(文庫)記憶力 (サンマーク文庫)

  • 38人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : ハーパー保子 
  • サンマーク出版 (2011年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763184870

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
トニー・ブザン
内田 和成
有効な右矢印 無効な右矢印

(文庫)記憶力 (サンマーク文庫)の感想・レビュー・書評

  • 学生時代の記憶方法として行っていたのが「丸ごと記憶」です。苦手であった古典で活躍しました。テスト範囲の文章ととその和訳を、「一言一句違わず完全に記憶する」という、今考えると無謀かつ非効率的な記憶方法です。そんな無味無臭な勉強のおかげでセンター試験では最後まで苦労しました(一度も50点満点取れなかったはず)。

    本書にも挙げられていた「かけ離れたものに類似点を見出す記憶方法」のように、神経回路を最大限に生かして、知識と知識を繋げることが記憶力強化に貢献すると思います。一つ一つに繋がりがあり体系的に記載されている法律の勉強をして改めて実感できました。
     
    仕事をしている間は意識して記憶という作業を行っていないと思います。真剣に取り組んだ業務なら大抵覚えていますし、一方で、形式的な業務はそもそも業務としてのウェイトが低いので記憶する必要がありません。また、忘れないためにメモをとることが習慣となっているので、記憶する必要がないという安心感からか、つい記憶力を鍛えることを蔑ろにしてします。

    つまり、物事を頭に詰め込む作業が基本的には日常に介在してきません。そこで、フランスの奇術師が「ある通りに存在する店にあったものをできるだけ多く思い出して書き留める」ことにより記憶力拒強化を図っていたことを参考にして考えました。

    「クレーム記憶」です。一案件に対してクレーム数は20前後なので、業務に取り組んでもそれ程支障のない数字だと思います。「独立クレームさえしっかりしていればよい」という考えに基づき、独立クレームにフォーカスを当ててしまいがちなので、従属クレームに対する意識も向上するかもしれません。「独立クレームと従属クレームとの整合性が取れていない」という特許屋としてはみっともない拒絶理由も減ると思います。

  • 潜在意識と顕在意識の二つの意識のイメージングから始まり、
    どの様な事を覚えるにも共通している事は、

    注意深く観察し、好奇心を持ち、何度も引き出す事。

    最近は記憶力をさほど使わくても生活に支障をきたさない様になり、
    記憶力を鍛えると言う事が少なくなってきていると思う。

    耳を使う事、
    言葉を発する事
    触れてみる事

    人間の五感は多用するべきだと感じた。
    そして小さな好奇心から、
    大きな発見へつながる事もあるのだろうと思う。

    そんな発見が可能にするのも、
    記憶力により過去の体験や経験を引き出すことができるからだと思う。

    問いを持ち、興味を持ち。
    人生のあらゆるものを焼きつけていきたいと思ったりもしました。
    書かれている事を習慣的にすると良いかもしれません。

全3件中 1 - 3件を表示

(文庫)記憶力 (サンマーク文庫)を本棚に登録しているひと

(文庫)記憶力 (サンマーク文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(文庫)記憶力 (サンマーク文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(文庫)記憶力 (サンマーク文庫)はこんな本です

(文庫)記憶力 (サンマーク文庫)のKindle版

(文庫)記憶力 (サンマーク文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする