スタンフォード式 最高の睡眠

  • 769人登録
  • 3.51評価
    • (21)
    • (60)
    • (60)
    • (15)
    • (3)
  • 78レビュー
著者 : 西野精治
  • サンマーク出版 (2017年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763136015

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冨田 和成
スティーヴン・ガ...
グレッチェン・ル...
アーノルド ベネ...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

スタンフォード式 最高の睡眠の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 科学的に睡眠と覚醒について分析されているが、睡眠の悩みは解消されず
    具体策には欠ける感じ。
    光と体温、深部の体温が下げて深い眠りに
    口呼吸より鼻呼吸
    睡眠リズムを戻すにはメラトニンの分泌が必要

  • レム睡眠とノンレム睡眠。ノンレムは深い睡眠であり、90分周期で訪れる。
    入眠直後の90分間に訪れるノンレム睡眠が最も眠りの質が高く、休息効果、回復効果が高い。
    結局は、このノンレム睡眠の質を確保することが最も大事。
    その為には、眠る直前の行動が大事。
    つまり、脳への刺激になる活動(スマホゲーム、激しい運動等)を控え、体温を上げ(入眠90分前の長すぎず熱すぎない入浴)、光に当たりすぎないことなど。

    結論、睡眠のキーは、「体温」と「脳」である。

    睡眠のあと、「覚醒」が訪れる。
    良い覚醒は、良い一日を生む。
    覚醒のキーは、「光」と「体温」。
    朝起きたら、光を浴びる。
    顔を冷たい水で洗う。

  • 2017年9月 大杉書店

  • ●目次から
    体温スイッチ①就寝90分前の入浴
    体温スイッチ②足湯に秘められた驚異の「熱放散力」
    体温スイッチ③体温効果を上げる「室温コンディショニング」
    脳のスイッチ①「モノトナス」の法則(単調)
    脳のスイッチ②正しい羊の数え方(sheepの発音が息をひそめ眠りを誘う)
    覚醒戦略①アラームは「2つの時間」でセットする
    覚醒戦略②「眠りへの誘導物質」を断捨離する
    覚醒戦略③「裸足朝活」で覚醒ステージを上げる
    覚醒戦略④「ハンドウォッシュ」メソッドで目を覚ます
    覚醒戦略⑤「租借力」で眠りと記憶を強化する
    覚醒戦略⑥とにかく「汗だく」を避ける
    覚醒戦略⑦「テイクアウト・コーヒー」で「カフェイン以上」を取り込む
    覚醒戦略⑧「大事なこと」をする時間を変える
    覚醒戦略⑨「夕食抜き生活」が眠りに響く
    覚醒戦略⑩「夜の冷やしトマト」で睡眠力アップ
    覚醒戦略⑪「金の眠り」になる酒を飲む

    ●同書からのTV番組のまとめ
    眠りはじめ90分を熟睡すること。
    ・朝起きたら朝日を浴びる・15秒
    ・朝起きたら手を冷やす
    ・夕方散歩をする・軽い運動
    ・お風呂は寝る90分前

  • 結局どうしたらいいか、具体性に欠ける。再読してみる。2017年8月20日

  • 大切なのは皮膚温度と深部温度の差を縮めること。
    そのためにはまず、皮膚温度を上げ、熱拡散して深部体温を下げなければならない。

    以上が本書で学んだというか納得したすべてです。
    他にもモノトナス(羊を数える)とか光の話とかありましたが。

    後は覚醒時も気を付けて睡眠時とのメリハリをつけるということかな。
    根拠に基づいての記述なので納得しない点は特になかったが
    じゃあ今日明日から、これを始めよう。というような内容のものではなかった。

  • 題名のわりに革新的な知恵は授からなかった。知りたかったのは、どうすれば最高の睡眠を得られるか。それが体温調節することがメイン。基本知ってたで終わってしまい期待はずれ感…。もっと踏み込んだ話を読みたかった…

  • まぁまぁ役に立った

  • 最近なんとなく睡眠の質が悪い気がして、手に取った一冊。読んでる間から1週間程いくつか試していますが、現状効果ありです。

    【ザッと内容】
    睡眠のメカニズム、いい睡眠を取るための方法とその理由が非常に分かりやすく書かれた一冊。
    その他、夢とは?お昼過ぎの眠気対策などにも触れられています。

    【こんな人にオススメ】
    ・受験勉強中の学生
    ・ビジネスマン(特に睡眠に何かしらの不満を抱えている方)

    【所感】
    勉強になりました!
    元々私は睡眠に対して興味があったので他にもいくつか本は読んでおり、既知のものもありましたが、少しアップデートされた印象です。
    かなり噛み砕いて紹介してるので、学生さんでもスラスラ読めるかと思います。こういう系の本は途中でややこしくなって、睡眠本読みながらウトウト……なんて本末転倒なことがよくありますが笑、この本はありませんでした。特に身体の各現象や機能の理由の説明が本当に分かりやすい。著者のIQの高さが伺えます。
    個人的には夢について、起床余白、仮眠が認知症に及ぼす影響の話が印象的でした。
    家族で一冊買って、睡眠に対する認識を共有するのもいいかもしれませんね。

  • 請求記号:498.36||N 85
    資料ID:W0187357

全78件中 1 - 10件を表示

スタンフォード式 最高の睡眠を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スタンフォード式 最高の睡眠を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スタンフォード式 最高の睡眠の作品紹介

レムとノンレムは、「90分周期」じゃなかった!?最新の睡眠データ満載!科学的エビデンスに基づいた、睡眠本の超決定版!「世界最高」の呼び声高いスタンフォードの睡眠研究。そのトップを務める世界的権威が明かす、「究極の疲労回復」と「最強の覚醒」をもたらす超一流の眠り方。

スタンフォード式 最高の睡眠のKindle版

ツイートする