小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと

  • 282人登録
  • 3.46評価
    • (19)
    • (23)
    • (58)
    • (5)
    • (3)
  • 28レビュー
制作 : Richard Carlson  小沢 瑞穂 
  • サンマーク出版 (1998年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763192271

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなことの感想・レビュー・書評

  • この本に書いてあることと真逆な自分に赤面した。

    『人生の目的は、すべてをやりとげることではなく、その一歩ずつの
    過程を楽しみながら、愛情のある暮らしを送ることにある。』

    ゴールまで一心不乱に目指していた自分は、なんて面白味の無い人間なのだろうか。
    無味乾燥な人生をひっくりかえした一文です。


    『真の幸せはすべての問題が消えたとき訪れるのではなく、問題に
    たいする姿勢を変えて、それらを気づきと忍耐を学ぶ場として
    とらえたときにやってくる。』

    一時、問題が消えたとしても根本的な部分が同じならまた繰り返し
    過ちを犯す。


    心苦しいことが発生しても感謝せねばと痛感しました。

  • かるくなり、動ける
    穏やかになり、対応できる

  • 今まで生きてきて、楽しく生きる為のコツとか感じていたことが、言葉で再認識できるのでいい。

  • 臨床心理学者であり、優しきパパである著者の幸せになる100のヒント。ゴミ出しを進んでかってでようといった日常的なものから、ストレスを抱え込まない心がけに至るまで親しみやすい言葉で書いてある。特に際立った考えや教えがあるわけではないが、たまに手に取って読み返してもいいだろう。

  • まあ、そういうことだ。

  • ■書名

    書名:小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと
    著者:リチャード カールソン

    ■概要

    「小さいことにくよくよしない!」癖を身につけると、人生は100%完
    璧にはならなくても、あるがままの現実を抵抗なく受け入れられるよ
    うになる。本書に書かれた戦略をためしてみれば、穏やかに生きるた
    めの二つのルールが身につく。

     1.小さいことにくよくよするな。
     2.すべては小さなことだ。

    この考え方を人生に取りこめば、もっと穏やかで愛情豊かな自分を
    育てることができる。
    (From amazon)

    ■感想

    かなり前に流行った本のはずです。
    読んだことはなくても、題名だけは知っていましたので・・・

    自己啓発本のある意味集大成的な感じで、色々な事が書かれています。
    (同じことを言葉を変えていっているものも結構ありますが・・・)

    本の中では、今に焦点を合わせろといったり、100年後に焦点を合
    わせろといったり、結構矛盾なことを言っています。
    しかし、目的は「くよくよしないで楽に生きる事」なので、時と場合
    により柔軟に対応するべきと言っているだけです。

    目的を忘れずに読むと、主張は首尾一貫していますので、わかりやすい
    本です。

    ■気になった点

    ・いまよりもっといいものばかり求めてばかりいると、人生は間違
     いなく負け戦に終わる。

    ・成功はあせらない人にやってくる

    ・仕事の上で、本当の緊急事態なんてものはめったに起きない。

    ・★あなたが死んでもやりかけの仕事は残る。

    ・私たちには今しかない。コントロールできるのも今しかない。
     
    ・★不安は将来起こるかもしれないことにくよくよすることで生まれる。

    ・★出会う人はみんなあなたに何かを教えようとしている。

    ・忍耐には、他の人の無邪気さに注目することも含まれる。
     
    ・忍耐強くなるには、今この時に目を向けることだ。

    ・★「これはそんなに重要な問題なのか」と自分に聞いてみる。

    ・一年後に、それが起きたらとして、それは重要な事なのか?

    ・人生は不公平なものである。
     だからこそ、努力するべきなのだ。

    ・ストレス耐性を上げるのではなく、ストレスに気づき、ストレス
     自体を減らすことだ。

    ・ストレスに強い人は、ストレスが増える。

    ・ほんの一瞬だけでも、だれかに「ありがとう」を唱えよう

    ・いい聞き手とは相手の話を途中でさえぎる癖を持たないだけでは
     ない。相手が言いたいことをすっかり話し終えるまで、満足して
     聞き手に回ることだ。

    ・人生はテストである。
     乗り越えられなそうなハードルの山にぶちあたっても、それをテスト
     と思えば、乗り越えられるチャンスは常にある。

    ・この世の全員に認められるのは不可能だという事実がある。
     否定されても「またか、そんなこともあるさ」と思うようにする。

    ・親切な行為をする度に、前向きの気持ちが生まれる。

    ・自分に理解できない行動を「いやな感じ」ととらえてしまう。
     人の行動にイライラした時には、相手の行動の奥を見るように
     すると、相手の要望が見えてくる。

    ・★相手の間違いを正す機会は、人の気分を悪くさせる機会であり
     それによって自分の気分も悪くなる機会である。

    ・自分の正しさを主張するなら代償が必要だということだ。

    ・★私たちの意識は協力な武器だ。
     できないと言うと出来なくなる。

    ・批判に怒りに反応しても、批判は消えない。

    ・一度に一つのことしかしない。

    ・★何か欲しいものにあこがれ続ける限り、幸せはやっ... 続きを読む

  • 100個のポジティブに考えれるヒントの言葉がのっている。こういう心に響く言葉を読むのは好きなので個人的には楽しめた!「幸せは今ある場所にある」とか「人生はぼくらが計画を練っているうちにすぎていく」とか他にもいろいろ考えれる言葉があった。

  • リラックスの方法
    ・毎朝ベッドの中で目をつぶり誰かの幸せを願う。
    ・人生はテストだ、ただのテストにすぎない逆にすべての問題に是が非でも勝つ必要があれば人生は非常に険しい旅となる。
    ・ほしいのもより、今持っているものを意識しろ。
    ・早起きして自分の時間を作り、今日を人生最後の日だと思って暮らす。

