ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-

  • 718人登録
  • 4.43評価
    • (160)
    • (48)
    • (40)
    • (4)
    • (1)
  • 68レビュー
制作 : 吉田 利子 
  • サンマーク出版 (2008年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763198723

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
ジェームズ アレ...
パラマハンサ・ヨ...
ニール・ドナルド...
ジョン マクドナ...
ニール・ドナルド...
有効な右矢印 無効な右矢印

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-の感想・レビュー・書評

  • 今私たち人間は目覚めの時、意識革命、意識の進化中。
    どうすれば、どのようなことに注意すれば進化できるのかがこの本を読んでよくわかった。

    私も新しい意識の担い手の一員になりたいと思う。

  • 一回で理解しようとしてはいけない本です。

    この本で解かれていることはつまり、「今、ここに、自分自身がただあることができれば、すべてがうまく流れていく」ということです。

    こんな単純なことが延々と語られます。
    私は、正直言うと、途中、何度も投げ出したくなりました。
    「それが出来たら苦労しないよ!どうやったら、そうなれるのか、さっさと教えてよ!!」
    こんな感じで(苦笑)

    この本が難しいとすれば、書いてある内容ではなく、読み手側がどれだけ受け入れられるか、ということだと思います。

    現在、何度かの読み返しをして、今のところ、ほぼ受け入れることが出来たと自分では感じています。
    けれども、きっと、またわからなくなったり、「こんなの嘘っぱちだ!」と言いたくなったりすることがあるのではないかと予測してもいます。

    でも、大事なことって、そういうものじゃないかと思うのです。

  • ニューエイジ系の定番本、外国系精神世界の本で最も読まれていると思います。
    確りと書かれた、優等生的な本。
    さあー、準備はできてるかい!

  • 何回も読んで理解を深めたい。
    悩んでいたことの答えがみんな書いてあった。

  • アメリカでは「神との対話」より売れているのに、なぜか日本ではマイナーな本。「いまここ」を生きるとはどういうことか?
    哲学書1000冊分の価値がある本です

  • エックハルト・トール著の中で一番わかりやすく、お勧めな本。時々読み返したい。真実を、悟りを、端的に言い表している。
    再読:全体的に長いが、2箇所程参考になる文があった。
    自分的に更に再読する必要はなし。

    まだ同著の「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」も既読。
    こちらは所々ためになる文がある。
    再読:ニューアースの方がためになる。もう一度はいいかな。

  • インナーボディーつまり自己の内にあるものに焦点を合わせること(内観)の重要性と個と世界の関連性についてトールの驚くべき洞察に圧巻した。

  • 青い共振の嵐の年、13の月の暦が、「律動の月」から「共振の月」へ移行する最中に「この本との出合い」が起きました。「大きな暦のサイクル」が始まるタイミングで、読めたことは、「はじめのおわり」「おわりのはじめ」の理を、象徴していると思えました。

  • 心の三要素である①思考②感情③意識のうち、本当の自分は思考と感情のバックグラウンドにある意識(いのち)だと理解できました。

  • P61L6 内なる身体を感じる

    24.3.10 読了

  • 心を沈めたい時読むようにします。
    すごい本です。

  • 今この瞬間を全力で生きることが一番大切なんだと改めて思う。そしたら、過去も未来も最高のものとなる。夢を持って後悔のないように生きたい。

  • 「超シンプルなさとり方」を、実用的に、噛み砕いた内容。
    (↑と、私は解釈)かなり濃いです。

  • スピリチュアル本の中で一押しです。本の中に私が探していた答えがたくさん書いてありました。
    でも、この本を読み終えたのは購入してから1年以上経った頃です。最初読んだときは、意味が分からなくて止めてしまいました。
    1年後何気なくまた読んでみたら、「何で1年前はこれが理解できなかったんだろう?」って不思議に思うくらい、理解できました。

    やっぱり読むべき時期ってあるんだな~と思いました。

  • 難しい。1回読んで理解できる本じゃない。深い。でもとっても大切なテーマ。

  • これはこれまでの読書経験の中でももっと印象的な書。いつまでもこの本を読むことで、著者のメッセージをかみしめていたい気がする。昨今のスピリチュアルブームとは、明らかに一線を画する貴重な書だと思う。

  • 友だちに勧められて夏から読んでいるのですが
    なかなか読み終わりません(汗

    それくらい読み応えありマス。

  • 欲望も悲しみもエゴも命すらも僕じゃなかった。
    欲望や悲しみやエゴが僕を生きている。
    すごく感銘を受けた。

    だけど、いい本だけに途中のペインボディはなんかうるさかったし、思考の周波数とか証明もされてないこと書いてるところは胡散臭かった。
    あと最後の方は読まなくていい気も。

    とはいえ、それ以外のところは本当に素晴らしいので、また読み返したい。

  • 聖書のように意識が改まる。

  • 思考や感情に振り回されず、過去や未来に囚われて心を疲弊させること無く、今この瞬間だけを生き、「今に在る」ことを理解し認知する。
    実践は困難を伴うが、実行の価値はある。

    戦争、貧困、飢餓、差別、絶望、そして死。
    正に「悲しみの惑星」である現在の地球の覚醒レベルを引き上げ、次のステップへと進む為に。

  • 情熱とエゴは共存できない。
    ほう、そうか?と思える自己の認識。
    常々、思う言葉が宿ったようでおもしろかった。

  • 推薦図書。ペインボディの章が衝撃だった。

  • 読むタイミングを見計らっています。大切な事が説かれています。神経を研ぎ澄まして読みたいのですが、エゴが邪魔をして、必ず睡魔に襲われます。この本が素晴らし過ぎるのか全く読めませんが、いつか読みたいです。

  • 「いまに在る」ことを意識することで、エゴや過去の不幸な出来事から自由になれることを教えてくれる。
    人の意識は人の思考の中で生まれた物語であり、その物語に縛られて生きることは、自分の生きる幅を狭めてしまう。
    どれだけ自分がエゴに執着しているのか意識を始めることで、「いまに在る」ことを始めることができる。
    いま起きていること、過去に起きたこと、自分が所有していると思っているモノは、一体自分にとってどういう意味があるのだろう。そのように立ち止まって考えると、生きることが楽になる。

  • エゴをエゴだと気づいていない。

全68件中 1 - 25件を表示

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-に関連するまとめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-を本棚に「積読」で登録しているひと

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-のKindle版

ツイートする