(文庫)微差力 (サンマーク文庫)

  • 121人登録
  • 4.00評価
    • (16)
    • (12)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 斎藤一人
  • サンマーク出版 (2011年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763184993

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
斎藤 一人
デール カーネギ...
斎藤 一人
スペンサー ジョ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

(文庫)微差力 (サンマーク文庫)の感想・レビュー・書評

  • そもそも”複雑系”ってのが好きなので、この本の内容はすーっと入ってきました♪(´ε` ) 1は何乗しても1だけど、1.1は何乗かしていくとすんごい数字になっていく、この差なんだなって腑に落としました!

    実際に、これを試したらどうなるか正直わからないけれど、「自分も満たして、相手も満たして、社会も満たしていく」って楽しそう☆

    手品もミラクルも、道理がちゃんとあるんだって信じてみようっと♪

    【A書評】
    肯定的で楽しくなる言葉を使っていく♪♪

    差を詰めていく目標を決めるっ!

    一気に微差をつめていく!

  • 微差力について知りたくて読書。

    本書は他書と比べてもよりぶっ飛んでいる感じがする。

    微差力とは、ほんの数ミリ先や細部まで意識しているのか。プラス1マイルの粘りということだろうか。

    細部へこだわることは大切。

    ニッチな産業でも業界1位になることは、大きな分野の2位より価値はある。
    それに氣づけるかは商売人の直感なのかもしれない。

    読書時間:約20分

  • 人生に一発逆転の必殺技はなく、
    一つ一つの動作に磨きをかけていくことの繰り返し
    小さいどんぐりの背比べの繰り返し
    大きくなったら大きなどんぐりの背比べへ
    そうして無限に広げられる己の器を大きくしていき周りに良い影響を与えていくのが人生なんだという
    微差 微差 微差
    この差が人と人との実力に大差を生むという本

  • 人生を楽しくするのは、日々のちょっとした工夫と努力!

    そして、うまくいっている人のマネをする!

    そのちょっとした工夫と努力、マネが、仕事でもプライベートを輝かせてくれます☆

    人生は本当に簡単にできてる(笑)

    わかりやすく読みやすい本ですので、一度是非読んでみてください!

  • 微差が大差♪
    一人さんの大切にしてきたことは、
    小さなことかもしれないが、それが大きなものとなって帰ってくる♪
    笑顔や天国言葉は自分自身がもっともっと深く理解するまで、
    こだわることを決めました(^-^)v
    あと、6回♪

  • 今、一人さんが流行ってます。期待以上でいきますよ♪

  • 「微差」が大差を生む。本当にその通りだと思います。
    やる気とか、元気とかなくなってくると一人さんの本を読むのですが、今回もたくさん元気をもらってしまいました。

  • 富士山は日本一高い山として知られている。
    では、二番目に高い山を知っている人はどれくらいいるのか?
    富士山の100分の一、ひょっとすると1000分の1も知られていないかもしれない。
    では、二番目に高い山と富士山とでは、高さが100倍違うのか?
    そんなことはない。
    差は微差である。
    その微差が、こんなにも結果を分ける。
    というお話。

    いつも笑顔でいる。
    華やかな服を着る。

    など、「良いこと」を引き寄せるために、
    実践すると良いことが書かれていました。

    どんぐりの背比べの中で、
    差をつけるのは、ちょっとしたこと。

    とりあえず実践したいかなと思ったのは下記のこと。

    『ついてる、うれしい、楽しい、感謝してます、しあわせ、ありがとう、許します。
    この天国言葉を口にし、天国思いをすることによって、出る波動が違い、人相が違うと、呼び寄せる現象が違う。いいことが起きるのです。』

