秘密結社Ladybirdと僕の6日間

  • 97人登録
  • 4.38評価
    • (18)
    • (7)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 喜多川泰
  • サンマーク出版 (2017年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763136046

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
喜多川 泰
喜多川 泰
池井戸 潤
又吉 直樹
喜多川 泰
有効な右矢印 無効な右矢印

秘密結社Ladybirdと僕の6日間の感想・レビュー・書評

  • 喜多川氏の本はいつも心に火を灯してくれるような話で、今回の物語も心に響きました。元気が出ない時、やる気が出ない時、人生に迷っている時に読むとぐっと背中を押してくれ、新しい視点を教えてくれます。
    自分との約束とふさわしい人になること…。

  • いつ読んでもいいな、喜多川さんの本は。

    今の努力にふさわしい自分になる^_^
    いいよな、こんな考え方ができるようになりたいものだ。

  • 喜多川泰さんの本は今回もウンウン、わかるわかる、と心の中で頷きながら読める面白い内容でした。うまくいかない、他人はできるのに自分はできない、という思いは結構たくさんの人がしている気がしますが、そういう人物を主人公にしたお話に共感できるところが多々…The Dayと重なる内容もあり、あっという間に読めました

  • 今回は前置きが長く、どんな展開になっていくのだろう!?と期待しながらちょうど6日間かけて読みました。

    いつも思う、高校時代に出会いたかった!
    当時の第一志望大学がどこだったかも思い出せないし、大して行きたいと思ってたわけじゃないんですよね。勉強よりも仕事が向いてるタイプです。
    でも今でもやりたいことや夢が特にないし、恋に対しても何に対しても、そんなに情熱が持てない自分は、若い時にこの本を読んでもLadybirdのような大人にはなれなかったかも。

    自分というよりは若い男の子に読んで欲しいですね。

  • 【先読力】
    小説です。
    いい感じ。

  • 本屋でパラっと捲ったページに書かれていた「自由に羽ばたいて生きたいと願うすべての人たちに捧ぐ」という言葉を見て、即購入。

    めちゃくちゃ良いお話でした。

    私は本の中で良いなと思った言葉とか好きな言葉をアプリに記録しているのですが、この小説は記録したいことが多過ぎて困りました。笑

    下手な自己啓発本よりも、よっぽど説得力がありました。小説だからストーリー性があって入り込みやすい。

    私が毎朝購読しているメルマガのテーマと通ずるものがあって、今の自分に必要な本だと感じました。

    生きて行く上でとても大切なことを、この小説は教えてくれます。

  • やっぱり喜多川作品はいい。ここ最近、喜多川先生が講演会などで話していた内容がそのまま本になった感じだった。

  • また喜多川文学に素晴らしい一冊が加わりました。

    悩める高校生・颯汰は、多くの大人達の実像です。縁ある出会いから、様々な学びと気づきを得て、本気になって行きます。一方、秘密結社Ladybirdの人達のように、本気で生きてきた大人達もいます。きっと我々大人は、割合こそ異なりますが、この両者の要素を合わせ持っているような気がします。

    人生の折り返し地点と言うのもキーワードになりますが、私はどちらかと言うと、アラウンド折り返し地点世代です。もしかすると喜多川さん自身も、そんな節目を自覚しての執筆かもしれません。ただ、気づくのが遅かった...と諦めるのではなく、今からでも本気の割合を引き上げたいと痛感しました。

    どこか9年前に読ませて貰った「君と会えたから・・・」の雰囲気を感じます。喜多川さんの本は全て読んでいますが、絶対にハズレが出ません。喜多川さん、今回も魂が揺さぶられる一冊をありがとうございます。

  • 喜多川さんの作品はどれも、生きる姿勢とか心の持ちようとか、根っこに共通したテーマがあると思うのですが、毎回違った設定で、違った角度から納得させてもらってる気がします。ただこれまで、主にこれからの若い人に向けた作品が多かったので、この作品のタイトルを見た時にもそのつもりで安心して、ある意味油断して読み始めたのですが、主人公と同じように途中で大きな勘違いであったことに気づかされ、おいおい、自分もまだまだ幼虫じゃないかと、ガツンと頭をひっぱたかれた感じがありました。これからさらに蛹になり、成虫になるには自分の中でどんな変化が必要なのか。何を始めればいいのか。新しい課題に直面し、読了してから考えることの多い毎日です。

  • 待ちに待った喜多川泰さんの新作。
    今回は、会社やチーム、組織に所属する個人の意識の持ち方にも通じる内容が書かれていて、高校3年生という多感な時期の主人公が、かっこいい大人たちと出会い成長していく。

    一人では到底動かすことができないような重い荷物でも、何人か集まって力を合わせれば、短時間でそれをいくつも動かすことができる。

    そのことに気づいたある高校生は、その場にいた7人の同級生に声をかけ、秘密結社Ladybirdを結成する。
    その秘密結社の目的は、7人の力を合わせて、一人一人では決してたどり着けないような目標にでも手が届くものにして、自分の本当の目標を達成しようというもの。

    ただ、一人でも頑張れば動かせるようなものをみんなで持ち上げても意味がない、だれか一人が頑張って、それにぶら下がって自分も甘い汁を吸おうという馴れ合いの弱い集団ではなく、一人一人が最大限に努力して自分を磨き、自分だけでも他の人より重い荷物が持てるようになった7人が力を合わせて、さらに大きな荷物を持ち上げる強い集団を目指さないといけない。

    そのためには、一人一人が他人との約束を守るように、自分との約束を守ることが必要になる。
    これはすごく難しいことで、他人との約束をしっかり守っている人でも、自分との約束を守り続けられる人はなかなかいない。
    そんな強い意思を一日一日と継続させていけば、それだけでも周りの人がたどり着くさらに上の目標を達成できる。

    秘密結社Ladybirdが結成されてから30年後、主人公となる高校生が、偶然にも秘密を知ることとなる。

    これまで喜多川泰さんの講演会や著書に触れ、多くのことで影響されてきたけど、今回の作品には、これまで喜多川さんが話されてきた内容がいくつも散りばめられていて、多くの場面で自分の成長につながるような言葉があった。
    まずは自分が押しも押されぬ人材に成長し、そんな人材が集まった集団で、もっと大きな事を成し遂げる!
    そんな未来にわくわくしてしまう一冊でした。

全12件中 1 - 12件を表示

秘密結社Ladybirdと僕の6日間を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

秘密結社Ladybirdと僕の6日間を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

秘密結社Ladybirdと僕の6日間を本棚に「積読」で登録しているひと

秘密結社Ladybirdと僕の6日間はこんな本です

秘密結社Ladybirdと僕の6日間のKindle版

ツイートする