一歩を越える勇気

  • 1071人登録
  • 3.93評価
    • (138)
    • (163)
    • (111)
    • (19)
    • (6)
  • 160レビュー
著者 : 栗城史多
  • サンマーク出版 (2009年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763199799

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
トニー・ブザン
ロンダ・バーン
ロバート キヨサ...
村上 春樹
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

一歩を越える勇気の感想・レビュー・書評

  • 栗城史多さんの自伝。山岳という非日常を通した肉体経験によって、日常をとらえようとしている。とにかく元気づけられる。

  • 本当にいろいろな人生がある。
    本当に、どこでなにがきっかけになるかわからない。

    これまで登山家というとどこか異次元・別世界の人という感じだったけど、
    年齢も近いせいか栗城さんにはとても親しみが湧く(勝手に)。
    普段は知りえない標高8千メートルの世界。
    その世界をこの本とともに追体験できるというだけでも読む価値がある。

  • 誰でも夢に向かって行くときは不安だ。それでも自分の直感を信じて一歩を踏み出してみよう。挫折や失敗などの試練があるだろう。しかし挫折も失敗も必ずしもマイナスという訳ではない。誰かが言った。「成功の反対は失敗ではなく、何もしないことだ。」失敗は成功とおなじカテゴリーにある。この本は普通の若者がエベレスト単独・無酸素登頂を目指し奮闘する話。

  • エベレストにも挑んでる登山家の話。
    映像中継という発想と行動は、凄い。

  • アルピニスト?の半生記。
    限界に挑むとき自己や生命・自然との対話が生じる。
    確かに,容易にフローが生じるな。

  • 【No.241】「夢を語ることは、自分を変えるだけでなく、多くの人と出会い、支えあうツールにもなる。自分の夢に興味を持ち、共鳴してくれる人は必ずいる」「本当の登頂とは、生きて帰ること」「あるがままを受け入れてしまえばいい。怖いという気持ちがある自分や、一歩踏み出すことをためらってしまう自分も含めて、すべてを受け入れてしまう。何かがうまくいくときというのは、すべてを受け入れているときなのだ」

  • エベレスト単独・無酸素登頂を目指し、ひたすら山と地上で奮闘する話(著者より)です。
    運動神経ゼロの私でも、ぐいぐいと引き込まれて一気に読んでしまいました。
    つらさに負けてしまうような弱い自分を克服し、打ち勝つことが登頂の成功の秘訣なのではなくて、不安も苦しみも、なにもかも、全てがこれでいいのだと執着せずに思うことが大切で、その感覚になれたら、すんなりと夢がなかう場所まで連れていってもらえるようになる、というところがすごかったです。
    「執着しないということは、すべてをなくすことではなく、すべてに(←良いものも悪いものも)満たされることである。」
    なんという深い言葉!
    そして、とても納得!

  • 【こんな人にお勧め】
    今の自分に行き詰まりを感じている人

    【お勧めのポイント】
    何かを押し付けるでもなく、体験がつづられている点

  • 世界は広い。
    エベレスト級の山に挑戦する筆者から、充実した今を生きるためのヒントをもらえる。

  • 最初は「自分はこんなに高い山に登ったんだ!すごいだろ!」と思った。(第2章ぐらいまで?)
    しかし、それは違った。山に登る理由に「使命感」を感じた。夢には2種類ある。叶う夢と叶わない夢。
    このように筆者は述べていた。僕は次のように考える。
    夢は叶わない。なぜなら、それが夢だから、我々大人の役割は夢を志や目標に変えてあげること。夢に使命感が加わったときそれはどんなに遠い物でも志に変わる。
    私利私欲を満たそうとするものは夢で終わる。
    志はいつしか目標に変わっていく。

  • 登山の様子を書いた日記と、登山を通して人生の歩み方の自己啓発を合わせたような本だった。
    世界の山に登っているときの、気持ちや山で見たもの、体験したことが鮮明に書かれている。
    文字が大きく、読みやすい印象で、多くのことが書かれていた。
    高校時代、大学時代、企業訪問、マッキンリー登頂、ダウラギリ登頂、エベレスト。
    自己啓発本は読みたいけど、難しいのは読みたくないという方には、おすすめしたい1冊。

     栗城さんは、普段から体力作りはしてないようだ。
    腕力・脚力・肺活量など、同年齢の男性の平均以下。
    その小柄な体で独り、山を登って行く。
    いったい、どんな力が登頂へ導くのか?