    これなら出来るかな。

  • ひとことでは説明がつかないのですが、ただ、私はこの本を作っている最中から楽しくて、楽しくて仕方ありませんでした。

    「幸せも、富も、こんな少しの努力で手に入るんだ!」と

    私はもううれしくてうれしくてワクワクするのを止められなかったのです。

    ★ともかく、人と話していて意見が違っても、
    「そうだよね、わかるよ」って聞く。これが一人さん流

    ★1ヶ月以内にこの宝石が売れないと銃殺、ってことに決定しました

    ★私は自分のことを「一人さん」と呼びます。
    私の中では自分を呼び捨てにするなんて、もう、とんでもない話で(笑)

    ★仕事のコツは10年先より、1歩先

    ★結局、最後は人の気です。愛です。

    ★ホントに、世の中っていうのは道理なんです。
    「結果はやってみなきゃわかんない」って、やる前からわかるんですよ。
    だから、道理どおりにやってください。
    道理どおりにやってる人は、必ず神さまが味方しますから。


    ★明るい服も、笑顔も、天国言葉も、「また会いたい」って思ってもらえるコツです。

    ★この地球は「行動の美学の星」

    ★種の部分、神に感謝する。
    そして畑を耕し、あとは天候を祈るんです。
    作物が育つにはおひさまもいるけど、日照りばかりじゃなくて、雨もいりますからね。

    成功とはこのパターンなんです。
    人生においても、このパターンです。

    ★大金は天が与える
    では、天が与えたくなる人は、どんな人だろう。

    ★人に、いいことあったら「良かったね」
    「これはどう考えても、神が選ばないな」って言うことをやめればいいんだ、と。


    ★それで、私はいろいろひらめく人なんですね。
    知恵みたいなもの頭に入れたら、あとは心を最高に楽しい状態にしておくと、ある日、ポン!っと知恵がでる。ひらめくんです。

    P60★「アマテラス」として生きる。これは一人さんのテーマでもあります。

    「あなたそのままでいいよ」ありのままで素敵

    ★微差の追求

    ★微差が楽しい!

    ★うまくいっている会社は常に細かい努力、微差を追求してるんです。

    P120★今の時代は「大きくしよう」と思ったところが潰れる。
    これからは「大きくしないつもり」のところが大きくなるのです。

    どういうことかと言うと、今、すでにお客さんがいるのです。
    その人たちが絶対満足するものを出せばいいのです。

    それを、その人たちのことを忘れて、新しい客層に目を向ける。
    現実に今の人たちも満足してないのに、新しい人を呼びこんだってしょうがないのです。

    ★商売は広げようとはしません。充実させるのです。

    ★私は旅が大好きで、日本の風景が大好きです。
    そして、旅先で神社仏閣を尋ねるのが私の趣味です。

    大切なものに囲まれている、スゴイ豊かな人生です。
    ダイアモンドみたく、人は輝く。楽しいですね、人生って。

    ★安定は動くことです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    【普通はつらいよ】 斎藤一人さん♪

    私は天照大神さんでいい。ただそれだけなのです。

    方位はきにしません。私がいるところがいいところですから(笑)

    【楽しく】=手がフリーと言う意味です。自由
    ・正確には「手のびしい」中国では人が手を伸ばして踊っている様子

    ■子供を結婚させたいですか?
    はっきりいいましょう。行く時にはいきます。

    握手した時に、「私のパワーをもらってください」というのが正解

    太陽にも「いつもありがとうございます。」といって
    感謝の気持ちを送ればいいのです。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    最高... 続きを読む

  • Febeのオーディオブック版を購入。

  • 一人さんの本は1000回の法則は秀逸だが、他は・・・?思わせる。

全12件中 1 - 12件を表示

(文庫)微差力 (サンマーク文庫)を本棚に登録しているひと

(文庫)微差力 (サンマーク文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(文庫)微差力 (サンマーク文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(文庫)微差力 (サンマーク文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

(文庫)微差力 (サンマーク文庫)はこんな本です

(文庫)微差力 (サンマーク文庫)のKindle版

(文庫)微差力 (サンマーク文庫)の単行本

ツイートする