マンガの国ニッポン―日本の大衆文化・視聴文化の可能性

  • 15人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Jaqueline Berndt  佐藤 和夫  水野 邦彦 
  • 花伝社 (2007年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763404848

マンガの国ニッポン―日本の大衆文化・視聴文化の可能性の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

マンガの国ニッポン―日本の大衆文化・視聴文化の可能性を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マンガの国ニッポン―日本の大衆文化・視聴文化の可能性を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マンガの国ニッポン―日本の大衆文化・視聴文化の可能性を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マンガの国ニッポン―日本の大衆文化・視聴文化の可能性を本棚に「積読」で登録しているひと

マンガの国ニッポン―日本の大衆文化・視聴文化の可能性の作品紹介

マンガは、なぜこれほどまでに日本で人気があるのか?
情報化社会とマンガはどのように
絡み合っているのか?
情報化社会の先駆的存在としての日本のマンガ。
気鋭のドイツ人研究者による独創的考察。

マンガの国ニッポン―日本の大衆文化・視聴文化の可能性はこんな本です

ツイートする