どうして普通にできないの! - 「かくれ」発達障害女子の見えない不安と孤独 -

  • 31人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : こだまちの
  • 協同医書出版社 (2017年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763940131

どうして普通にできないの! - 「かくれ」発達障害女子の見えない不安と孤独 -の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 思春期までの自己分析が面白かったが。
    氷河期なのに就職、恋愛、結婚、出産と人生充実しているので、人間づきあいが下手な発達障害と名乗るのは大袈裟なのではという気がする。

    漫画やライトノベルなどのファンタジーを読み過ぎた人が、おかしな自分を演出しすぎているだけでは、と。本人は苦しいのだけど。

    あと、よくありがちな毒母、モラハラ夫。

  •  自分の感覚が世の中多くの人とは違うらしいと、半生を赤裸々に振り返る様子は、三島由紀夫の「仮面の告白」を思わせる。
     文学ではないが、本書は人と異なる「かくれ」発達障害女子の著者の不安や孤独を、普通の感覚を持つ人の側に立って分かるように表現している。
     その感覚を想像するための詳細な"注"が、本文に続けて随時加えられ、理解を助ける。
     人間は、異端や自分と異なる存在を受け入れない存在なのか。否、近年少しずつ進む、多様性への理解や受容の手助けとなる事が期待される一冊。

  • 最後まで著者自身が本当に発達障害なのかそうでないのかよう分からんかった。最終的には医師から発達障害だという診断を下されたらしいが。

    ただ障害の有無にかかわらず、女性は断る力や逃げる力や時には卑怯になれる能力や「頭おかしいんじゃねーのか」と言われても無条件に受け入れない事が重要、というのがよく分かった。
    発達障害者向けのハウツー本には「人の話は素直に聞き入れましょう」「注意されても怒ってはいけません。むしろ注意してくれる人がいる事に感謝しましょう」「自分の障害を受け入れましょう」といったアドバイスが頻繁に出てくるが、そういったアドバイスに従うのも状況によりけりなんだなあと。女性の場合は特に。

  • 2階書架 : WM203.5/KOD : 3410161258

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
北野 武
又吉 直樹
森見 登美彦
稲垣 えみ子
桐野 夏生
たかぎ なおこ
辻村 深月
朝井 リョウ
村田 沙耶香
大野 更紗
有効な右矢印 無効な右矢印

どうして普通にできないの! - 「かくれ」発達障害女子の見えない不安と孤独 -はこんな本です

どうして普通にできないの! - 「かくれ」発達障害女子の見えない不安と孤独 -を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

どうして普通にできないの! - 「かくれ」発達障害女子の見えない不安と孤独 -を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする