スタンフォード式 最高の睡眠

  • 553人登録
  • 3.48評価
    • (14)
    • (36)
    • (38)
    • (10)
    • (3)
  • 52レビュー
著者 : 西野精治
  • サンマーク出版 (2017年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763136015

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
リンダ グラット...
ベン・ホロウィッ...
アーノルド ベネ...
冨田 和成
有効な右矢印 無効な右矢印

スタンフォード式 最高の睡眠の感想・レビュー・書評

  • 科学的に睡眠と覚醒について分析されているが、睡眠の悩みは解消されず
    具体策には欠ける感じ。
    光と体温、深部の体温が下げて深い眠りに
    口呼吸より鼻呼吸
    睡眠リズムを戻すにはメラトニンの分泌が必要

  • レム睡眠とノンレム睡眠。ノンレムは深い睡眠であり、90分周期で訪れる。
    入眠直後の90分間に訪れるノンレム睡眠が最も眠りの質が高く、休息効果、回復効果が高い。
    結局は、このノンレム睡眠の質を確保することが最も大事。
    その為には、眠る直前の行動が大事。
    つまり、脳への刺激になる活動(スマホゲーム、激しい運動等)を控え、体温を上げ(入眠90分前の長すぎず熱すぎない入浴)、光に当たりすぎないことなど。

    結論、睡眠のキーは、「体温」と「脳」である。

    睡眠のあと、「覚醒」が訪れる。
    良い覚醒は、良い一日を生む。
    覚醒のキーは、「光」と「体温」。
    朝起きたら、光を浴びる。
    顔を冷たい水で洗う。

  • 結局どうしたらいいか、具体性に欠ける。再読してみる。2017年8月20日

  • 大切なのは皮膚温度と深部温度の差を縮めること。
    そのためにはまず、皮膚温度を上げ、熱拡散して深部体温を下げなければならない。

    以上が本書で学んだというか納得したすべてです。
    他にもモノトナス(羊を数える)とか光の話とかありましたが。

    後は覚醒時も気を付けて睡眠時とのメリハリをつけるということかな。
    根拠に基づいての記述なので納得しない点は特になかったが
    じゃあ今日明日から、これを始めよう。というような内容のものではなかった。

  • 題名のわりに革新的な知恵は授からなかった。知りたかったのは、どうすれば最高の睡眠を得られるか。それが体温調節することがメイン。基本知ってたで終わってしまい期待はずれ感…。もっと踏み込んだ話を読みたかった…

  • 2017.09読了。3割方飛ばし読み。結論として「入眠時間を固定せよ」との事で、現在の自分の働き方、ライフスタイルでの完璧な良い睡眠の確保方法への解決策は見出せなかった。以下、ヒントになった事
    ・最初の90分を大切にする
    ・眠気を感じたら、チャンスだと思って寝る
    ・徹夜しなければいけないなら最初に眠気を感じた時に90分だけ寝る
    ・しっかりお風呂に入ると寝れるのは90分後なので、直ぐに寝たければシャワーや足湯にしておく
    ・睡眠誘導の為に体温をコントロールする(手足を温め、内臓の温度を下げ気味にする。手足から熱を放出できるように靴下は履かない)
    ・アラームは、絶対起床しなきゃいけない時間の20分前に小さなピッをかける。

  • 【498.36】価格 ¥1,620 (本体¥1,500)
    http://ci.nii.ac.jp/ncid/BB23443828

  • 本が分厚い割にはそんなに情報はないが、結構使えそうな感じだった。カフェインは午後2時まで。睡眠に入る最初の90分が大事。寝る90分前に湯船に浸かる。時間的に無理だったらシャワーで済ませる。お昼過ぎに眠くなるなら、ランチは軽く済ませる。月曜日が憂鬱なら、土日は就寝時間を平日と変えない等、なかなかすぐ実践できそうな内容。

  • 色々と書いてあるのですが、理屈の本としてはデータが少ないし、
    実用書としてはこれから何をしたらよい、という点が少なかったと思います。

  • スタンフォード大学における著者の研究を元に、
    科学的な観点から、良い睡眠を得るための方法を綴った内容。
    寝始めの90分の重要さ、そのために何をすべきか?というわかり易い内容。
    交感神経と副交感神経の役割を意識して生活することの重要さも感じた。
    いろいろと試してみよう。

  • 題名のインパクトから期待して読み始める。
    前置きが長い。
    いよいよ本題に入るが、いまいち具体性に欠けるのと斬新なことを進めているわけでもない。
    なるほど!と思える部分がなかったので残念。

  • 2017.09.04 読了
    正直、期待外れ。(この出版社、広告は非常にうまいが、大概中身がね…)
    スタンフォード式、ということで、これまで聞いたこともないような新しい睡眠手法が書かれているのかと思いきや、睡眠に関する本をこれまでに少しでも読んだことがある人にとっては、それほど目新しい事や驚きは少ないと思われる。本書で軸として書かれている「光」と「体温」が眠りに影響することは、本書でなくとも聞いたことのある話。読み手としては"スタンフォード"ならではの新ネタをあまり感じられない状況下で、著者がスタンフォード、スタンフォードと言い過ぎていているところに、やや嫌気がさす。

    但し、確かに本書の題名に対して、という面では期待外れではあったのだが、題名には捕らわれず純粋に興味深く面白いと感じた内容は所々にあった。例えば以下のような点。(題名や編集を良くすれば、もっと良い本になった気がしてならない…)
    ・最初の90分のノンレム睡眠の深さが重要である。成長ホルモンもこの最初のノンレム睡眠で最も多く(70-80%)分泌される。
    ・睡眠不足だとホルモンの分泌に影響するため、肥満、糖尿病、高血圧に直結する。
    ・皮膚温度と深部体温の差を縮めると入眠しやすい
    ・日本人が「羊が一匹、羊が二匹…」と数えたところで眠くはならない。ルーツはもともと英語圏のsheepであり、sleepと似ているから、シープが眠気を誘う発音だから、という諸説。
    ・通常睡眠する時間の直前~約二時間前は最も眠りにくい「睡眠禁止ゾーン」。なので、いつもより1h早く寝ようと思っても難しい、後ろにずらすのは簡単。
    ・新生児はレム睡眠が9割。脳の発達段階でレム睡眠が減少し、13歳程度で大人と同程度にノンレム睡眠が増える。レム睡眠は脳の発達に関係する、という仮説が生まれ研究されている。
    ・夢はレム睡眠のときだけではなく、ノンレム睡眠のときも見ている。レム睡眠とノンレム睡眠が切り替わるごとに夢も切り替わっている。レム睡眠は実体験に近い夢、ノンレム睡眠は抽象的な夢が多い。
    ・人間は約24.2hのサーカディアンリズムで動いている。(ちなみにマウスのサーカディアンリズムは23.7h。)光があるから、24hの地球のリズムに同調できる。光がないと狂う。
    ・絶食すると覚醒物質オレキシンの分泌が促進される。オレキシンは交感神経の活発化や体温上昇も引き起こす。なので、夕食を抜くと眠りにくくなる。

  • 寝る前のアルコールとか、ブルーライトとか自分の認識とは異なる事実がいくつかあって勉強になりました。
    質のいい睡眠をとるために大事なことが、ポイントを絞ってわかりやすく書いてあったのがよかったです。
    朝の習慣、寝る前の習慣が睡眠の質を大きく変えるようです。今までの自分の習慣を見直すきっかけになる本でした。
    better than nothing
    出来ることから始めていきたい。

  • 睡眠について、他の書籍とは違った事実もあり、新しい発見が結構ありました。
    ビジネスパーソンのことも考えられていて、現実的な目線で対策が述べられているのも良かった。

  • この本ですが、「寝る2時間前に体温を上げた方が良い」という事と「なるべく寝る時間を固定し、就寝後90分の睡眠がとても大切」という事以外に特筆すべき新しい知見がなかった印象。まぁ、この知識を得られただけでもプラスとも言えるけど、個人的には若干の食い足りなさは残るかな。まぁ、睡眠についての新しい知見って、それほど無いんだろうな、とも思う。

  • いかにして良質な睡眠を取るかが書かれている。内容は具体的で実践しやすいためあとは結果がどう感じとれるかに期待

  • 知ってることも多くて冗長な印象がある。

    スタンフォードほん

  • とても読みやすく、サクサクと読めてしまった。

    いちばん驚いたのは、睡眠学の権威とも呼ぶべき地位に、
    日本人学者が就いているという事実である。

    著者は日本語の著作は初めてと語っているが、本来であれば、
    英語で記されるのであろう、スタンフォード大学の知見が、
    幸いにも日本語で平易に読めるようにされているのは、
    まさに僥倖ともいうべきことであると思う。

  • 目新しい情報はさほどなかった。

    これまでよく言われていることをエビデンスを紹介して説明した本。

  • 知らなかったことも書かれていて、興味深かった。
    特に、今日は早く布団に入って明日に備えよう、と思ってもなかなか寝付けないことが多かったので、そういったことについては非常に参考になった。
    個人的には、手を冷やすのみならず、おでこを冷やすと目が覚める。
    夜メニューに冷やしトマトと食べる、という点については、ホットミルクやジンジャーティーと逆だけれども、いったん温めてから冷ます、という理解でよいのだろうか。
    でも、毎日はやってられないか。
    のび太なみの入眠が理想だけれども、なかなか無理だなあ。

    非常に読みやすかった。

  • しっかり寝よう

  • 睡眠に関する知見がわかりやすく、平易に書かれている良書でした。

    他のレビューをみてみると、知ってることばっかりとか目新しいところはなかった、というプロがちらほら見受けられましたが、私のように知識があまりない人には、睡眠に関する知識がわかりやすく網羅されているという点で、お勧めできます。

  • スタンフォードだなので訳本かと思ったが、日本人研究者の著書でした。最初の深い90分のノンレム睡眠が大切ということが本質です。

  • いまいちぴんとこない。

    最初の90分の睡眠が大切なのはわかったが、文章に説得力とインパクトがあまり感じられず、どうすればよいかがいまいち分からなかった。

    読んだ時のコンディションが悪かったのかもしれない。

全52件中 1 - 25件を表示

スタンフォード式 最高の睡眠を本棚に登録しているひと

スタンフォード式 最高の睡眠の作品紹介

レムとノンレムは、「90分周期」じゃなかった!?最新の睡眠データ満載!科学的エビデンスに基づいた、睡眠本の超決定版!「世界最高」の呼び声高いスタンフォードの睡眠研究。そのトップを務める世界的権威が明かす、「究極の疲労回復」と「最強の覚醒」をもたらす超一流の眠り方。

スタンフォード式 最高の睡眠のKindle版

ツイートする