     73ページには、元カノの話もがあった。
    彼女にどんな彼氏を望んでいるのか、という条件が書かれている。
     一、車をもっていること。
     二、大学を出ていること。
     三、公務員がいい。
    その彼女と別れ際に言われた最後のひとこと。
    「二年間、つきあったけど。・・・」
    この後に続く言葉には、笑ってしまった。

  • 栗城史多著「一歩を超える勇気」サンマーク出版(2009)

    *一日に十回誰かに自分の夢や目標を語ってみよう。十回口にする事によって、漢字の成り立ちのように願いは「叶う」。
    *もし自分の友人や子供が自分のやりたいこをや夢を語り始めたら絶対に否定せず信じてあげてほしい。
    *苦しい事も、不安なことpも、すべてあるがままに受け入れる事。それに向かって強くなるとか、自分にウソをついてまで苦しい事を谷私意を思う必要もない。
    *山はこうしてほしい、ああしてほしい、というお願いや良くではなくて、今、生きている事や自然に生かされている事に気づいてほしいと願っているのではないかと思う。

  • 久しぶりに本を読んで泣きました。彼の登山に対するスタイルは賛否両論ありますが、彼の言葉の重みや迫力が伝わってきました。私自身も何故かパイロットになって「人に夢や希望を与える存在になる」と言ってましたがパイロットになる事が出来ずに人生を彷徨いました。やる事が全てうまく行かず、チャレンジする事が無意味だと思いこみそうになる直前に現在のコーチングという仕事に出会い天職を手に入れる事が出来ました。私は夢を手に入れる事が出来なかったけどハッピーになれ、さらには自分の経験を活かせる環境にとても幸せに感じてます。栗城さんは夢を叶える事は出来るんだという事を証明してくれる素晴らしい存在です。対象的な人生ですが、栗城さんと何か対談でも出来たならと強く思いました。

  • 職場で上司から借りた本。

    登山。

    全く興味のない世界。

    できることならやりたくないこと。

    この本を読んでちょっとイメージが変わったかな。

    栗城さんにはがんばって欲しいですね。

  • エベレストへの単独・無酸素登頂に挑戦している登山家栗城氏の著。
    著者が何故登山に拘り続けるのか?
    初登山からエベレストへの初挑戦までの経験を通じて語られる。

    生きることは「希望を持ち、行動すること」
    夢はかなうかなわないは関係なく、持つことに意味がある
    等、多くの気づきの得られる文言も多い。

    本書を読むと、改めて、挑戦することのすばらしさ、
    自分で自分の限界を決めてしまう危険性を痛感する。
    そして、自分なりの拘りを持つことの大切さを感じずにはいられない。
    自分らしく生きるといくことを実現する第一歩なのだから。

  • "できない事"は失敗じゃないと教えてくれた。

  • ソロ登山の若者。ネット上で登山を生中継

  • とっても読みやすいし、内容もタップリだし、面白いです。
    講演会に持参して生サインしてもらいました。
    彼の活動費カンパも兼ね、iPhone・iPad版電子書籍(Kindle版では無い)の方も購入しました。
    動画も観れるし、iPadだと大変楽しめます。オススメ!

  • 冬山に一度登ってみたくなった。
    下山中に遭難、力尽きるケースが増えるのは目標の達成と燃え尽きによるものが多いとのこと。
    目的に対する目線の高さ、目的観のようなもの、人としての成熟度まで試されていく状況はすごいなと。

  • 夢・志を持つこと、それに向かって突き進むことを再認識。

    山に登るのは手段の一つ。目指すところは、若者にメッセージを伝えること。
    先日、偉い方が仰ってたことと同じ。手段と目的の違いは意識しないと。

    ・すごい人のお友達はすごい人。わらしべ登山家。

  • 想定していた内容・・・かなぁ。この手の本、嫌いじゃないんでwただ表紙の美しさについつい手にとって見たってトコですわ。なんだかんだ言ってまたこの手の本を読んじゃうんだなぁw

  • 786.1 ク 登録番号9031

  • 読みながら、震えた。
    こんなに勇気をもらった本は久しぶりだ。
    エベレストを単独・無酸素登頂を目指す冒険本。
    酸素濃度が地上の三分の一の世界。
    読んでいるだけで、息苦しくなる。

    そんな過酷な挑戦をなぜするのか?
    「希望を持ち続けるため」なんだ。
    冒険家の使命は、「勇気と感動を伝えること」。
    当たり前の生活に感謝して、冒険を共有したいと奮闘する姿に、
    「夢はかなうかなわないは関係ない。夢を持つことに意味がある」
    の強いメッセージを感じた。

全160件中 1 - 25件を表示

一歩を越える勇気に関連するまとめ

一歩を越える勇気を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一歩を越える勇気を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一歩を越える勇気の作品紹介

27歳にして日本人初の単独・無酸素エベレスト登頂に挑戦!いま注目の若き登山家が語る、「自分の夢の登り方」。

一歩を越える勇気のKindle版

ツイートする