沈黙のファイル

  • 21人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 共同通信社社会部 
  • 株式会社共同通信社 (1996年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764103597

沈黙のファイルの感想・レビュー・書評

  • 太平洋戦争が終わってから60年以上が経過して、当時のことを知っている生き証人が少なってきています。戦時中の出来事は死ぬまで秘密にしようと思っていた人達の一部は、将来同じ過ちを繰り返してはいけないとの思いから、意を決して真実を語ったようで、この本の中でその一部が取り上げられています。

    この本の発刊が1996年、取材はその数年前と考えると、その頃が生き証人からのインタビューとしては最後のチャンスだったのかもしれません。

    我々が死ることのできる、残っている歴史は権力者の都合の良い内容しか残っていないので、この本に書かれている証言は真の歴史を垣間見ることのできる数少ないチャンスなのかもしれません。

    以下は気になったポイントです。

    ・戦時中の日本軍のインドネシア占領支配に対する賠償問題は、1957年11月、岸首相とインドネシア初代大統領のスカルノ会談で、総額803億円を日本側が支払うことで決着、ただし12年間に毎年2000万ドル相当の現物支給、インドネシア政府が日本企業に注文し、代金支払いを日本政府保証(p12)

    ・インドネシアでの西イリアン紛争は、1962年8月、オランダの全面譲歩で妥結、本格戦争は回避された(p23)

    ・児玉氏は、中国上海で海軍物資調達の児玉機関をつくり、アヘン密売により巨利を得て、自由党(自民党の前身)設立資金に提供した(p30)

    ・アジア諸国への謝罪と賠償、それは日本が避けて通れない道であった、韓国やインドネシア等への巨額賠償は、日本製品購入が条件の「ひもつき」であった、賠償は日本経済進出の足掛かりであった(p56)

    ・ポツダム宣言における戦後賠償は、現物(工業設備)と決められた、一次世界大戦後にドイツから取り立てた巨額現金賠償がナチス台頭を許したから(p56)

    ・陸軍士官学校卒のエリート500人のうち1割が陸軍大学校に進学、その1割の5,6人の成績優秀者が卒業時に天皇陛下から軍刀を貰い、参謀本部作戦課に集まる(p62)

    ・太平洋戦争前の時点では、日本の年間消費量の7、8割を米国から石油を輸入していた(p82)

    ・1945年夏、自らの命を絶った軍人、軍属は560人以上に上った(p103)

    ・天皇の命令である「大本営命令」は、作戦課が原案を作成、作戦部長、参謀総長の決裁を経て、最終的に天皇の裁可で発令、統帥権独立の建前から、内閣・議会は直接関与できず、天皇が原案拒否することもまずない(p107)

    ・対米戦で参謀本部は、細菌兵器を使えなかったが、中国戦線では、40~42年に揚子江南側などで上空からペスト菌やコレラ菌をばらまいた(p135)

    ・1945年8月のソ連参戦時、満州各地に住んでいた民間人約155万人の1割強、17.6万人が帰国を果たせずに死亡した(p146)

    ・スターリンの思惑一つで始まったシベリア抑留をした日本人は57.5万人、そのうち5.5万人が死亡した(p180)

    ・収容所では、旧軍の階級制度が生きていた、作業分隊100人の隊長(大尉)は作業にでないで、当番兵らと収容棟奥の本部にいた、その下の小隊長(少尉)は現場の監視係であった(p184)

    ・シベリア抑留を経験した元関東軍兵士(河野氏)によれば、瀬島氏は、1946年のハバロフスク収容所にいたとき、作業に出ることはなく、兵隊とは別の建物のきれいな部屋に住んでいた(p269)

  • 瀬島龍三 大本営参謀 陸軍中佐 シベリア抑留11年 伊藤忠 インドシナ賠償ビジネス 山崎豊子の小説『不毛地帯』の主人公壱岐正中佐のモデル

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする