンフォード大学で睡眠について研究している人なので、直前に読んだ『SLEEP』よりも、内容に説得力があるように感じた。かつ「ブルーライトは言うほど影響ない」「寝る時間帯や長さよりも、最初の90分が大事」など、睡眠に関する知識で知らないことが紹介されていたので、おもしろかった。さらに、「居眠りは困るけど、ぶっちゃけ会社で昼寝できる人なんていないでしょ?」と、読者の実情に即した率直な物言いも呼んでいて気持ちが良い。もやっとする部分もあるが、それだけ睡眠についてまだ未解明な部分が多いのだなぁと知った。

  • レム睡眠とノンレム睡眠。ノンレムは深い睡眠であり、90分周期で訪れる。
    入眠直後の90分間に訪れるノンレム睡眠が最も眠りの質が高く、休息効果、回復効果が高い。
    結局は、このノンレム睡眠の質を確保することが最も大事。
    その為には、眠る直前の行動が大事。
    つまり、脳への刺激になる活動(スマホゲーム、激しい運動等)を控え、体温を上げ(入眠90分前の長すぎず熱すぎない入浴)、光に当たりすぎないことなど。

    結論、睡眠のキーは、「体温」と「脳」である。

    睡眠のあと、「覚醒」が訪れる。
    良い覚醒は、良い一日を生む。
    覚醒のキーは、「光」と「体温」。
    朝起きたら、光を浴びる。
    顔を冷たい水で洗う。

  • 睡眠について最新情報などを加えて非常にすっきりとまとめています。

    睡眠についての基本から専門的な事まで含めこの本を読めば理解しやすいと思います。

  • 睡眠の専門書にしては中身が薄かった。

    特にがっかりしたのは、入眠の3つの儀式。
    90分前にお風呂から上がるということ以外、印象に残らず。
    足湯はまぁ代替案でいいとしても、3つ目の室温・湿度は、高すぎても低すぎてもダメ、でも個人差があるから具体的な数字はわからない、と、せめて範囲だけでも書いてと思ってしまった。

    肩書きはすごいんだけど、初著書ということで全体として統一感が欠けている印象。

全10件中 1 - 10件を表示

スタンフォード式 最高の睡眠を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スタンフォード式 最高の睡眠を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スタンフォード式 最高の睡眠を本棚に「積読」で登録しているひと

スタンフォード式 最高の睡眠のKindle版

ツイートする