    辛いと幸せは”一”の違い

  • チェック項目36箇所。
    人は心の持ちようで人生が変わる。
    小さいことにくよくよしない。すべては小さいこと。
    完璧な人間はつまらない。完璧主義を捨ててみる。
    思いやりは訓練で養える。意識すること、行動であらわすこと。
    人の話を最後まで聞くこと。「じっとがまんするんだぞ」と自分に
    言い聞かせてみる。
    「たいていは相手のほうが正しい。」と考えてみる。
    幸せになるには水に流すこと。手を差し伸べること。
    一人きりの静かな時間を持つこと。
    イライラしたら、その相手は幼児か100歳の老人だと想像する。
    相手の立場を理解するにはどちらが正しいか白黒つけるのではなく
    いかに効率のいいコミュニケーションを成立させるか。
    正しさより思いやりを選ぶ。
    今すぐ行動する。思いを伝えるのは今日だけ。
    謙虚になる練習をする。人から認められなくても構わないと考える。
    毎朝誰かの幸せを願う。あら捜しをやめる。
    批判は受け止めれば消える。
    予定は変わるもの。柔軟に対応する。
    心を静める。親切のお返しは心のぬくもり。
    早起きすることで自分の時間を作り出せる。
    幸福になる手段はもっているものと欲しいものを分別すること。
    今日が人生最後という気持ちで過ごしてみる。

  • 思考、とりわけ負の思考、を取り除くって大切。そして、それって、自分の意識レベルだけでどうにかするのは難しい。
    そんな時に本書はとてもオススメ。思考を戻してくれます。
    具体的な状況、例えば、「一年たてばすべて過去」、「できないと言うとできなくなる」、「暗い気分に流されない」など、に応じて書かれているため、すぐ実践できる。
    行動を実践するのももちろん大切だけど、思考を実践するのも同様に大切、と思える本。
    オススメです!

  • 自己啓発本としてベストセラーなだけあって、良著。
    ただ、少しパンチ不足かな?

  • たまに読むと良い本。

    確かにそうだな。と感じて自分の考え方小さいなと思える。

    なんでも楽観的に考えるのは良くないが、
    悲観的に考えやすい自分には良い薬になる。

    今改めて読むと他の本と重なる内容が多々ある。
    言っていることは言い方が違えど、本質は同じ。

    一つずつの実践が何より一番。

  • 前はつまらなそうな本だなあと、正直思ってました。
    が、あまりにもくだらないことでくよくよするようになってしまったので、読んでみました。
    当たり前のことなんだけど、案外、面白かったです。
    当たり前のことができていない自分に気が付けるようになったのかな。
    特に、暗い気分に流されない、というページ。
    本当に、へこんでるときは人生が最低に思えるから不思議だ。
    そんなとき、へこんでることを自覚して、その気分が過ぎ去るまで、じっと我慢する。
    このワザが、今の私には必要です。

  • 確かに小さいことばかりで、怒っている気がする。
    注意しないとね。

  • うちの本箱をあさっていたら、たまたま手に取ったので、読み返してみた。

    ・019 ストレスの強い人はストレスが増える。
    ・004 頭で悩み事の雪だるまを作らない。
    ・054 どこに行っても自分と道連れ。
    ・089 人が投げたボールをすべてキャッチすることはない。

    いろいろと、当たり前なんだけどできないことが並ぶ。

    仕事で、「当たり前のことをしろ」と言われても、
    日常的にもできないことが、仕事ではできるなんてことはない。

    日常の一つ一つの当たり前を積み上げていくと、
    仕事の当たり前のことも、きちんとできるように
    なっていくんだろう、

    なんてことを考えたりして。

    一番難しいのが、

    「041 アラ探しをしない」

    じゃないのではなかろうか、俺には。。。

  • 心理学者で臨床セラピストのリチャード・カールソンが著者で、全米では500万部のベストセラーとなり、世界30カ国で翻訳されているそうです。



    居間に1冊、ベッドに1冊、トイレに1冊おいて、ちょっとした合間に読まれている方も多いそうですが、100個のタイトルがあり、それぞれ2ページ程度で説明されるという構成です。



    例えば、



    ・成功はあせらない人にやってくる

    ・ストレスに強い人はストレスが増える

    ・むかつく相手を、幼児か百歳の老人だと想像する

    ・人生はテスト。ただのテストにすぎない

    ・人生をメロドラマにしない

    ・今日が人生最後の日だと思って暮らそう



    など、考え方を改めさせられるいい言葉がたくさん書かれています。



    ストレスを抱えたときに、ちょっと読むと癒される、そんな本だと思います。

  • don't sweat the small stuff

  • 物は考えようだ。

  • クヨクヨしないで生きていくための知恵が詰まっている。短いテーマが100個集まって出来ているので、私のように順に少しずつ読んでいくもよし、毎日パッと開いたところを読むのもよし、きっと心が楽になると思う。

  • 心穏やかに生きるためのノウハウが書かれています。実践できたら本当に穏やかに毎日を過ごせそう。

  • 所謂ベストセラー本。興味本位で母に借りて読んでみた。辛くなった時、この本を読んで私は自分のパワーを取り戻します。ぜひ一読あれ☆

  • ええ、はい、そのとうりですがそんなこと結構前からきづいててもどうにもならないんです。一瞬前向きになれるよ!効き目5分!ライトな悩みはこれでバチグー!

全28件中 1 - 25件を表示

リチャード・カールソンの作品一覧

リチャード・カールソンの作品ランキング・新刊情報

小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなことを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなことを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなことを本棚に「積読」で登録しているひと

小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなことの文庫

小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなことのKindle版

ツイートする